スポンサーリンク

どうもっ!ものグラムです。

今回は2021年1月12日〜13日に敢行させて頂きました、「新年の信念旅in小樽」よりその23、2日目2軒目、ラストの実食を終了した所より進めさせて頂きたいと思います。

その22は、今回の遠征最後の実食、「五香(ウーシャン)飯店」の詳細をお伝えさせて頂きましたが、想像以上のボリュームに圧倒され満腹度9割5分を超えたものでしたが、しっかり完食する事が出来ました。

では!残すメニューは帰宅に向けての復路、となりましたが...?なんかあったんか?見て参りましょう!宜しくお願い致します!

「いやぁホンマに満足。ちょ、ちょい苦しいけど....」

「いやぁホンマに満足。ちょ、ちょい苦しいけど....」

小樽市花園にある中華料理店、「五香(ウーシャン)飯店」。

この場所に来て実際にその中へ入り、そこでしか感じられ無い空間を肌で感じ、そしてここでしか味わう事の出来無い炒麺(あんかけヤキソバ)を頂く。当たり前の事ではありますがそれを身を以て感じたのは逆に久々だったのかもしれません、なんとも言えない達成感がありました。

「今回はたった4軒で重複1軒やろ、新規で3軒しか開拓でけへんかったけど、でもこれ位のペースでもええかな、コスパ超悪すぎやけど....」

今回はコロナ禍と言うのもあり、訪問実食は比較的控えめにしようと思っていたのは事実で、実際には調達(家庭用麺コレクションの為の)の割合が大きく、さらに「雪を感じる」体験型遠征としてしっかりそれを遂行出来た様に感じていました。

「五香飯店」の場所は小樽駅より南約900mにあり、前日に実食した「桂苑」よりも遠い初のエリアではありましたが徒歩圏内で移動出来ました。

実食終了は12:54、来た道を戻ります。

「実食中からまた雪降って来とったけどまた強なって来たなぁうっしゃうっしゃ!今日は一日中降って降って〜」

などと、朝の控えめな「雪乞い」から気持ちは大きくなり、地元の方に対し不謹慎ながらも雪を楽しんでしまっていたのは正直な所でした。

「昨日は閉まっとったけど今日はちゃんと開いとるな!今回は実食でけへんかったけどここも揚げそばあるしな、ラーメンもあるからな、また来るからな〜今日はかえるわな〜」

約2年9ヶ月前の訪問時に実食を果たした「五十番菜館」にも意を投げかけ、ここから直ぐの小樽駅へと進みました。

「昨日道路はシャーベット状やったけど完全溶けとるな。今日はほんま暖かく感じたしこの重装備は失敗やったなぁ....」

そんな事を思いながら小樽駅に到着しました。

「う〜ん、時間余ってもてんけど....。どないしょ....?」

小樽駅の待合室に座ったのは13:36で、帰路フライトは18:25。新千歳空港に17時に到着しても余裕でしたが、この先は全くの「ノープラン」。

「う〜ん、時間余ってもてんけど....。どないしょ....?」

2020年後半は1分1秒を争う時間との戦いを制して来ましたが、逆に時間が余ると何も出来ず困惑する私、「ものグラム」でした(笑)。

「小樽はもう十分満喫出来たしな、今からまたこの界隈歩き回る体力、な、無いかも....、電車は14:00発かぁ、おしゃ!もうとりあえず電車乗ってまおかっ!」

しばらく待合室にて10分程ゆっくりした後、折り返しの電車が到着した瞬間に乗り込み待機、そしていよいよその電車は新千歳空港に向けゆっくりと走り出しました。

「おっ!また雪強なって来た!おっしゃおっしゃ!ってかじ〜と眺めときたいけど、ちょい眠なって来た.....ねる〜」

適度な疲労感に車内の温もりが眠りを誘い、気づけば意識を失っていました。

スポンサーリンク

「あれ....?ああ、ここかぁ、一旦降りよか。」

次に気づいた時には電車はスローダウンしていましたが、その景色を見た瞬間。

「あれ....?ああ、ここかぁ、せやなぁ、時間まだまだあるから一旦降りよか。」

出発から約30分後の事でしたが、このまま新千歳空港に直行すれば到着は15:13と早過ぎる到着となる為、急遽一旦降りる事にしました。

「降りてから何するかな〜んも考えてへんし、ってか何したらええんかわからんねけどさ、なんか行くとこあるやろ」

麺実食の目的があればいくらでも思いが湧き上がり逆に時間が足らなくなる程ですが、一観光となると何もわからず、何をすればいいのかが思いつかないのは今後の課題でもあります(笑)。

「おお!久々やなぁ!げ、元気やった?」

今回で3度目の再開となるのはJR札幌駅構内にある「イランカラプテ像」(正式には「ウレシパモシリ 北海道イランカラプテ像」)。伝統衣装を身にまとい、弓矢を持って弓の舞(クリセム)を踊り祈るアイヌ民族の長老(エカシ)を忠実に表現した「エカシ像」だそうです。

「いやぁ、今回は札幌は通過するだけやとおもとったけど、思った以上に時間有り余ったから降りたなってんけど、久々に来れたんはやっぱ嬉しいなぁ」

この時14:34。本来予定に無い札幌駅を下車、約1時間半の「フリータイム」をどう過ごすかはまだ決められず、この後の迷いを知らずただ喜ぶ私、「ものグラム」でした。

次回、迷い向かった先とは?

はいっ!以上、今回も比較的ライトに進めましたがいかがでしたでしょうか?

思う以上に訪問実食が早く済んだのもあり時間を持て余すとはなんと贅沢な悩みでしょう(笑)。しかし当の本人にとって「ノープラン」程頭を悩ませるものはなく、この後どうするかうろうろします。

そこで急遽思いついた行き先がラストスポットとなりますが、そこは何処?何をする?自分でもまさかと思う事態が起こりました。

では!次回をお楽しみに宜しくお願い致します!

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事