東洋水産 マルちゃん おそば屋さんのカレー南ばんそば
スポンサーリンク

「東洋水産 マルちゃん おそば屋さんのカレー南ばんそば(2022年)」

カップ麺 カップそば 東洋水産 マルちゃん おそば屋さんのカレー南ばんそば パッケージ東洋水産 マルちゃん おそば屋さんのカレー南ばんそば(2022年)

collectionfile0452は東洋水産より2022年2月21日(月)に発売されたカップ麺、「マルちゃん おそば屋さんのカレー南ばんそば(2022年)」

「赤いきつねうどん」、「緑のたぬき天そば」をはじめとする東洋水産の「和風丼カップ麺」シリーズより春夏期間限定商品として発売される、「おそば屋さんで食べるカレーそば」をイメージし昆布と鰹のだしを効かせたつゆにそばらしい歯ごたえを持たせた、やや黒めの「田舎風そば」を合わせた本格的なカレーそばとして商品化されるが、初めて商品化されたのは2006年(平成18年)である、実は準レギュラーのロングセラー商品である。(カレー味の需要が伸びる春夏向けの限定商品となります)

個人的には2016年(平成28年)に実食以来、当collectionfile初のコレクト(実食)となるが当時の記憶はかなり薄れている為、新鮮な気持ちで挑む「開封の儀」を執り行なった。(呪文等は唱えていません←いらんやろそれ笑)

商品概要

品名:マルちゃん おそば屋さんのカレー南ばんそば(2022年)
メーカー:東洋水産
発売日:2022年2月21日(月)
麺種別:油揚げ麺
小袋構成:2袋(粉末スープ・かやく)
メーカー希望小売価格:193円(税別)
JANコード:4901990368193

原材料

【めん】小麦粉(国内製造)、そば粉、植物油脂、植物性たん白、食塩、とろろ芋、卵白
【スープ】食塩、砂糖、香辛料、しょうゆ、でん粉、野菜エキス、魚介エキス、酵母エキス、たん白加水分解物、こんぶエキス、ねぎ
【かやく】味付豚肉、味付油揚げ、かまぼこ、ねぎ
アレルギー物質:小麦・そば・卵・乳成分・さば・大豆・豚肉・やまいも

栄養成分

1食84g(めん65g)あたり
エネルギー:359kcal(めん・かやく305kcal スープ54kcal)
たん白質:11.8g
脂質:15.1g
炭水化物:44.0g
食塩相当量:5.7g(めん・かやく1.9g スープ3.8g)
ビタミンB1:0.59mg
ビタミンB2:0.34mg
カルシウム:143mg

「東洋水産 マルちゃん おそば屋さんのカレー南ばんそば(2022年)」実食写真

カップ麺 カップそば 東洋水産 マルちゃん おそば屋さんのカレー南ばんそば 麺リフト東洋水産 マルちゃん おそば屋さんのカレー南ばんそば(2022年) 麺リフト

湯戻し3分のスタンダードな家庭用カップそばであり、かやく(味付豚肉、ねぎ)、粉末スープの小袋は2袋だが、カップには別に味付油揚げ、かまぼこ、さらにねぎが入っており、東洋水産のウリのひとつであるかやくの量、クオリティの高さをこの仕上がりからすでに感じさせる。

一口頂くと、昆布、鰹だしによるやや甘く味付けされたつゆの美味しさが先行するが、その奥から来る唐辛子を含むスパイス感こそ和の味わいであり、まさにそば屋を感じさせる上品な味わいが広がる。意外ととろみの度合いは低くさらっとした仕上がりだったが以前実食時の感想もそう変わらない上品な仕上がりだと感じさせた。

しかし、麺は以前に感じた柔めで歯切れの良い食感であるのに対し、適度な弾力が加わるよりもっちりとした進化を感じさせた滑らかさがあり、油揚げ麺のスナック感は抑えられ余韻にしっかりとしたそば粉由来の風味も堪能出来た「進化」を感じさせたのは大きい。

かやくの味付油揚げ、味付豚肉、ねぎの存在感も大きく、さすが東洋水産の強みのうちのひとつとして機能する非常にバランス感に優れた一品であるのを確信させられるコレクト(実食)となった。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事