ヤマダイ ニュータッチ 元祖キムチラーメン
スポンサーリンク

「ヤマダイ ニュータッチ 元祖キムチラーメン」

カップ麺 カップラーメン ヤマダイ 元祖キムチラーメン パッケージヤマダイ ニュータッチ 元祖キムチラーメン

collectionfile0328はヤマダイより2021年8月2日(月)にリニューアル発売されたカップ麺、「ニュータッチ 元祖キムチラーメン」。

パッケージには「昭和61年発売 即席麺業界で初のキムチラーメン!」とあるが、1986年(昭和61年)より今もなお愛される、現在(2021年8月)35年以上販売され続けるロングセラー商品である。

collectionfile0327の「ニュータッチ 元祖ねぎラーメン」でも触れたが、1972年(昭和47)年に東日本のメーカーで初のカップ入りインスタントラーメンである「ニュータッチヌードル」が発売されたが、それから1年後の1973年(昭和48年)の「第1次オイルショック」、1979年(昭和54年)の「第2次オイルショック」により大打撃を受け、その対応に遅れたヤマダイは事業が大きく傾く程であり、同社の拠点である茨城県八千代町にて「狭い世界」しか見ず、世界情勢に対応出来なかった反省点から2代目代表の大久保慶一氏は東京に経営企画を担当する部署を配置するに至る。

ちなみに、ヤマダイは初代大久保周三郎氏の大久保家の屋号(家名(いえな)・門名(かどな)・屋敷名(やしきな))である「山大」を継承したものである。

商品概要

品名:ニュータッチ 元祖キムチラーメン
メーカー:ヤマダイ
発売日(リニューアル):2021年8月2日(月)
麺種別:油揚げ麺
かやく・スープ:3袋(液体スープ・かやく・調味油)
メーカー希望小売価格:180円(税別)
JANコード:4903088011257

原材料

【めん】小麦粉(国内製造)、植物油脂、ラード、しょうゆ、たん白加水分解物、食塩、チキンエキス、ポークエキス、野菜エキス
【スープ】食塩、糖類、植物油脂、香辛料、たん白加水分解物、魚醤(魚介類)、しょうゆ、ポークエキス、酵母エキス、味噌、キムチパウダー、植物油脂
【かやく】白菜キムチ、フライドガーリック、ニラ

栄養成分

1食89g(めん70g)あたり
エネルギー:423kcal
たん白質:7.8g
脂質:18.4g
炭水化物:56.5g
食塩相当量:7.1g(めん・かやく1.7g スープ5.4g)

「ヤマダイ ニュータッチ 元祖キムチラーメン」実食写真

カップ麺 カップラーメン ヤマダイ 元祖キムチラーメン 麺リフトヤマダイ ニュータッチ 元祖キムチラーメン 麺リフト

かやくの白菜キムチのボリューム感はメーカー希望小売価格の180円(税別)を考慮すると「大サービス」にも感じさせる、ヤマダイのかやくのクオリティの高さを頂く前から感じさせるものだが、この時点で違和感を憶える方がいらっしゃるかもしれない、ご名答なのは「調味油入れ忘れてもうた.....」の図である(笑)。

それを活かす為撮影後のコレクト(実食)時に途中から加える様進めるが(笑)、一口頂くと醤油系スープには甘みがあり、キムチの酸味も十二分にある甘酸っぱい絶妙なバランス感があり、調味油無しでも成立する美味しさを感じさせたが、調味油投入後はさらにコクと適度な辛味も増すキムチの存在感がより大きい、リニューアルされたとはいえ約35年も前からこの味わいが商品化されていた驚きを感じさせた。

麺はcollectionfile0327の「元祖ねぎラーメン」と同じ仕様の油揚げ麺だと思われるが、今回は醤油系キムチである為麺自体の存在感は若干薄れるものの油揚げ麺特有のスナック感を感じる事が出来、その軽さ故また頂きたくなる衝動がコレクト(実食)後に直ぐ訪れる程、家庭用即席カップ麺の美味しさを改めて感じさせた。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事