スポンサーリンク

どうも!こんにちは!ものグラムです。

今回は全国的にはかなり知名度が低いと思われる、しかし実はロングセラーでもある一品、エースコック「もちもちラーメン」をご紹介させて頂きたいと思います。

この一品は東海・北陸地区限定商品で、全国的にはあまり知られていない商品です。しかし実は現地で愛され35年になるロングセラーでもあります。

業界初“お湯で戻る餅”を使用した「元祖餅入りカップめん」でもあり、この味わいに興味を持たれた方もいらっしゃるでしょう。

では早速、見て参りましょう!

パッケージ外観、デザイン

エースコック もちもちラーメン

もちもちの文字がどどんとあり、バックには赤の雅の和を感じさせるデザインで、餅はびよんと餅リフトされています。盛付け写真が手前にあり、しょうゆ味のラーメンに果たしてこの餅は合うのか?と、興味を持たれる方も多いと思います。

なかなか力強いインパクトがあるパッケージですが、しかし一見全国区で売られていそうでスルーしてしまいそうになったのは実は個人的にワタシでした。実は昨年18年の新潟遠征、そして先月19年の1月の福井県ゲリラ遠征(思いつき即出発遠征)時に、実はダブルで調達させて頂いていたのがコチラでした。(笑)

越後の杵つき餅(国産餅米100%使用)、それも一見すると直ぐ理解出来るのも素晴らしい、かなり楽しみにさせるまずはパッケージ、外観でした。

原材料、数値について

まず油揚げめん、麺量は60gでレギュラーサイズとしては少々少なめの設定です。これは餅が入るあらゆるバランスが考えられます(味わい、コスト等)。

スープはしょうゆ、食塩、砂糖、香味油、ポークエキス、香辛料、チキンエキスが主なクレジットで、一見カップでは標準的なしょうゆ味が想像出来ます。

数値は、カロリー357kcal、食塩相当量は6.0g、脂質は9.2gで、餅で結構なカロリーがあるのかと思いきやかなりライトな数値です。食塩相当量は若干高めですが、しっかりしたしょうゆ味に期待、そして脂質はまたもや低めの数値で、ロングセラーを数値からだけでも垣間見せる、万人に愛されそうなスタンダードなしょうゆ味をさらに想像させました。

スポンサーリンク

開封、中身構成について

今回はフライ麺に3袋、かやくに液体スープ、そして杵つきイラストのある餅がありそうでなかなか無い構成です。

この餅は厚さも5ミリ程度ありしっかりしていますが、お湯だけで本当に戻るのか?正直な感想を述べるとそこがポイントです。しかししょうゆ味が液体スープなのはなかなか期待が高まります。価格をお伝えしておりませんでしたが、実は200円(税別)で、カップ麺レギュラー価格が180円を思うとやはり餅が入る分どうしてもプラスせざるを得ないでしょう、それが理解出来る価格です。

今回は餅入りと言う事もあり、湯戻しは4分となっています。麺を見るに3分で仕上がりそうですが、餅入りの為調整されているのでしょう、楽しみにお湯入れし待ちます。

完成、仕上がり

エースコック もちもちラーメン 完成写真

かなりしっかりしたしょうゆの色合いが好印象で、コーン、ねぎ、メンマの彩りの良さが素晴らしく、そして存在感大、主役のもちもちはこの仕上がり。正直な感想としては、若干硬そうな....ですが、それにしてもしょうゆ味のラーメンとしてはかなり美味しそうな仕上がりです。

では早速ですが頂くと致しましょう。

スープについて

醤油の色合いがしっかり濃いめで澄んだ仕上がりで、オイルのキラキラがなんとも美味しそうです。

一口入れると香ばしさが感じられ、ポーク。チキンエキスの旨味と共に広がります。わかりやすい醤油の味わいですが、このロースト感のある醤油が餅との相性もあるかなと、勝手ながらそう思わせた美味しさです。若干の甘味が余韻から感じられるのも特徴でした。

麺について

麺はエースコックらしい断面は楕円の形状で、適度なウェーブのある仕上がりでした。

もっちりした弾力はかなり強く、スナック感もそれなりに強い昔ながらの親しみやすい仕上がりの様に感じられました。餅の存在が大きいながらそれに負けない麺の存在が確認出でき、スープ、麺共にそれを感じさせました。どちらもとてもわかりやすい美味しさ。

餅について

正直な感想をお伝えさせて頂くと、4分での戻りは正直硬めでした。もちろん食べられない硬さでは無かったですが、パッケージの様にリフトを出来るにはまだまだ遠い仕上がりで、餅は別で少し長めに湯戻ししてもいいかもしれないと思わせました。

冬の季節的な影響もあるかもしれません、夏場だと常温が高いのでこのパッケージの様に仕上がったかもしれないと思うと、これはまた別の機会にトライしないといけないな、とも思わせました。

最後に

味わいは王道のスナック感があるラーメンで、スープもとてもわかりやすい味わいで、この東海、北陸の幅広い層に親しまれているからこそのロングセラーを感じさせて頂けました。

餅とのバランスで、味わいも麺もしっかりしており、ラーメンに餅の相性も良かったです。

食べてみたいと思われた方は、東海、北陸地区に出張、旅行に行かれた際にスーパーでチェックしてみて下さい、スーパーでの販売率は結構高かったですよ。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事