ヤマダイ ニュータッチ 北海道みそバターラーメン
スポンサーリンク

「ヤマダイ ニュータッチ 北海道みそバターラーメン」

ヤマダイ ニュータッチ 北海道みそバターラーメン パッケージヤマダイ ニュータッチ 北海道みそバターラーメン

collectionfile0466はヤマダイより2021年9月6日(月)にリニューアル発売されたカップ麺、「ニュータッチ 北海道みそバターラーメン」

ヤマダイの「うまいヌードル」として油揚げ麺仕様の親しみ易いカップ麺として人気のある「ニュータッチ」シリーズだが、当collectionfile未コレクト(実食)の為(前回実食は2015年(平成27年)7月1日(水)でした)、改めて当ラインナップに加える一品である。

現在(2022年3月)のシリーズラインナップは当商品の他、「ニュータッチ 横浜家系豚骨醤油ラーメン」、「同 横浜もやしそば」、「同 元祖ねぎらーめん」、「同 元祖キムチラーメン(collectionfile0329)」、「同 チャーシューメン(collectionfile0330)」の計6種となるが、それら全てパッケージにある「FOOD ACTION NIPPON」の推進パートナーとして登録される、カップ麺では非常に希少な商品群となる。

その「FOOD ACTION NIPPON」とは「日本の食を次の世代に残し、創るために、民間企業・団体・行政等が一体となって推進する、国産農林水産物の消費拡大の取り組み」とあり、多くの消費者が国産農林水産物を選択し、使う、食す事で多くの国産農林水産物が製造され、食品に関わる企業・団体からより優れた商品・料理・食生活が提案され、さらに多くの人々が国産農林水産物を選択する、その結果「豊かな美味しい国産の食品に満ちた、ニッポン」をつくって行きたいと願う活動である。

当商品もそれに順じ麺は国産小麦100%、具材には北海道産の「スーパースイートコーン(品種)」、じゃがいも、国産のにんじん、ねぎを使用されており、同社のこだわりとして商品化されているのは特筆事項である。

商品概要

品名:ニュータッチ 北海道みそバターラーメン
メーカー:ヤマダイ
発売日(リニューアル):2021年9月6日(月)
麺種別:油揚げ麺
小袋構成:3袋(液体スープ・かやく・調味油)
メーカー希望小売価格:180円(税別)
JANコード:4903088013688

原材料

【めん】小麦粉(国内製造)、植物油脂、ラード、しょうゆ、たん白加水分解物、食塩、チキンエキス、ポークエキス、野菜エキス
【スープ】みそ、動物油脂、食塩、糖類、ニンニクペースト、ポークエキス、ショウガペースト、香味油、バター
【かやく】コーン、じゃがいも、ニンジン、ねぎ
アレルギー物質:乳成分・小麦・大豆・鶏肉・豚肉

栄養成分

1食113g(めん70g)あたり
エネルギー:433kcal
たん白質:8.6g
脂質:17.6g
炭水化物:60.1g
食塩相当量:6.9g(めん・かやく1.8g スープ5.1g)

「ヤマダイ ニュータッチ 北海道みそバターラーメン」実食写真

ヤマダイ ニュータッチ 北海道みそバターラーメン 麺リフトヤマダイ ニュータッチ 北海道みそバターラーメン 麺リフト

湯戻し3分の至ってシンプルな油揚げ麺仕様であり、彩りの良い国産具材のかやくにみそ、バターの黄色味を帯びたスープに食欲をそそられる完成となる。

スープから一口頂くと、バターの風味、コクを前面に出し、その奥からベースのみそダレの美味しさを感じさせる丸みあるマイルド感が非常に親しみ易いが、みそ自体の旨みもしっかりと感じる事が出来るバランス感の素晴らしさが妙である。

平打ち形状の縮れある麺は適度な弾力に歯切れの良さを感じるライトな感覚を与えるものであり、麺量70gが物足りない程に一瞬で完食(完飲)となる程のスピード感あるコレクト(実食)となり、改めて「普及価格帯」の味わいの底上げ、レベルアップされた味わいを堪能する事が出来嬉しく思わせた。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事