山和製麺 徳川町 如水監修 塩ラーメン
スポンサーリンク

「山和製麺 徳川町 如水監修 塩ラーメン」

チルド麺 山和製麺 如水 塩ラーメン パッケージ山和製麺 徳川町 如水監修 塩ラーメン

collectionfile0326は愛知県の山和(やまわ)製麺より販売されるチルド麺、「徳川町 如水監修 塩ラーメン」。

「徳川町 如水(じょすい)」は愛知県名古屋市徳川町にて2002年(平成14年)8月に創業(店主:荒木健夫)する、塩ラーメンの名店と呼ばれる店舗である。collectionfile0325「寿がきや 名古屋の名店 徳川町 如水 塩ラーメン」にて詳細を解説していますのでぜひご覧下さいませ)

名古屋 ラーメン店 徳川町 如水 店舗外観 徳川町 如水(撮影:ものグラム)

山和(やまわ)製麺株式会社は愛知県名古屋市瑞穂区賀田(かた)町に所在する製麺会社だが、1959年(昭和34年)創業の70年余りの歴史ある老舗であり、スーパーで販売される日配品をはじめ、飲食店や学校給食用の幅広い麺類を取り扱うが、近年は名古屋市内の有名店監修商品の開発にも意欲的である。

個人的には2014年10月より約7年弱、主に家庭用麺を調達・実食して来たが、その中で初のメーカーとの出会いでもあり、今後愛知・名古屋遠征時に他の商品と出会える事を楽しみにしながら今回のご縁を有り難くコレクト(実食)させて頂くとする。

商品概要

品名:徳川町 如水監修 塩ラーメン
メーカー:山和製麺
入手日:21年4月8日(火)
麺種別:生中華めん
スープ:2袋×2人前(液体スープ・調味油(鶏油))
メーカー希望小売価格:--(実勢240円(税別)前後)
JANコード:4903237823328

原材料

【めん】小麦粉(国内製造)、食塩、全卵粉末/加工澱粉、酒精、かんすい、乳化剤、貝Ca(一部に小麦・卵を含む)
【スープ】うすくちしょうゆ、食塩、本みりん、チキンガラスープ、砂糖、あじ煮干し、ポークエキス、和風調味料、さば節、ムロ節、昆布エキス、鰹節、かつおパウダー、イリコ粉末/調味料(アミノ酸等)、増粘剤(キサンタンガム、グアーガム)、酸化防止剤(V.C、V.E)、酒精、くん液、(一部に鶏肉・大豆を含む)

栄養成分

可食部100gあたり(1食:めん100g、スープ40g、鶏油5g)
エネルギー:245kcal(355kcal)
たん白質:7.1g(10.2g)
脂質:5.4g(7.8g)
炭水化物:42.0g(60.9g)
食塩相当量:3.8g(5.5g)

「山和製麺 徳川町 如水監修 塩ラーメン」実食写真

チルド麺 山和製麺 如水 塩ラーメン 盛付け例山和製麺 徳川町 如水監修 塩ラーメン 盛付け例

collectionfile0325「寿がきや 名古屋の名店 徳川町 如水 塩ラーメン」のコレクト(実食)後、同日即次に調理したものだが、実店舗訪問実食後に見るそれぞれのアプローチが非常に興味深いが、そのどちらも黄金色に輝く仕上がりであるのには驚かされる。

徳川町 如水 塩 塩ラーメン徳川町 如水「塩」

スープから一口頂くが、コストを最大限に活かした魚介の幾重にも重なるかつお、節系に動物系のまろやかさも感じられる厚みある旨味が堪能出来たが、前途のカップ麺にある切れ味はやや控えめであり、しかしどちらも店舗独自のニュアンスを感じられる、それを量産し各家庭へと届けられる現代の「当たり前」の素晴らしきを改めて感じさせられた。

麺は生めんタイプでありより本格的だが、店舗の軽快な低加水のこりっとした食感とは若干ニュアンスは異なるものの、弾力のあるみずみずしい滑らかな食感はスープとの相性も良く、家庭用チルド麺として現地に想いを馳せ頂けるものだと確信する事が出来た。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事