東洋水産 焼そばバゴォーン 塩バター風味(2019年)
スポンサーリンク

「東洋水産 焼そばバゴォーン 塩バター風味(2019年)」

カップ麺 カップ焼そば 東洋水産 東北・信越限定 焼そばバゴォーン 塩バター風味 2019年 パッケージ東洋水産 焼そばバゴォーン 塩バター風味(2019年)

collectionfile0362は東洋水産より2019年6月10日(月)に東北・信越エリア限定にて発売されたカップ麺、「焼そばバゴォーン 塩バター風味」。

当商品新発売から約1年8ヶ月後の2021年2月1日(月)にリニューアルされるが、現在(2021年10月)も「焼そばバゴォーン」シリーズのラインナップとして残る唯一の塩系の味わいである。

2017年に「焼そばバゴォーン 塩味(バター風味)」(collectionfile0361)、2018年にも「焼そばバゴォーン 塩味(ほんのりペッパー)」(collectionfile0360)が発売されるが、同名でありながらもサブタイトルが設けられ、パッケージデザイン、味わいも別物と感じさせたが、2019年度は「同 塩バター風味(まろうま!)」となっている。

2017年は海鮮系具材のバター風味、2018年にはたまねぎとにんにくを効かせたチキンベース、そして動物系具材(味付挽肉)を使用したペッパースパイスの味わいに刷新されたが、2019年以降は2017年の「バター風味」に焦点を当て、具材は動物系の味付挽肉へと落ち着いている為、17〜18年の良い所を取り入れさらに刷新した一品だろうと思われる。

商品概要

品名:焼そばバゴォーン 塩バター風味(2019年)
メーカー:東洋水産
発売日:2019年6月10日(月)
麺種別:油揚げ麺
小袋構成:4袋(粉末ソース・特製油・かやく・わかめスープ)
価格:193円(税別)
JANコード:4901990363389

原材料

【めん】小麦粉(国内製造)、植物油脂、精製ラード、食塩、しょうゆ、乾燥酵母、粉末野菜、香辛料、卵白
【ソース】植物油、ラード、食塩、すりごま、たん白加水分解物、粉末野菜、ポークエキス、チキンエキス、砂糖、香辛料
【かやく】キャベツ、味付挽肉
【わかめスープ】食塩、わかめ、しょうゆ、ごま、たん白加水分解物、ねぎ、チキンエキス、粉末野菜、香辛料、植物油

栄養成分

1食108g(めん90g)あたり
エネルギー:527kcal
たん白質:11.7g
脂質:27.0g
炭水化物:59.2g
食塩相当量:4.8g(スープ1.3g)
ビタミンB1:0.74mg
ビタミンB2:0.37mg
カルシウム:194mg

「東洋水産 焼そばバゴォーン 塩バター風味(2019年)」実食写真

カップ麺 カップ焼そば 東洋水産 東北・信越限定 焼そばバゴォーン 塩バター風味 2019年 麺リフト東洋水産 焼そばバゴォーン 塩バター風味(2019年) 麺リフト

仕上がりは2018年版の「焼そばバゴォーン 塩味(ほんのりペッパー)」に近いだろうと感じさせたが、味わいとしては2017年版に近いだろう、「チキン・ポークをベースに、セロリとバターの風味を利かせた味わい」のコンセプトは同じである。

一口頂くが、まろやかなバター風味を感じさせながらもしっかりとした塩のキレ味のある、17〜18年の「塩味」をミックスしそれぞれを相乗させた、マイルド感(バター風味)とアタック感(塩)の両立により力強さを感じさせたが、コンプリートすると三者三様のそれぞれの美味しさがあり、後は嗜好性に左右されるだろう、個人的には2018年版のマイルド感が優位に立つ美味しさが好みであるのを確認する事が出来た。

麺のもっちりとした弾力、みずみずしさは東洋水産が得意とする親しみ易さがあるが、それと共に「ホッとうれしい」わかめスープを流し込み一体化する味わいこそ至福の時である。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事