明星「ラーメンぴあ 釈迦監修 スパイスらぁめん天空」パッケージ
スポンサーリンク

どうも!ものグラムです。

今回は話題のカップ麺新商品、明星から「ラーメンぴあ 釈迦監修 スパイスらぁめん天空」をご紹介させて頂きたいと思います。

この一品はラーメン誌として有名な「ラーメンぴあ2020首都圏版(発行・発売:ぴあ株式会社)」と明星とのタイアップ、2020年度トレントNo.1として大きくコーナーとして取り上げられた「スパイスラーメン」から、話題店「スパイスらぁめん 釈迦」とコラボレーションされた一品となります。(発売は2019年11月25日、価格は220円(税別))。

この一品を頂くにあたり、実は店舗に訪問し頂いて参りました!

では!今回の一品はどんな味わいか?どんな店舗なのか?実際の店舗の一杯の写真と見比べながら思い出す様に(個人的に笑)頂きたいと思います。宜しくお願い致します!

「ラーメンぴあ 釈迦監修 スパイスらぁめん天空」パッケージについて

明星「ラーメンぴあ 釈迦監修 スパイスらぁめん天空」パッケージ

まずはフタ部分、トップからですが、実際に陳列されている商品は調味油がぺっと貼られています。店頭でこのトップ部分を見る機会はまず無いと思いますが(笑)、しっかりフタ部分にも店舗の「釈迦」のロゴがそのまま使用され、エスニックな模様と赤で力強いものとなっています。

コチラの横側のパッケージこそ売場の顔になる部分となります。「ラーメンぴあ」のロゴと店舗の釈迦のロゴ、その下には黄色い帯状に「スパイスらぁめん 天空」とあり、その下の盛付け写真は味の想像がつかない茶系と黒いオイル、そして「天にも昇るスパイスの旨み」と大きく黄色に黒で縁取られた文字。「どんな味なんやろ?」と惹き付けられるデザインとなっています。

実は今回の「ラーメンぴあ」と明星のタイアップは3回目。ラーメン界のトレンドをカップ麺として発信する一品ですが、今回のトレンドNo.1のスパイスラーメン、釈迦?天空?とも思いますよね。

では、今回商品化の監修を務めた、「スパイスらぁめん 釈迦」について簡単にご紹介させて頂きましょう。

「スパイスらぁめん 釈迦」とは?

「スパイスらぁめん 釈迦」店舗外観 その1

東京の市ヶ谷で創業した「麺や庄の」は、今では国内8店舗、海外2店舗を展開する関東ラーメン界ではかなり有名なラーメン店。MENSHOグループとして営むその代表はラーメンクリエイターとして独創的なラーメンを生み出し続ける庄野智治氏。

各種メディアにも取り上げられる注目のラーメン店主ですが、この度スパイスラーメン専門店として店舗を構えたのがこの「スパイスらぁめん 釈迦」。

この店舗を作るきっかけになったのがある仕事で一緒になった、スパイス調合師、スパイスの達人で「スパイス番長」と言われるシャンカール・ノグチ氏。その出会いで意気投合し、半年以上を掛け作り出した味わいが「天空」と言うスパイスラーメン。

2018年9月に池袋にオープンし、その後「麺や庄の gotsubo」跡地である新宿御苑エリアに移転、現在さらに注目の店舗として営業されています。

「スパイスらぁめん 釈迦」店舗外観 その2

この店舗のより詳細は店舗実食記事にてアップさせて頂いてます!気になられた方は↓コチラ(あわせてご覧下さいませ)

スポンサーリンク

原材料、数値について

まず、店舗詳細について上部に書かれていますが、この暖簾だけの写真ではどんな店舗か全くわからない...でしょう(笑)。イメージも膨らみにくいと思いますが、今回しっかりと撮影させて頂きましたのでご参考程度まで。

まずは原材料からですが、まず麺。縦型ビッグサイズのカップですが、明星らしくノンフライ麺を使用。小麦粉(国内製造)、植物油脂、食塩、粉末醤油、植物性たん白、ソース、乳たん白とあり、かなりクレジットが多い印象です。特に麺クレジットにソースが出て来るのは他にはそう無いだろう、このスパイスラーメンのスープに馴染む様に作られているでしょう。

スープに関しては、鶏・豚エキス、香辛料、豚脂、食塩、デキストリン、たん白加水分解物、乳等を主原料とする食品、香味調味料、しょうゆ、香味油となっており、この段階でもいまいち味わいの予測はつかないだろうと思います。

数値は355kcal 、食塩相当量は6.1g、脂質9.4gと、やはりノンフライ麺の恩恵で食塩相当量以外はライト(笑)。

では、いよいよ開封です。

中身構成について

今回は縦型でかやくは既にインのオールインワンとなっており、作る手間は全く無い?と言っていいでしょう。

しかし、忘れてはいけないのがこのフタ、トップに貼られている調味油。この中の粉末スープだけでは表現出来ない風味、フレイバーとコクが凝縮されています。

スープ開発グループの大槻竜太郎氏は「鮮やかなスパイス風味に驚きました。どう表現しようかと悩み、試作を重ねました。スープの味は最初は広いレンジから複数タイプを作り、庄野さんに相談しながら徐々に味のゾーンを狭めました」(※ラーメンぴあ2020首都圏版記事より引用)とあり、非常に楽しみにさせます。

ただ、実際の店舗実食をさせて頂いた身にとっては、粉末とこの調味油であのコクが出るのか?と、この段階で思ったのは正直なトコロでした。

ではいよいよ!ノンフライ麺で5分の湯戻し。完成させましょう!

明星「ラーメンぴあ 釈迦監修 スパイスらぁめん天空」完成

「明星 ラーメンぴあ 釈迦監修 スパイスらぁめん天空」完成写真

スパイスラーメンと聞いてどんな味わいか?と思われる方が大半だと思いますが、あくまで個人的、実際の店舗で頂いた感想は昭和の黄色いカレーとは全く違う、どちらかと言えばかなりスパイスが利いたコクの強いスープカレー、と言う感覚です。語弊あるかもですが素直にそう思ったので書かせて頂きました。

そのスパイス感を見事に出された、カレーワードゼロのスパイスらぁめん、この色合いからもなかなかの本格感を感じさせました。店舗の一杯の写真もご覧戴きましょう。

コチラが「スパイスらぁめん 釈迦」の看板メニュー、「天空」。今回商品化のまさにその色合いが感じられると思います。その時点で凄いと思わせます。しかも基本は粉末スープ。かやくに関してはもやし主体に対し青味はねぎのみですが、乾燥もやしトッピングよりも良い選択だと感じます。

では、いよいよ実食。

スープについて

茶褐色のスパイスラーメン感がしっかり出たスープ。香味油の黒っぽいオイルも非常に楽しみですが、かなり濃厚そうな仕上がりに期待。

コチラが実店舗のスープ。しかし色合いは本当に同と言える位です。

では一口。

「わっ、結構バッチリ辛い!」

正直な感想ですが、店舗のデフォの味わいよりもかなりわかりやすいスパイシーで刺激的なピリピリ来る辛さが印象的でした。しかし、想像を絶するまろっとしたまったりの丸い味わいは店舗のコクの強いスープを彷彿とさせるもので、余韻のスパイスの風味が美味しかったです。

店舗のとろみとしっかりまろっとしたコクの強さまでは到達出来ませんが、それを補う様な辛味。この辛味こそが絶妙なバランス感を生み出した美味しさだった様に思います。店舗のスパイスはもっと奥からじんわり体に働きかける感ですが、それをわかり易く辛味の刺激の美味しさを演出。

正直、ここ迄店舗のニュアンスを感じさせるとは思いもせずびっくりした美味しさでした。カレーでは無いスパイスラーメン、今までに商品化されていない味わいが見事に作り出された様で、「か、カレーちゃうん?」この微妙な線引きも素晴らしく再現されている様に感じさせました。

鶏・豚ベースに醤油のスープながら、しっかりスパイスが前に出た美味しさ、調味油からの香ばしいフレイバーもお見事だと感じました。

麺について

リフトはコチラ。バックを黒に変えました(笑)。中太のもっちりした丸い麺を感じさせますが。

コチラが店舗で出されている麺、中太でウェーブの掛かった多加水の麺でしょう。

オープン当時はやや平打ちに感じられるストレート麺を採用されていた様ですが、仕様変更された模様。今回のカップでもストレートでは無く若干のウェーブが掛かった丸い形状の麺で、この麺を見比べると再現度は高そうです。

さすがに店舗のもっぢりした多加水の粘りはありませんでしたが、カップとしてはなかなかしっかり弾力があり、ノンフライ麺が活きている様に感じられました。

もちろんカップの方がよりライトではありましたが、今回はノンフライ麺のこの太さが大正解でしょう、しっかりスープが絡み入って来る感覚は店舗実食時を思い出させるものでした。

最後に

「カップでこんなにスパイスラーメン感でるん?」と、本気で思わせた一品。

まだまだこの「スパイスラーメン」は知られていない味わいだと思いますが、かなり本格的なスープが堪能出来ます。

気になられた方は是非!「スパイスらぁめん 釈迦」、「天空」を要チェック。決してカレーとは言わないスパイスの美味しさを感じられるでしょう。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事