スポンサーリンク

皆様初めまして、ものグラムです。

今回はブログ引越し後初の麺、いよいよ参ります!す、少し緊張しているんですが(笑)、今こそ初心に帰り新たな一歩、一品ご紹介させて頂きたいと思います。宜しくお願い致します。

今回の一品はコチラ、姫路駅名物、まねきのえきそば。日清からの商品化です。まずパッケージをご覧頂きましょう。

パッケージ外観、デザイン

姫路駅名物と書かれ、「まねきのえきそば」のロゴ、近畿地区にお住まいの方には準レギュラーの一品なのでご存知かもしれませんが、全国的にはなにそれ?と思われる方もいらっしゃると思います。このパッケージの天ぷら、そしてそばというワードをご覧頂くと、蕎麦なのに麺が黄色い?と思われたかもしれません。

しかしパッケージに書かれている「絶妙!和風だしに中華めん」と書かれており、さらにその横に「まねきのえきそば70th」とあるのがご確認頂けると思います。この70thパッケージは今だけのパッケージで実はレア。(個人的にはパッケージ収集家でもあるので堪らない笑)

ワタシ自身兵庫県在住なので毎回発売される度、いよいよ来たか!と嬉しくなるんですが、全国的にはご存知無い方も多いでしょう。パッケージ全体に黄色が目立つ温かさを感じさます。

まねきのえきそばとは

この「まねきのえきそば」は、兵庫県の姫路駅の駅ホームで頂ける立ち食いそばの店ですが、創業は1949年、昭和24年の戦後に生まれました。

戦後何も無かった時代、小麦粉の代わりにこんにゃく粉とそば粉を混ぜたそばを作られていたそうで、その後試行錯誤の末に生み出されたのがかんすい入り中華麺、それがこの「まねきのえきそば」のそばなんです。

出汁は和の節の味わいで、「和風出汁に中華麺」は全国的にはかなり珍しいマッチングだったと思います。

このまねきのえきそばは実はえきそばで有名ながらも、もうひとつ押さえておきたいポイントがあります。それは「幕の内弁当」を駅弁として初めて導入したのがこのまねきと言われています。その創業者が初代、竹田木八氏と言う方です。

ちなみに、まねきとは、公式HPから、「人=man」が行き交う「駅=eki」というキャッチフレーズが掲げられていますが、お客様を “お「まねき」” するの意味合いもあり、語呂的にも素晴らしいと個人的に感じました。

現在もJR姫路駅のホームには普通にお店があり電車を待つ間に頂けます。電車のホームというのもあり、本当に提供スピードが早いのも特徴です。

スポンサーリンク

原材料、数値について

麺は油揚げ麺、いわゆるフライ麺となっており、スープについては和風だしなので、粉末しょうゆ、魚粉、昆布調味料等のクレジットがご確認頂けると思います。麺量は65gでカップ麺レギュラーサイズの標準的な量となっています。

カロリーは416kcalで、フライ麺を思うと比較的ライト。食塩相当量は5.3g、脂質は少し高めの21.6gです。フライ麺プラス天ぷらというのもあるからだと思われます。

開封、フタ裏プリント、中身構成について

まずフタを開けるとこの様にえきそばの起こりとあり、詳細が書かれています。現在では実は姫路駅ホームだけでは無く、各支店があります。19年現段階で営業されている店舗は、

まねきのえきそば店舗
●JR姫路駅校内 ●姫路市駅前GRAND FESTA 地下1階 ●JR加古川駅南口「Maneki Dining」 ●姫路市白銀町大手前通り ●JR元町駅西口 ●イオンモール姫路リバーシティー 「Maneki Dining」 ●阪神百貨店梅田本店 地下1階 スナックパーク内
7店舗となっており(姫路駅構内は登り下りに1店舗づつありますが)、地元でないと少しわかりにくいかもしれません。JR元町駅は兵庫県神戸市、阪神百貨店梅田本店は大阪と、姫路だけでは無い展開をされているのはポイントです。(個人的にはこの支店も訪問実食予定、今後アップさせて頂きたいと思います)
麺は珍しい平打ち麺で、おそらくこの商品の為に開発された麺でしょう。中華麺のコシ、黄そばとも言われるこの「えきそば」ですが、その味わいが楽しみ。
後は粉末スープ、一味唐辛子、そして天ぷらの構成となっています。この天ぷらもお店の味わいは特徴的ですので、その辺りをしっかり味わいたいと思います。湯戻しは4分となっています。

完成、仕上がり

うどんでも無くそばでも無い、この中華麺の仕上がりこそがえきそば仕様、今までに見た事無い方もいらっしゃるでしょうビジュアルです。しかし普通に美味しそうに思えると思いますが、いかがでしょうか?

天ぷらとねぎ、そして一味唐辛子で彩りもキレイです。では頂きたいと思います。

スープ

かつお節、さば節のきいた和風だしのスープはこの仕上がりで、色はそんなに濃くはありません。すっきりした美味しさをこの段階から感じさせますが、頂いてみましょう。

一口でわかる昆布と魚介の節の旨味と風味。しょうゆのキレもありながら決して鋭くはない、スッキリした美味しさです。

インパクトは全く強くなく、自然に入って来る感覚だと思います、和風だしの美味しさが堪能できる味わいです。

麺について

この様に平打ちでキレイに仕上がってますが、実はお店の麺はもう少し太いのは正直な所。しかしつるっとした滑らかはこの段階から感じられ美味しそうです。

今回改めて感じたのはこの麺の長さ。かなり長くばりばりに啜れます(笑)。実際のお店の感覚とは少し違う印象はあるながら、しっかりした歯切れの良さ、弾力も適度にありスルスル進む美味しさはさすが。

自然に進み過ぎてしまう和風だし、スープの相性は意外と合う、と思うんですが、地元の為なんとも言えなかったりする(笑)。

天ぷらについて

実はこの天ぷらの仕上がりがなかなかで、どん兵衛のサクサク後のせとは全く違います。

お店の天ぷらは言い方が良くないかもしれませんが、ふわふわではなく、少しベチョっとした仕上がりで重みがあるんですが、まさにそれ。

ふわふわではない仕上がりが見事に再現され、ペタっとしたあの感じ!と嬉しくなります。これがまた美味しかったです。

最後に

和風だしに中華麺、そして天ぷらの見事なコンビネーションを感じられる一品ですが、インパクトは決して強くない一品でもあります。

しかし、また無性に食べたくなる中毒性を持ち合わせており、ハマる人はハマる味わいでしょう。

近畿地区に旅行や出張で来られた方は是非、スーパーでチェックされてみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事