スポンサーリンク

どうも!こんにちは!ものグラムです。

いよいよ3月も残す所本日含めあと2日。全国的に春の訪れを感じると思いますが、皆様いかがお過ごしでしょうか?

さて、今回の一品は日清麺職人シリーズからの新作、「日清麺職人 蘭州ラーメン風ピリ辛牛だしそば」のご紹介です。

今回はなんと、あのパクチー香る「アジア」のソウルフードを自宅で手軽に頂ける様開発された一品で、蘭州ラーメンは日本でも話題になっている味わいで、それがいよいよ2019年4月1日に発売されます。

では、それがどんな味わいか?楽しみに見て参りましょう!

パクチー香る「アジア」のソウルフードをご自宅で

実は日清麺職人は、”まるで、生めん。”をワードにノンフライ麺ながらお手頃な価格で味わえるシリーズとして開発され、2000年の発売以来、主婦層を中心に好評を得ています。今年でもう19年の実はロングセラーなシリーズでもあります。

2017年8月からは"全粒粉”を練り込み、小麦本来の風味と美味しさがアップした本格的な麺へと進化。

そして今回は話題の”アジアの麺メニュー”をアレンジした商品として発売、それが今回の「蘭州ラーメン風ピリ辛牛だしそば」なんです。

この蘭州ラーメンは中国の蘭州発祥と言われ、日本でも話題になっています。あっさりとしながらもうまみたっぷりの牛だしスープにラー油の辛味を利かせたバランスの良い味わいで、パクチーをアクセントに使用、アジア旅行気分が楽しめる一杯との事です。

それにしても蘭州ラーメンの味わいがカップ麺になるとは、本当に驚きでした。

パッケージ外観、デザイン

日清 日清麺職人 蘭州ラーメン風ピリ辛牛だしそば パッケージ

2017年8月のリニューアルではパッケージも刷新されましたが、元々和モダンなパッケージとしてデザインされていますが、今回は蘭州ラーメン風で、和?ではあります。しかし右側のグリーンの中にはラーメンどんぶりでおなじみの唐草模様、「雷文」が描かれているのがらしさでしょう。

そして左側の茶色のゾーンには雲が描かれており、中央には透き通ったスープと赤の辛さを感じる蘭州ラーメン風の仕上がりの写真。なかなか期待感高まるデザインに感じられました。

右下にはパクチー香ると書かれており、今回のパクチー具合が気になる所です(個人的に笑)。

スポンサーリンク

原材料、数値について

麺はもちろんノンフライ麺で全粒粉練り込みの仕様。

スープは牛脂、食塩、香味調味料、糖類、香辛料、香味油と、クレジットはかなりシンプル。牛脂が使われているのがポイントです。

カロリーは276kcal、食塩相当量は5.7g、脂質は4.1gと、ノンフライ麺であるのと、スープの味わいからかなりライトな数値です。300kcalにも満たないのは本当に嬉しいですよね。その分食塩相当量は高めですが、脂質もなんと4.1g、非常に低い数値で、どんな味わいかこの段階で期待感が高まります。

開封、中身構成について

全粒粉練り込み麺に粉末スープ、調味油、そしてかやくの3袋構成。かやくはねぎとパクチーで、今回のパクチー具合も今の段階では想像が出来ない、どれ程強いかが楽しみ。

今回は湯入れ4分で完成。速攻で作りたいと思います。

完成、仕上がり

日清 日清麺職人 蘭州ラーメン風ピリ辛牛だしそば 完成盛付け写真

透明度の高いスープはパッケージと同じく、しかし明らかにパッケージの盛付け写真よりも多いねぎ、そしてパクチーの鮮やかな色彩、調味油のオレンジから赤の彩りの良さが感じられます。本当に綺麗ですね。

この段階ではまだ味わいの予想が出来ませんが、楽しみに頂きたいと思います。

スープについて

それにしてもこの彩りの良さは素晴らしいですね。牛だしスープはさっぱりしてそうながら、調味油の辛味、そしてパクチーの香りで賑やかそうな感じもさせます。

一口頂くと、やはりすっきりした塩の味わいで、その後からかなり強いパクチーの甘い香りが感じられ、さらにピリッとした辛さがやって来る、ベースはすっきりなのに香りと辛味でなかなか力強くも感じられた味わいです。

パクチーはカップ麺の中ではかなり存在感が強く、苦手な方にはおすすめ出来ないかもしれません。しかし個人的には生パクチーを頂き撃沈した過去がありながら(笑)、スープとしてのパクチーは全く問題無く美味しく頂けた不思議がありました(笑)。しかしかなり強烈な甘い独特の香りが感じられ、それこそが今回の味わいのポイントでもあると思います。

なかなかの存在感。

麺について

こちらが日清麺職人のノンフライ麺。細くてみずみずしい仕上がりです。

こちらは本当にもっちりした弾力と、自然な甘味、そして小麦の風味が堪能出来る麺で、今回のスープにもしっかり合う美味しさ。それなりに粘度も感じられますが、かなり本格的な食感と美味しさがあります。

65gの麺量ですが、それ以上にも感じさせる食べ応えがあり、満足度も高いものでした。

最後に

本当の蘭州ラーメンは現時点で頂いていないのでなんとも言えませんが、今回はかなりパクチーの強さを感じさせ、それこそが美味しさでもある、しかしここまで強く感じられるのは予想外だった程です。

あっさりではあるんですが、香りの力強い美味しさがあり、今までに無い美味しさを堪能出来ると思います。

気になられた方はいよいよ19年4月1日に発売、ぜひそれぞれの味覚で堪能して頂きたいと思います。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事