スポンサーリンク

どうも!こんばんは!ものグラムです。

さて、今回の2019年5月の遠征もそろそろ終わらせなければなりません(笑)が、後もう少し!となります。

今回は2019年5月、初日は岡山遠征ですが、2日目はなんと広島県尾道市に到着。その後どうなったか?「めっちゃいそがしかった〜」をお届け致します。

では!ご一緒宜しくお願いいます!いぐでっ!!!

前回までの流れ

2019年5月15日、初日は我が兵庫県から方位と遠征資金を気にし、定まった西の方角にある岡山県へ在来線の電車に揺られ到着。そこは岡山県でも中心から外れ広島との県境にある岡山南部西端の市、「笠岡市」だった。

そして今回は笠岡駅を中心に徒歩範囲で3軒の実食を速攻で済ませ、その後吸い寄せられる様に来たのが「古城山公園」。まだ昼過ぎで船に乗り笠岡諸島に行きたい衝動に駆られながらも、ラーメン店は出発時間で閉店、行って帰って来るだけで夜になる事が判明し断念。

その後のホテルチェックインは15時台で時間を持て余すかと思ったものの、今回の記事がある程度時間は掛かると思いながらさらに時間が掛かりすっかり夜が更け、その頃に少々腹に空きスペースが出来、なんとこの日4軒目の実食を敢行。

しかしその後、ホテルに戻り肩の力が抜けた瞬間に眠気とだるさ、芯が無無くなった様な、気絶に近い就寝だった。

2日目はなんとか回復、初日とは趣の違う遠征にしたいというのもあり、レンタカーで車を予約しており、なんとか時間に配車。そして出発から約3時間後、尾道に到着。そしてこの日1軒目の店舗に到着する迄。

尾道に来て「尾道ラーメン」?

今回の遠征は前日の岡山、そして2日目は県をまたぎ広島県に行きたかったというのが大きい。そして広島の中心に行くには少し遠かったのもあり、岡山から比較的アクセスの良い尾道にスポットを当て来たのが正直な所。実はこのラーメン道の中で調達遠征で1度来、記事化しているものの、実食遠征として来るのは初。岡山中心部から約90kmの道のりに約2時間半以上3時間弱、実はかなり混んでおり焦っていたのは正直なトコロ。

今回は実食として初めて「尾道ラーメン」と言われる様になった、地元では中華そばとして愛されている味わいを求め行こうと決めたものの、実はこの日の曜日は木曜、本来候補に挙げていた店舗がことごとく定休日なのが判明(つめあまいんなおらんな笑)、尾道ラーメンの発祥、源流である「朱華園」は今回もご縁が無く、とりあえず2度目の写真に収める事だけはさせて頂けた。(まあ、定休日でもあったんですが5月14〜16日の3日間臨時休業されてて、逆に昨日行ってたとしてもフラれてたのが判明でガッカリ感は全くなかったりしましたですよ笑)

そして、今回地図上で目に止まった店舗、ココに行きたい!と即決したのがこの日、遠征実食ラーメン道1発目。なんと尾道ラーメンの定義を100%含まない店舗に決定したのが自分らしい、としか言えない訪問。「尾道ラーメン」の動物と魚介に背脂が浮いた味わいいは程遠い店舗ながら、新店系として敢えてこの地にオープンされているのに個人的に堪らなかった。到着。

今回の尾道1軒目は「オノミチ潮ラーメン でんやす」。”DENYASU In salt and fish-based soup"と掲げられた現代風バリバリの店舗に吸い寄せられた、いや、この地に無かった敢えて塩で勝負に掛けられた店主の思いを我がアンテナがキャッチしたというか、どうしても行きたくなった次第。しかし初でありその内容は実食をしなければわからない。

この時11:15、行列待ちがあるかどうか、それも範疇に入れ到着だったが、この様に尾道のこの地全体がかなり静かだったのは平日だったからか?ラッキーと思い入店。

出された塩、潮ラーメンの仕上がりは堪らなく食をそそるものだった。(コチラの実食は後日必ずご紹介させて頂きます。)

「あ〜、尾道らしくは無いかもしれないけど、潮という意味では尾道らしいかも。たまらん〜〜!」

正直、この段階で本当に来て良かったと思えた瞬間だった。全国一般的に知られている「尾道ラーメン」では無いのがファーストテイスティングだったのも含め、「わぃらしいやんけ」だった。(笑)。

スポンサーリンク

この1軒目実食終了後、あっ!尾道を離れる。

1軒目の「でんやす」実食後は11:38。まだまだ2日目が始まったばかり、余裕と思われるかもしれないが、実は「猶予はないっ!時間ヤバい!」だった。

ようやく来た尾道で実食を残り2軒済ませるのがこの遠征計画前のプランだったものの、「遠征って生き物みたい、ころころかわるのよね〜」と、うふふと思いながら(笑)、実はこの先2軒目に我がリストに急遽ラインナップされた店舗の昼の部オープン時間を思うと決して余裕が無いのが判明、「ちょっ!はよ駐車場戻らなっ!!間に合うんか?」だった。(笑)

そうして、尾道らしいこの光景に戻って来、そのすぐ先のコインパーキングで会計、そそくさとまたこの先へと車を走らせるのだった。

「あっ、あづっ!!もう夏の空気感バリバリやんか!このクルマん中っ!」

次回はまた初の地へ、どんな麺を?

すません、今回も思う様に進まなかったなあ、が正直なトコロですが(笑)、せっかく尾道に来たのに速攻で離れると言う事態になったのは自分自身が一番感じているトコロでした(笑)。でもあいびーばっく!(古いな笑)と誓い、もう一度この日、この尾道へ戻ると決めたヘンテコなプログラムとなりました(笑)。

その先は何処?どんなラーメン食うん?ですが、コレがまた他ではなかなか無い味わいで楽しみで仕方無かった一杯でした。

乞うご期待!?と言うワケで、次回に続きます、お楽しみに〜です。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事