東洋水産 ラーメン横綱 豚骨しょう油(カップ)
スポンサーリンク

「東洋水産 ラーメン横綱 豚骨しょう油(カップ)」

カップ麺 東洋水産 マルちゃん ラーメン横綱 豚骨しょうゆ味

東洋水産 ラーメン横綱 豚骨しょう油(カップ)

東洋水産より全国区にて定番商品として販売されている「ラーメン横綱 豚骨しょう油」。発売日は2011年3月7日、最終リニューアルは2019年9月23日(2020年10月現在)となっており、実に9年半のロングセラーの実績がある一品である。

その「ラーメン横綱」はパッケージにもある様に昭和47年(1972年)に京都・吉祥院で屋台から生まれた味とあるが、店舗として京都市南区吉祥院(現在の吉祥院本店)に構えたのは昭和52年(1977年)5月である。

現在は京都をはじめとする大阪・兵庫・和歌山の近畿圏から名古屋を中心とした東海エリア、そして関東は東海エリアにまで進出し、計43店舗(2020年10月現在)を展開する主に本州にてその味わいが親しまれているが、その味わいを家庭用カップ麺として落とし込み全国区で永きに渡り愛されるのは非常にレアである。

しかし、全国のスーパー、コンビニ等を物色し何年も経つが滅多に御目に掛かる機会は無い、それこそ探している身にとっても実はレアかもしれない。

商品概要

品名:ラーメン横綱 豚骨しょう油
メーカー:東洋水産
最終リニューアル日:2019年9月23日
麺種別:ノンフライ麺
小袋構成:4袋(粉末スープ・液体スープ・かやく×2)
価格:270円(税別)
JANコード:4901990364201

原材料

【めん】小麦粉(国内製造)、でん粉、食塩、植物性たん白、こんにゃく、大豆食物繊維、植物油脂
【スープ】ポークエキス、しょうゆ、豚脂、チキンエキス、発酵調味料、でん粉、野菜エキス、香味油脂、たん白加水分解物、砂糖、ゼラチン、香辛料、植物油
【かやく】焼豚、メンマ、ねぎ

栄養成分表

1食115(めん65 g)あたり
エネルギー:376kcal
たん白質:14.7g
脂質:9.7g
炭水化物:57.4g
食塩相当量:6.4g(めん・かやく1.8g スープ4.6g)
ビタミンB1:0.61mg
ビタミンB2:0.29mg
カルシウム:380mg

「東洋水産 ラーメン横綱 豚骨しょう油(カップ)」実食写真

カップ麺 東洋水産 マルちゃん ラーメン横綱 豚骨しょうゆ味 盛り付け例

家庭用カップ麺の中でも非常に高価格帯(270円(税別))にも関わらずロングセラーになるには訳があるのだが、この写真をご覧頂くとそれも納得出来るだろう、本格的な仕上がりに感心させられる。

東洋水産の強みのひとつこそかやく(トッピング)であり、実はチャーシューは個別の袋に入ったFD(フリーズドライ)仕様となっている為、それもあり非常にリアリティある実食前の高揚感がある。

一口頂くと広がるのは想像を絶するクリーミーなまろやかさとコクであり、実店舗の味わいを経験した後直ぐ頂くとそれをより誇張した様だったが、家庭用麺ではそれ位の力強さがあっても良いだろう、しかしここまで濃厚なコクがある味わいを演出するとは思いもよらない結果で、店舗の味わいよりもしょう油も効いていた様に思われた。

そしてさらに驚かされたのが麺である。この道6年になるが、当初のノンフライ麺とは比較にならない程しなやかでもっちりとした自然な弾力と歯切れの良さが両立したもので、クレジットにはこんにゃくの表記があったがその役割が大きいだろう、なんとも言葉だけでは表現しづらい程の立体感ある仕上がりに驚かされ、当商品のリニューアルと共に家庭用カップ麺全体としての進化を楽しみにさせるものとなった。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事