スポンサーリンク

どうも!こんばんは!ものグラムおっさんです。(あそんどんか?笑)

今回は2018年11月5日にリニューアル発売された(かなり前ですが笑)ヤマダイからの凄麺シリーズのお蕎麦、「鴨だしそば」の紹介。

今までは「手緒里庵 」シリーズとしてカップ麺として唯一のノンフライそばを提供していたんですが、2017年9月から凄麺シリーズになった異例の一品。

ヤマダイの凄麺シリーズはノンフライのハイクオリティな製品を生み出すシリーズで、全国的流通量は大手カップ麺メーカーと比べると非常に少ないものの、美味しいカップ麺を頂きたいと言う方には是非とも押さえて頂きたいメーカーでありシリーズです。

では!そのハイクオリティの凄麺シリーズに新たに生まれ変わった「鴨だしそば」の味わいは?ノンフライの蕎麦ってどんな味わい?をしっかり!ご一緒に見て参りましょう!宜しくお願い致します。

パッケージ外観、デザイン

ヤマダイ 凄麺 鴨だしそば

ノンフライ麺の蕎麦自体かなり珍しいんですが、ヤマダイでは以前から出されていました。「手緒里庵 」シリーズとして以前は「鴨汁そば」という名前で販売されていたんですが、その味わいにはかなり驚かされたのを今でもしっかり覚えています。

それが2017年9月から凄麺シリーズになり、今回の一品は2018年11月5日にリニューアル。パッケージのイメージもかなり変わっています。鴨汁から鴨だしへネーミング自体も変わっており、うん、鴨だしの方が美味しそう、と勝手ながら思います(笑)。

かなりの実力派の一品なんですが、このシリーズ全体において言える、「流通量が極めて少ない」のがネックに感じます。ヤマダイ自体の認知度もまだまだですが、本当に実力ある美味しい商品を開発されているので、もっと手軽にコンビニでも手に入れば...と思う次第です。

ちなみに、ヤマダイは2018年に創業70周年を迎える老舗でもあるんですが、売上の中核を担う「凄麺」ブランドの生産体制を見直し、ファクトリーオートメーションの導入、ノンフライ製品の生産性向上と品質管理の強化を図る為、今年2019年2月から本社敷地内に新工場を増築する工事をスタート。この工場が稼働すると1日に約40万食の生産が出来る様になり、ノンフライ製品の専用工場としては日本最大規模の工場となるそうです。

今後さらに激化していく市場競争に負けない様、新規商品の開発も積極的に行われるそうで、楽しみですね。

その前にまずは今回の一品、お蕎麦の美味しさ、改めて感じたいと思います。

原材料、数値について

まずめんはノンフライで小麦粉、そば粉、植物性たん白、食塩、大豆食物繊維。

スープはしょうゆ、糖類、動物油脂、食塩、鰹エキス、鴨エキス、昆布エキス、宗田鰹節粉末、オニオンエキス、香辛料が主となっています。

今回の麺はかなり改良されているそうで、それがかなり楽しみ。スープ、つゆも宗田鰹節粉末が使用されていたり、鴨エキス、鰹エキスに昆布エキスの旨みがかなり楽しみです。

カロリーは335kcal、食塩相当量は8.1g、脂質は6.5g。正直、食塩相当量はかなり高めではありますが、この数値横に、塩分が気になる方へ!とあり、「スープを飲む量を減らすことで塩分摂取量をひかえることができます。」と、今までありそうで無かった表記が嬉し区希望を持たせる感があります。まあ、当たり前の事なんですが、メーカーがこうして文字として表記してくれると安心感が生まれますよね。これは大きい。(笑)

スポンサーリンク

開封、中身構成について

まず、中身の前に開封すると目に入ってくるもの!がコチラ。

ヤマダイの凄麺シリーズでおなじみの「フタの裏ばなし」。今回は麺へのこだわりとて開発側からの想いが綴られています。テキスト化すると、

麺へのこだわり
当商品の麺は、カップ麺では珍しいノンフライの蕎麦です。「茹でたての旨さ、再現!」をキャッチコピーとして掲げる「凄麺」だからこそ出来た自慢の麺です。今回のリニューアルにあたり、配合を見直し、蕎麦ならではの食感を追求しました。美味しい麺をみなさまにお届けするために、私たちはとことん麺にこだわり続けます。
と心強い言葉。実は具体的には、今まではそば粉の配合を4割使用していたのを3割に変更しているそうです。しかしコストの為では無く食感の追求で敢えて減らしたのかもしれません。蕎麦は本当に難しく多くなるとボソッとした食感になるし、減らすと食感は良くなるけど香りが感じられにくくなる、その辺りの調整をしっかりされているのでしょう。楽しみです。
今回の中身ですが、かやく、後入れの液体スープに調味油の構成。「鴨汁そば」にあったやげん掘七味がカット。正直このカットは痛い気がしてなりませんが、本格的なお蕎麦は堪能出来そうです。ノンフライのお蕎麦がこのどんぶりに入っているもの。これが5分でどう変身するか?楽しみですね!
では!速攻完成させます!

完成、仕上がり

なんとも綺麗な澄んだ濃い色合いのつゆ、そしてやはりこの段階から本格なお蕎麦を感じさせる仕上がり。鶏肉のつみれ団子、美味しそうで、ねぎもかなり大きく厚みのある本格仕様。これは見た目から堪りません。

スープ(つゆ)について

色合いはかなり濃いめですが、かなり澄んだ仕上がりで綺麗。まあお蕎麦のつゆですものね。それと仕上げの調味油も浮いており、この油のしっかり香味付された美味しさが楽しみ。

一口頂くと、嗚呼、やはり美味しい。と、魚介だしの旨みにフレーバーの鴨の香ばしさが広がります。甘味の強い味わいで、食塩相当量8.1gのそれなりの塩分の強さもあるんですが、角は感じられない美味しさでした。この少々濃い目の味わいがノンフライ麺の蕎麦との相性を引き出すものかもしれません。何口も進んでしまいました。

麺(蕎麦)について

まずこの仕上がりをご覧頂くだけでもその凄さが感じられると思いますが、本気でリアルにお蕎麦、していませんでしょうか?

この色合いといい、太さといい、もう本気でカップ麺?と思わせるのがこの凄麺。さすがです。しかしまだ頂く以前ですね。頂いた後の感想はどう変わるか?

「おわっ!!これやばい!」と言うのが個人的感想(笑)。簡潔ですが(笑)、以前頂いた「鴨汁そば」の時の感激以上に感激しました。

それはまず、そば粉の割合を減らす事によりよりもっちりした食感が生まれています。しかしそば粉特有のざらっとした食感、そしてボソッとする手前の仕上がりがなんとも絶妙で、あまりもっちりしすぎるとリアル感は無くなりますし、ボソッとしすぎると食感が悪くなります。そのどちらも感じさせながら、なんとノンフライ麺としてこのみずみずしさをお湯だけで完成させるのはそう容易では無いでしょう、さらに進化した麺に驚きを隠せませんでした。

スープ(つゆ)との相性も非常に良く、この少々濃いめの味わいにぴったりフィットしたバランスがあり、ノンフライの上品なお蕎麦の存在をしっかり印象付けながら完食出来たのは大きかったです。蕎麦の風味も素晴らしかった。

最後に

あと、最後にかやくですが、鶏肉団子も申し分無い締まり具合、厚みあるねぎのリアルな食感、まさに鴨葱のコンビも素晴らしかった、ですが。

本当に惜しいと思ってしまうのが「七味唐辛子」のカット。もちろん家で用意すればいいんですが、当時はやげん掘の七味が使用されており、それがカットは想像以上に大きいものでした。この七味があるとかなり引き締まった最高の美味しさを感じられるんですが、それが無かったのは大きな痛手の様にも感じてしまいました。

この一品を頂く際におすすめはやはり七味です。ご家庭で用意し食すとさらに満足度が高まると思います。

それにしても今後の展開への期待がさらに膨らむ、そして「カップ蕎麦」の未来を明るく照らした様な一品。この一品の意味はかなり大きいと思います。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事