スポンサーリンク

どうも!こんにちは!ものグラムです。

さて、今回はかなりオールドの一品の紹介ですが、やはりパッケージコレクターでもあるワタシ、外せない一品を参ります。

当ブログを今年2月に全ブログから引越しする際、過去オールド品についての紹介をかなり悩んでいたんですが(あまりにもたくさんあり全てを紹介するのが無理である事が判明(そんなんわかるやろ笑))、コレは!絶対に!と言う一品は今後も掲載する事にしました(笑)。

今回は2017年6月12日に九州地区のみで販売された、あのマルちゃんの「緑のたぬき天そば」。しかしただの緑のたぬきではありません。「ホークス応援カップ」、この時限りのかなりレアな一品をゲット。

味わいは西日本版と同じですが、この一品、振り返りながら実食と参ります(後で実食についても全て明かします笑)。では!ご一緒宜しくお願い致します!

「緑のたぬき天そば ホークス応援カップ」パッケージ

全国的に見れば、ほぼ見る事が出来ない超希少なパッケージ。ベースの緑のたぬきのイメージを壊す事なく、しかしかなりデカデカとホークスのマスコットキャラクターである「ハリーホーク」が描かれています。もちろん福岡ソフトバンクホークス承認でそのマークもあります。

バーコードの位置が通常よりも若干右上に移動されており、蓋のめくる位置には「SoftBank HAWKS」の大きな文字があるのもファンには堪らないでしょう(パッケージコレクターにも堪らない笑)。

この一品は「赤いきつねうどん」「緑のたぬき天そば」と、「福岡ソフトバンクホークス」とのタイアップ企画品で、シーズン中に開催される「鷹の祭典2017」に合わせて期間限定で販売されたものなんです。

「鷹の祭典2017」は、ホークスファンとチームが一体となり、リーグ制覇と日本一への大きな原動力とする恒例のイベントだそうで、2017年は7月17日〜18日/ヤフオクドーム、7月19日/北九州市民球場、21日〜23日/ヤフオクドーム、31日/東京ドーム、8月14日/京セラドームと、計8試合で実施。入場者全員(「ビジター応援席」を除く)には選手が鷹の祭典の試合で着用する「鷹の祭典2017専用ユニフォーム(レプリカ)」が配布されたそうです。

味わいはだしの旨みを利かせた西日本向けの味わい(通常商品と同じ)で、「赤いきつね」には「鷹の祭典2017」の専用ユニフォーム、今回の「緑のたぬき」にはホームユニフォームに身を包んだ、福岡ソフトバンクホークス球団マスコット「ハリーホーク」をパッケージに使用されています。

しかしこの手の地域限定、そして期間限定品ほど入手が難しいものは無く(コレクター経験上笑)、通常商品がある上にさらに在庫を奥へとやらなければならない為(もしくは二重展開)、それを導入するスーパー、店舗はかなり限られるのが現状。なので、この時期に九州へ行けばどこでも簡単に入手出来る、と、そう簡単に行かないのが今回のレアリティの高さとなります。(今回の一品も現地でかなり探してやっとみつかった:現地特班員(仮)談)

と言うワケで、実際に九州遠征に行った際にも、九州限定のカップ麺って結構あるのに意外と見つからない、それを体験していたので納得、それもあり皆様にも是非ご覧頂きたいと思ったパッケージとなります。

原材料、数値について

今回は通常の西日本仕様なので、簡潔に進めますが、油揚げめん(小麦粉、そば粉、植物油脂、食塩、とろろ芋、卵白)。そして添付調味料は砂糖、食塩、醤油、魚介エキス、香辛料、ねぎ、こんぶエキス、香味油脂となっています。

数値はカロリー480kcal、食塩相当量5.8g、脂質23.5gと、今現在のカップ麺の低数値化で逆に高めの数値に感じてしまう不思議と言うか、今日の進化を逆にもろに感じた次第です。脂質23.5gはなかなか高めですが、油揚げめんのそばとしっかりしたつゆ、そして天ぷらの美味しさが堪らない、ほぼ誰もが美味しいと思う王道を築いて来た時代を感じさせます。

ちなみに、この緑のたぬき(赤いきつねも)ですが、全国で言うと味わいは北海道、東日本、西日本、関西と、地域に合わせ4つの味わいに分けられ製造されていますが、今回はその詳細は割愛とさせて頂きます。

では!開封と参りましょう。

スポンサーリンク

開封、中身構成について(ここで明かします笑)

この様に、至ってシンプルな、皆様もご覧になられ事のある馴染みある構成だと思いますが、この一品ほぼちょうど2年前にリリースされた一品。それを頂いたのが明かしてしまおう、先日2019年5月31日。(笑)

この記事冒頭で触れた、ブログ引越しを機に改めようと思っていたオールドの実食紹介ですが、何を隠そう、2年前のストックも山積みあり、捨てる訳にも行かず、個人的には全然行けると思っているので(コレクター根性と今までの経験で笑)、今回カミングアウトは今食べちゃう、でした(笑)。

ですので、基本的にはパッケージコレクトとしてご覧頂きたいんですが(笑)、この様に2年経っても綺麗な中身、い、いや、かまぼこは完全に劣化している(笑)、大丈夫か?と思いながらご覧頂けると幸いです(趣旨が変化するのでどうしようか?とも思っていたが、完全開き直った笑)。

では!味わいを期待せず(なんちゅう紹介なのか?と自分でも思ってますよ笑)、仕上げ!

完成、仕上がり

やはり、かまぼこは無理そう(笑)ですが、天そば自体はなかなか素晴らしい出来です。撮影の為に天ぷらは後乗せにしてますが、撮影の間にどんどんしゅんで来る(染み込んで来るの意笑)でしょう。

スープ(つゆ)について

「2年経っても、大丈夫いっ!」(◯ナ◯物置のあのフレーズがどうしても出て来て離れなかった笑)と、なかなか素晴らしく美味しそうに仕上がりました。かまぼこだけは若干黄色く半透明に近くなっており、硬くなっている感じです。

一口頂くと、やはり粉末スープなのでスープ(つゆ)自体の劣化はありません。鰹と昆布がしっかり感じられる、そして甘味もある美味しさが広がり安心して頂けました。

麺について

緑のたぬき天そば ホークス応援カップ(2017年)

麺の仕上がりも見た目からは全く違和感なし。実際に頂くとコレがまた実に美味しい。ここまで来ると通常油の酸化で風味がもろに落ちたりするんですが(こちらはかなり経験済み笑)、何故か個体差が多く、今回は全く問題無く美味しく頂けました。もちろん出来立てとを食べ比べると油の風味の劣化は感じられると思いますが、それ位違和感が無いと言えます。

そして天ぷらも全く問題無し。オイルの劣化によるしつこさも無くごく普通に「緑のたぬき」を頂けました。

ちなみにかまぼこだけアウト。硬くなっており、本来の弾力のかけらも無く、ひとかじりだけするに留めました。ホンマになんちゅう実食や?ですよね...(笑)。

最後に

しかし、このパッケージは本当にレアで、現地でもそう簡単に入手が出来ない物で、今回入手出来た喜びは大きいです。

実は2018年にもこの「ホークス応援カップ」が出されたんですが、今後も要チェック。また入手次第紹介させて頂ければと思います。

後、今回の実食はワタシ、「ものグラム」の自己責任で行わせて頂いております。くれぐれも真似をなさらない様にして下さい、ね、と言っても、そこまで保管する事自体無いですかね?(笑)

今回は緑でしたが、赤は?もちろん、今回と同じく紹介させて頂きます(実食済み笑)、お楽しみに宜しくお願い致します。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事