スポンサーリンク

どうも!こんにちは!ものグラムです。

さて、今回は本日発売の一品、日清よりオンライン先行限定発売された一品「日清焼そばU.F.O.大盛 ホイコーロー味焼そば」のご紹介。2019年3月18日発売、価格は205円(税別)で、U.F.O.大盛シリーズはガツンとした味わいがスポットで出され好評ですが、今回の味わいもかなり気になります。

では!早速ですがご一緒に見て参りましょう!よろしくお願い致します!

パッケージ外観、デザイン

日清 日清焼そばU.F.O.大盛 ホイコーロー味焼そば パッケージ写真

U.F.O.大盛シリーズはレギュラーのソース焼そばとは違う、ある料理とミックスしたパンチのある味わいを商品化されていますが、今回は「口いっぱいに頬張りたくなるガッツキメニュー」とし、春の訪れと言えばキャベツ、そこに目を向け商品化されたのがこのホイコーロー味焼そば。

今回もかなりパワフルに感じさせる、キャベツと豚がダイブした様なデザイン、そして黄色を基調とした暖色が美味しそうでもあり、しかしこの大盛パッケージの大きさとともにかなりインパクトあるアイキャッチが素晴らしい仕上がりです。

この段階でかなりガツンとした印象を受けますが、今回はガツン、ガッツリでは無くガッツキ。思わず口いっぱいに頬張りたくなると言うのがポイントで、この味わいからわしゃわしゃ進んでしまう、ガッツキの言葉の意味合いもなかなかに思わせます。

このパッケージ左下にある、キャベツ食おうぜ!は、正に春が旬のキャベツにちなんでの商品化ですが、この先少し意味深でもあります。それを今から紐解いて行くと致しましょう。

原材料、数値について

今回はまず原材料と数値について進みますが、麺はもちろん油揚げめんで130gの大盛サイズ。かなり食べ応えありの容量です。今回はホイコーロー味という事で、豆鼓醤 (とうちじゃん)、豆板醤 (とうばんじゃん) をベースにニンニクでアクセントを加えたソースだそうですが、豚脂、糖類、しょうゆ、豆鼓醤、香辛料、みそ、食塩、豆板醤、香味調味料、粉末みそ、ポーク調味料、野菜調味油、香味油が主だったクレジット。

ホイコーロー(回鍋肉)とは、四川料理で、皮付きの豚肉の塊を茹でる、もしくは蒸してから使用し、野菜には蒜苗(ソンミョウ:葉ニンニク、ニンニクの芽)を使い、味付けも豆板醤を多用した辛味の強いものだそうですが、日本では陳建民氏(四川省出身の有名中華料理人)が回鍋肉を日本へ広めた際に蒜苗からキャベツを使用、日本での一般的なものとなったそうです。

そしてパッケージ裏側には数値がありますが、今回はカロリー746kcal、食塩相当量6.8g、脂質に至ってはなんと35.8g。1食として十分にヘビー級の数値で、個人的にはやや危惧感があるものの(笑)、食べ盛りには堪らない美味しさがある様にも感じられます。かなりパワフル、ガッツキな美味しさはただ単にパワフル推しだけで無い、日清の自信も感じさせ、個人的には結構ヤバい数値ながら(笑)、楽しみに頂きたいと思う次第です。

スポンサーリンク

このシュリンク包装をベリベリ、ココで明らかになる〇〇。

今までの湯切りパッケージには無かった、今回初のルックスは見ての通り。

試してみよう! たべるまえに#キャベバンバン

とあります。個人的にはいよいよ来たか!と思わせたんですが、一般的にはなにそれ?と思われたかもしれません。今回の商品の重要ポイント、とさせて頂きたいと思います。

キャベバンバン?なにそれ?について

コチラが日清が訴えるキャベバンバン。食べる前に#キャベバンバン、KNOCK KNOCK CABBAGESとあります。しかしまだそれなによ?と思いますよね。

では、下記に日清公式からの動画をご覧頂きたいと思います。(wifi環境推奨)

 

 

そう、キャベツがフタに張り付き、それがそのまま廃棄されてしまう事を温かく警鐘されているのがキャベバンバン。実は日清公式U.F.O.HP、キャベバンバンで伝えられているのが「全国インスタント焼そばフタ裏キャベツ付着調査」。

それによると年間約4.17tものキャベツが捨てられる計算にあるそうです。

大企業であり、大量に生産されるが故、一人一人のユーザーのキャベツロスに着眼し、フタ裏に付着するキャベツの平均枚数は4.8枚、そしてフタ裏キャベツ付着、日本人の9割以上が経験ありのデータを算出され、この様に、「たべるまえに#キャベバンバン」を推進されています。

しかしなかなかこの推進は一般的には浸透して無いでしょう。しかし当ブログをご覧下さった方は、たった少しのキャベツ片フタ裏付着、しっかり頂いて欲しいと思いながら、自身も気を付けしっかり頂きたいと思っています。

それが今回湯切り蓋にあるキャベバンバン。1〜7迄ありますが、バンバンと叩き落として頂きたいと思います。

後、このキャベバンバンに関し、少し横道に逸れますが、2017年10月、日清公式オンラインストアでは、リニューアルオープン1周年を記念し(以前は日清e-めんShopと言うオンラインショップでした)日清食品独自の視点から”食にまつわるさまざまな問題”にアプローチする商品開発プロジェクト「PRODUCT X(プロダクト・ペケ)」を始動。

当時の流れにあった、クラウドファンディング形式で今までに無い麺に関する商品化を試みた第1段が「音彦(OTOHIKO)」。音姫に対抗する様に、ヌードルハラスメント、要は啜る音を被せる様に啜った瞬間に音が出るフォークを開発。しかし5000の注文で確定ながら至らず、商品化されず、日の目を見なかった経緯がありました。

そのプロダクトペケの第2弾こそが「キャベバンバン」。2018年5月17日〜31日まで、クラウドファンディングされたんですが、それがコチラ。

CBB-001と品番を銘打ち、個人的にもかなり楽しみで注文したものの、このキャベバンバン、CBB-001は1000のオーダーで実現化したながら、あと百数十のオーダーを待ち期間が過ぎ終了。結局はプロジェクト・ペケ、2回の商品開発が伝説に終わり記憶に去られた結果でした。だからこそこの日清が本気で取り組んだプロジェクト・ペケ、そしてこのキャベバンバンCBB-001、ぜひ知って頂きたく横道に逸れた次第です(笑)。

この様に、

キャベバンバン。幻の一品に終わってしまいました。(もちろん個人的には購入申し込みをし楽しみにしていた。)

では本題!(笑)、開封

今回の中身構成は実はかなりシンプル。キャベバンバンを推奨しながら、実は麺の下にキャベツ、そして味付豚肉を配し、出来るだけ湯切り時にこぼれない様に、そして蓋にも張り付かない様に設定されています。それがありながらさらにキャベバンバンを進め、自然の恵みを廃棄する事の無い様にされているのが日清。

今回は液体ソースのみの簡潔な仕様で、職場での昼食等にもチョイス出来るでしょう。後は仕上げるのみ。

では、湯入れ3分で湯切り、仕上げに参りたいと思います。

完成、仕上がり

日清 日清焼そばU.F.O.大盛 ホイコーロー味焼そば 完成盛付け写真

今回はキャベツ食おうぜ!とあるだけあり、かなりしっかりした量のキャベツが嬉しいこの仕上がりです。この段階ではホイコーローの味わいはわかりませんが、色合いは濃過ぎず美味しそうです。

では、早速ですが頂きたいと思います。

仕上がりアップ、味わいについて

ガッツキの力強さを感じさせるこの量ですが、キャベツの優しい緑に意外とジャンク感は感じなかったルックスです(笑)。しかしやはりガッツキのパワフルはあるでしょう、十分に腹コンディションを整え挑みました(笑)。

一口目、ホイコーロー独自の豆鼓醤 (とうちじゃん)、豆板醤 (とうばんじゃん)の風味が感じられ、味付けもしっかり。やはり味噌の風味味わい、存在感もしっかりしており、日本でのホイコーロー味らしい美味しさが広がりました。

それなりに豚脂等のオイル感もあり、かなり力強い味わいながら、今回のキャベツのシャキシャキと油を打ち消す様なさっぱり感が良い仕事をし、そこまでジャンクな感覚を憶えさせなかったのがガッツキ、ついついわしゃわしゃと食べ進んでしまう美味しさでした。本当に個人的にかなりの勢いで食べ進められたのが不思議でもありました(笑)。

四川の回鍋肉は辛味が強いそうながら、今回の味わいに辛味要素は盛り込まれておらず、辛いものが苦手な方でも問題無く頂けます。

麺について

日清が得意とするU.F.O.の中太麺ですが、今回もこの様に見事な仕上がり。弾力もしっかりしてそうで元気な感じが見て取れる様です。

やはりかなりもっちりした弾力があり、食べ応えもしっかり。麺量130gは個人的には多く感じる量で、それなりにしっかりした食べ応えがあります。

しかし今回はキャベツの存在感、役割が非常に大きく、そこまで量が多く感じられなかったのが個人的に不思議に感じさせました。キャベツ食おうぜ!今回のキャッチコピーの意味合いがしっかり体験出来た様で、なかなかのボリューム、ハイカロリーながらぺろっと完食出来た味わいはさすが、と感じさせました。

最後に

U.F.O.大盛シリーズはどれもかなりジャンク感があり、パワフルな商品が多いですが、今回ももちろんしっかりしてはいるものの、しかしキャベツの仕事がしっかり感じられたバランス感で、個人的にも食べやすく感じられたのが印象的でした。

とは言いながらも結構なパワフルさはもちろん健在ですので、十分にお腹を空かせてから頂くのがお勧めです。

きになられた方はぜひ、キャベツ食おうぜ!、そしてキャベバンバンして頂いてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事