東洋水産 マルちゃん 昔ながらのソース焼そば(2018年)
スポンサーリンク

「東洋水産 マルちゃん 昔ながらのソース焼そば(2018年)」

東洋水産 マルちゃん 昔ながらのソース焼そば パッケージ東洋水産 マルちゃん 昔ながらのソース焼そば(2018年)

collectionfile0460は東洋水産より2018年2月5日(月)にリニューアル発売されたカップ麺、「マルちゃん 昔ながらのソース焼そば(2018年)」

今回のコレクト(実食)はオールド(賞味期限切れ)では無い、ごく最近(2022年3月)入手したものだが、2018年リニューアル版ギリギリ最終となるだろう、実は2022年(令和4年)2月7日(月)に新たに同商品がリニューアルされた「時系列」がクロスする瞬間となる、「同 昔ながらのソース焼そば」、「同 今どきの激辛ソース焼そば」がラインナップされ、さらにスープ付となりリリースされている。

「マルちゃん 昔ながらのソース焼そば」(写真左)、「マルちゃん 今どきの激辛ソース焼そば」(東洋水産公式HP:ニュースリリース(2022年01月24日)より画像引用)

その「昔ながらのソース焼そば」シリーズは「下町の食堂で食べる懐かしくておいしい焼そば」をコンセプトとし、1996年(平成8年)に商品化されたロングセラー商品である。

しかし、どこでも入手出来るかと言えば意外と探すのに労力が必要とされる(あくまで筆者、私の住まい周辺では....)、実は個人的にはかなり難易度の高い一品であり、リニューアル後の同シリーズ2品とも未だお目見えする事が無い...、今後も要チェックとさせて頂きながらその前のコレクト(実食)として開封の儀を執り行わせて頂いた。(呪文等唱えるわけではありません笑)

商品概要

品名:マルちゃん 昔ながらのソース焼そば(2018年)
メーカー:東洋水産
リニューアル日:2018年2月5日(月)
麺種別:油揚げ麺
小袋構成:3袋(液体ソース・かやく・ふりかけ)
メーカー希望小売価格:193円(税別)
JANコード:4901990338509

原材料

【めん】小麦粉、植物油脂、精製ラード、食塩、でん粉、香辛料、粉末野菜、卵白
【ソース】ソース、ラード、砂糖、植物油、食塩、ポークエキス、香辛料、魚介エキス
【かやく】キャベツ、あおさ、紅生姜
アレルギー物質:乳成分・えび・さば・大豆・鶏肉・豚肉・もも・りんご

栄養成分

1食132g(めん100g)あたり
エネルギー:569kcal
たん白質:8.3g
脂質:23.7g
炭水化物:80.7g
食塩相当量:5.0g
ビタミンB1:0.38mg
ビタミンB2:0.32mg
カルシウム:224mg

「東洋水産 マルちゃん 昔ながらのソース焼そば(2018年)」実食写真

東洋水産 マルちゃん 昔ながらのソース焼そば 麺リフト東洋水産 マルちゃん 昔ながらのソース焼そば(2018年) 麺リフト

比較的太い油揚げ麺にかやくはキャベツ、そしてふりかけにあおさ、紅生姜とシンプルな仕様だが、その存在感は非常に大きくシンプルなソース焼そばの堂々たるルックスを感じさせる。

一口頂くと、焼そばらしい焼き、炒めた風味を十分に感じさせるソースの香ばしさが先行し、その後に豚肉由来の旨み、コクが足された味わいは非常にシンプルながら的を得たものであり、昨今のカップソース焼そばよりも甘みは控えられた、さらにふりかけの乾燥具材である紅生姜の風味が素晴らしく懐かしさを憶えさせた。

麺は弾力、コシが強い中太仕様であり、それなりの食べ応えを与えるが、麺量100gのスタンダート。少々物足りない分量により「また食べたい」と思わせるのが妙であるが、当商品、当パッケージ最後のギリコレクト(実食)となるのは偶然であり「ラッキー」であった。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事