スポンサーリンク

どうもっ!ものグラムです。

今回は2021年1月12日〜13日に敢行させて頂きました、「新年の信念旅in小樽」よりその8、ほぼスタート地点に戻り2軒目へと向かう所より進めさせて頂きたいと思います。

その7では1軒目訪問実食の「らーめん みかん」周辺にて2軒目の実食を行う予定でしたが、下調べが甘「定休日」にことごとくフラれスタート地点にほど近い「ウイングベイ小樽」に戻って来るものでした(笑)。

では!気を取り直し2軒目へと移動し向かった先は?また電車乗ったんか?どこ行ってん?見て参りましょう!宜しくお願い致します。

「おしゃ、もいっかい電車乗るで〜!」

約2年9ヶ月ぶりに戻って来たのは「ウイングベイ小樽」でしたが、非常に大きい商業施設で以前もこの建物に通じるホテルを利用させて頂きましたが、再び来る事が出来た喜びは大きいものでした。

「おしゃ、もうこの界隈は今日開いてないから、もうっかい電車乗るで〜!」

と、12:37、再びこの建物から直通の小樽築港駅に戻りました。

「やっぱウイングベイはでかすぎやな〜、めちゃ遠く感じた〜。」

そんな事を思いながら小樽築港駅に戻って来たのは12:48。

寒冷地仕様の作りなのでしょう、改札を通る前に電車を待つ事が出来る様にベンチが設置され、電車が来る直前にホームへと降りる事が出来るものとなっており、今回初めてこの待合場所にて待機させて頂きました。

「おっしゃ!下降りよか〜、電車乗ったら速攻やで!いぐで〜!」

ホームからの眺めですが、レールよりも積もった雪が高く、この状態で走行出来る事に驚きを隠せませんでした。

「一気に雪降って積もったら走行不可ならへんのかな.....、余計なお世話か....って....それなったら帰られへんやん....」

しかしこの日は降雪する気配は全く無い、良い天気の中「雪を感じる」事が出来たのは実は幸運だったのかもしれません。

「電車もほんま人少ないなぁ。ちょいさみしさもあるけど、とりあえず2軒目はめっちゃ楽しみやで!」

スムーズに電車に乗り込みましたが、この様に非常に空いていました。このカラフルな内装も久々で嬉しく思いましたが、実は扉部分は一段の段差があるのが特徴です。この時13:11。

「おしゃ〜!速攻ついた〜!これ歩いたら時間的やばなるからな〜。久々来たな〜嬉しい〜!」

この光景も約2年9ヶ月ぶりのものでしたが、「ノスタルジック」を感じさせる光景も鮮明だった事に意外と驚きました。

「おっしゃ〜!きたできたで〜!」

このなんとも言えない、昔からある懐かしさとここでしか味わえねい雰囲気が目の前に現れましたが、私、「ものグラム」にとっては「ひさしぶり〜元気やった?」でした(笑)。

2軒目実食へ少々急ぐ。

「いやぁ、初めてん時みたいな秘境に来た感はないけどさ、やっぱ遠いんは間違いないし次いつ来れるかもわからん、一期一会やなぁ、小樽やっぱええなぁ。」

JR小樽駅を一歩出た後に広がる光景がこちら、写真中央には海が少しだけ見える1枚を撮影しました。

駅から最初の横断歩道を渡り逆サイド、JR小樽駅舎側の光景も絵になりますが、やはり約2年9ヶ月前の記憶は思った以上に鮮明でした。この時13:17。

今回電車を利用した移動詳細はこちらですが、拠点となる小樽築港駅から小樽駅までは間に南小樽があるだけの2駅似て到着ですが、距離にすると約4.7kmあり、徒歩のみだと1時間以上のコースとなる為断念(笑)。しかし電車を利用すればあっという間の7分間で到着です。

「もうええ時間なって来たなぁ、はやいこと実食せな晩のリベンジも達成でけへん、いそげ〜!」

実は今回の遠征は出来るだけ体に負担をかけない様、2軒の実食で終了させようと思っていた為、この日ラストの実食でもありました。

「まえの小樽ん時さ、これまた定休日で行かれへんかったけど今日は絶対開いとるねんって!ほんまはラーメン以外は明日に集中させたかってんけどなぁ、今日は行けるねん!開いとるねんって!めちゃ楽しみっ!」

自らを鼓舞しボルテージアップさせるものでしたが(笑)、一歩一歩進むと以前の風景は蘇りますが、雪の中を進む気分は鼓舞せずとも自然にアップするものでした。

「おおっ!わいん家界隈では一生感じられへん光景やなぁたまらんなぁ」

この様に道路までしっかり積もっていましたが、駅から直ぐの商店街、「小樽都通り」にやって来ました。

「この通りも2回目やけど、ん?なんでアーケード下やのに雪積もっとん?」

そんな事を思いながらもゴール寸前の期待感は非常に大きく、一歩一歩それに近づくと若干の緊張感を憶えました。

「うわっ!つ、つ、ついてもた〜、あ、あいとった〜!」

その店舗がこちら。

小樽の地元で愛される店舗ですが、この時13:22。昼時の賑やかしさはありませんでしたが、小樽でまず訪問させて頂きたいと思いながら約2年9ヶ月ぶりにリベンジとして来る事が出来た喜び、そして若干の緊張感を持ちながら1枚撮影、いよいよその中へ入って行くのでした。

「いやぁ、めっちゃ楽しみやなぁ、量多ないやろなぁ?」

スポンサーリンク

次回は2軒目の詳細と実食。

はい!以上となりますが今回も比較的ライトにあまり進まず2軒目到着までとなりましたがいかがでしたでしょうか?

2軒目訪問に時間が掛かったのは個人的にも想定外でしたが、やはり到着の瞬間は喜びがあり、期待感と少々の緊張感がやって来ます。

では!次回は2軒目の詳細と実食に続きますが、何食ってん?はお楽しみに。実は「ラーメン」では無い食べ物とは?宜しくお願い致します。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事