スポンサーリンク

どうも!こんにちは!ものグラムです。

奈良遠征を進めましょう(笑)。今回は実食を挟みながらのスタイルに変更の為、少々時間がかかります事ご了承下さいませ、ですが(笑)、前乗りからすでに3軒の実食、初日1軒目が終了致しました。

いよいよこの日2軒目へ向けGO!ですが、少々胃にはダメージか?まだまだ元気!?その辺りの心境の変化が徐々に表われるか?いや!?行くんや!

という事で参ります(笑)。ご一緒宜しくお願い致しますっ!ごーっ!!

今までに無いほぼノンアルコールからのいよいよ初日。

ゲリラ的(思いつき)前乗り前泊をし、その間に2軒の実食をこなしたのはいいものの、満腹感と朝から仕事と移動、2軒の実食からホテルへ約1kmの帰路、猛烈な眠気に襲われそのまま就寝するという(シャワーは浴びた笑)、今迄あまり無い、350mlの第3のビール1本だけのほぼノンアルコール就寝を果たしたものグラム(おおげさやな笑)。

そしていよいよ前泊後、本日からが初日と気持ち新たに始動。実は本来の訪問リスト候補には入れていなかったものの、急浮上し、遠征ライブ記事を10:00ギリギリに仕上げ駅へ。早速時間との戦いが始まりながら、なんとか到着。

しかしいざ着いてみると誰もおらず。結局約15分間、ひとりぼっちで少々かっこの悪い待機をし、しかしポールを取得し入った気持ちは素晴らしく良く、実食も終了、本日のメニューを押さずに終了出来ホッとした。

前乗り実食は↓コチラ

奈良遠征前回記事は↓コチラ

初日2軒目はそう遠く無い設定。先を急ぐ。

とは言っても遠征時にいつも思う、来た道は必ず戻らなければならない(笑)。帰りはそそくさと元来た道へ。しかしやはり復路は早く感じる。あっという間に帯解(おびとけ)駅へ到着。

帯解駅へ入ると直ぐに列車運行時刻表があるのに気付く。だいたい1時間に2便で、タイミングによっては約30分待機しなければならないが、そんなに先を急いでどうする?と奥から声が。「ま、まあ今日はそんなにめっちゃ急ぐ様なメニューでもないかあ」、改めると気付いた瞬間(笑)。

後、その下には2両ワンマン列車のご案内と張り紙。ここでやっとその詳細が理解出来る。1両目1番後ろのドアから乗車し、降りる時は1両目1番前から降りる。今後インプットしておくとさらにスムーズに行くだろう、今後も利用させて頂くだろうと思いながら。

我が住まいも田舎ではあるものの、この様な趣のある光景は無く、「ええ景色やなあ〜、時間を忘れるよなぁ」と思わせた。

と、直ぐに列車が来る。今回はそのままさらに南下する為、ホームはこのままでOK。意外とかなりスムーズに事が運ぶ。しかし、実は1軒目の「がむしゃら」の超濃厚な豚骨で胃の状態はまだ大丈夫なものの、少々気を付けなければ、程度の状態。決して満腹では無いが、6分目位だろうか?いつもの1軒目よりはかなり来ているのは確か(笑)。「そらあ、どろ系超濃厚ど豚骨やもんなあ、わかっとったけど今日3軒はキツいかもしらん」、本音である(笑)。

そうして此処から実はたった1駅。1両目1番前からスムースに降りる(笑)。

帯解駅とはまた違う景色。それにしても奈良駅の街並みから一気に変わる景色に驚かされる。奈良駅からたった3駅の場所。

今回はピッとした所をしっかり一枚。この様にし、改札という感覚の無い無人駅をICで通過。「これ意外と撮るのタイミング的に難しいのよ」、言ってしまう(笑)。

2軒目へ1駅の到着はJR櫟本(いちのもと)駅。この駅舎と言える味わいのある建物も我が住まいでは皆無。やはり堪らない。しかし徒歩で少々先の場所だと地図上から認識、いざ歩き出す。

駅からまず南下し、そこから左折し東へ向かう。その一本道にいよいよやって来たが、この光景がまた素晴らしい。白壁の住宅が目に入り、一瞬令和になったのを忘れさせる光景だった。

その光景を見ながら歩くのも遠征のひとつの醍醐味。+かなり運動カロリー消費、だがその分普段のカロリー摂取の何倍もを一気に頂くスタイルなので相殺。(できとんか?笑)

実は1軒目の往復、そして今進んでいる往路で既に1万歩近くを歩いている。この時11:55。正直少々足裏が痛く(持病(的)扁平足が我がコンプレックス笑)、前を歩いている人生の大先輩、おじいちゃんに実は追いつけず離され、いつの間にか居なくなった(笑)。

決して速くは無い速度ながら一歩一歩進めると、右側にある水路の光景が変わり、「えっ!?うっわっ!?ま、まぢでっ!?」となる。

雑草の緑と土の茶色の決して綺麗なものでは無いかもしれないが、その茶色の部分、水の透明度はほぼ100%。此れが本来の自然の姿なのかもしれない。

1m以上離れた下にある水の中には、目視で安易に小魚が泳いでいるのが確認出来、その先にビックリの光景。この段階ではまだわからないかもしれませんが、お食事中にこの記事のここまでをご覧下さった方は【閲覧注意】。

食を扱う当サイトですが、敢えてココからズームアップ。(本当に食事前後の方は離れて下さい笑)

そう、かなり大きい「オタマジャクシ」がかなりの数。もう足が生えて来て成体に近づいている模様。

個人的に小さい頃はごく普通にある光景で何も珍しくなかったものだが、今となると本当に無くなったなと思わせた光景。しかしそれが当たり前の様にこうしてあるのは正直、今思うと本当にありがたい自然なんだと思った次第。ド豚骨を頂いた後に感じたひと時だった(笑)。

そうして、この先もう直ぐ到着。

前回の奈良遠征では行けなかった、奈良のソウルフードとしての麺。県民に親しまれている味わいをいよいよ頂ける瞬間は堪らないものがあった。

「あ〜、やっとついだ〜、あ、あづ〜〜」

どう見ても店舗の顔としては反対側ながら(笑)、来た道到着の喜びの瞬間がコチラ(笑)。到着は12:05。

「いやあ、やっと来たかあ本店!って支店でも頂いた事は無いんだけど、今回こそはと思っとってんなあ」

と、この到着も堪らないもだった。

スポンサーリンク

いよいよ奈良遠征4軒目に到着。その後は?

はい!今回はココまでです。

それにしてもココまでの段階での徒歩数はかなりで、実は汗だくで少々へばり気味でした(笑)。

次回はこの店舗の実食!詳細を含め記事に致します。

ココでちょうど折り返しでしょうか?(まだわからん笑)しっかり進めますので宜しくお願い致します!

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事