スポンサーリンク

どうもっ!ものグラムです。

今回は2021年3月16日夜〜18日に敢行させて頂きました、今年3発目の「黄金のクルマ旅(仮)」よりその2を進めさせて頂きたいと思います。

その1ではレンタカーを調達し、一旦家に戻り再スタートする所までを綴りましたが、いよいよ本格的なスタートに軽い緊張感が走り気持ちが引き締まる思いでした。

では!その後の道中は?え?腹減った?その内容を見て参りましょう!宜しくお願い致しますっ!

「う〜ん、めっちゃ腹減ったから、まず地元実食しよかなぁ」

兵庫県神戸市のレンタカー店にて車を調達し、今回目的地の進行方向とは逆の自宅へと一旦戻り再スタートをするこの時、20:56。

「おっしゃ!いよいよ本格的スタートやけど、先はながいで〜、十二分に安全運転で休むときは休む、徹底しよか!」

と、少々の緊張感に身が引き締まる思いでしたが、実は。

「いやぁ、そうは言うても朝からなんも食ってへんから、超腹減ったなぁ。地元やけど先実食いこか」

今回の旅は夜出発の長距離走行の「クルマ旅」の為、胃腸に負担を掛けない様昼食を抜いていましたが、夜になりバッテリー切れを起こし、まさかの「ロングドライブ前実食」をする事になろうとは思ってもみませんでした(笑)。

「はらへった〜!まずはさっき車借りた神戸三宮越えしてからじっしょくや〜!」

私、「ものグラム」の住まいは兵庫県明石市ですが、スタート直後はご覧の通り非常に空いておりすいすい進みましたが、やはり舞子町(神戸市垂水区)に来ると渋滞が起こり、この後約2時間を下道にて進む事となりました。

「やっぱ高速乗った方が良かったかなぁ、ちょいケチってもうたなぁ、ま、まだ時間は余裕あるやろ」

この思いが後に大きなしわ寄せになるとは思いもせず、しかし三宮(神戸市中央区)を越え地元実食の現場に到着しました。

今回1軒目の実食は地元神戸市にある「賀正軒 御影店(本店)」。

「おっしゃ〜!ついた〜!ずっと来たかったけど車やないとなかなか来られへんかったから地元やけどうれし〜」

賀正軒 御影店(本店) 店舗外観

以前、明石市にある支店「明石トンボプラザ店」にて実食紹介済み(引越し前ブログ「続、ものグラムな生活。(インスタントラーメン編)」にて)でしたが、本店であるこちらの御影店にはなかなか足を延ばす事が出来ず、約2年2ヶ月が経ち来れた喜びは大きいものでした。到着は23:06。

場所は兵庫県神戸市東灘区御影本町、約40kmの道のりを経て到着。

「ほんまに地元って灯台下暗しでいけてないねんなぁ、わぃのスタイルは全国広く浅くタイプやから今後は地元ももっと紹介させて頂かななぁ....」

そんな事を思いながら、いよいよ「賀正軒 御影店(本店)」にインしました。

スポンサーリンク

「賀正軒 御影店(本店)」にて。

今回ご縁のあった「賀正軒 」は元々とあるラーメンチェーン店の1店にて営業していましたが、店主である岡田信子氏の「私の思いはどんどん進化して、自信をもって安心、安全な料理をお客様に提供したい!そんな思いから、自店で自分たちが厳選した食材で1から手作りのスープを作る道を選びました。」想いから始まり、2015年9月にこの場所にオープンさせた店舗です。

現在では三宮店、武庫之荘工場直営店、明石トンボプラザ店、賀正軒SOLO六甲道店、さらにはハワイホノルル店を運営する程に大きくなった店舗で、チェーン展開ではあるものの、御影店、武庫之荘工場直営店では専属スタッフにより豚骨を丸3日かけ作られている本格派。

その味わいが支持され神戸の人々に愛される、こだわりの豚骨ラーメンを提供する店舗。

「今回はここでしか味わえへん変わり種頂くでっ!いや、これまえからきになっとってん〜!」

オーダーは券売機システム。好きな席へ座り食券を渡し、いざ待機。しかしその時は一瞬にして訪れました。

「はい!お〜ま〜たせしました〜、みどりです〜」

その名を聞くだけでは理解出来ないでしょう、しかしその仕上がりを見た瞬間想像出来るかもしれません。それは。

「うぉお〜!きたきた〜!翠賀正!豚骨にバジルやで!この相性確かめたかってん〜!」

クリーミーな豚骨ラーメンにバジルの香味油を使用した、異国麺文化ミックスの一杯は特に女性の方には堪らない仕上がりでしょう、しかし同じく私、「おっさんものグラム」にも堪らず、一度頂きたいと思いながら2年以上が経過する今回のご縁に興奮する瞬間でした。

「おっしゃ!いただきま〜す〜」

「あっ、やっぱりここはシルキーで臭み全くないクリーミー豚骨やなぁ、んでバジル、合うなぁこれはウマいぃ」

仕上がりの「映え」から実際の味わいまで、特に女性が好むだろう味わいが広がりますが、もちろん「おっさんものグラム」にとっても非常に新鮮な味わいなのは間違いなく(笑)、クリーム系バジルのパスタを思わせる風味が広がります。

麺は極細の特注麺を採用し、関西の地では非常に珍しい「粉落とし」からハリガネ、バリカタ(店舗推奨)、カタメン、普通、やわめんの6段階のゆで加減からオーダー出来るのもポイント。

今回はバリカタにてオーダーさせて頂きましたが、

「うわ、豚骨の細麺やから低加水のぱつっとした麺かなおもたけど、結構しっとりして適度な弾力もあってスープと一体感あるなぁ。バリカタって感じやないけどうま〜」

決して伸びた感覚は無い、想像以上に滑らかで適度な弾力がある食感はみずみずしさを憶える程ですが、しかし加水率の低い軽快で一瞬にして平らげられる美味しさに「替え玉!」とオーダーする方の割合が非常に多かったのも納得出来ました。

「粉チーズも嬉しい美味しさやったけど、思たんと違ったんはちょい甘みが強めやったかな、これは好みの問題やけど、いやぁええバランスやったわぁ」

無事1軒目のラーメンが実食終了となりましたが、楽しみはまだ残っています。

「あ〜!きたきた〜!から〜げ〜!」

実は食券手渡し時、「唐揚げに少々お時間を頂きますけどよろしいでしょうか?」と確認されましたが、それこそ絶好のタイミング。(笑)

熱々に仕上がったばかりの唐揚げに、フレーム外にオーダーしたご飯(小)との至福のひとときが待っていました。

「あぁ、ここはふわっとジューシー系やなぁ、一口サイズでメシと超合う、んで味付けの塩梅もええ感じ。しっかり手作りなんが伝わって来てやっぱレベル高いでこれ、うま〜」

そうして約25分の滞在を経た、「超満悦腹一杯ものグラム」に与えられている目的地は遥か彼方。

「いや、超元気なったし今からばりばり走って明日は未踏の地やで〜!っしゃ〜!あ、ごっつぉさんでした〜!」

この訪問実食にて気分は高まりさらに元気になる感覚でしたが、この先に与えられた道は決して楽勝では無く、それを全く知らず喜んでいたこの時こそ「幸せ」に感じられたのかもしれませんでした。

次回は深夜の睡魔との戦い。

はい!以上、今回も、「ぜんっぜんダイジェストちゃうやんけ?」でしたが、「ほ、ほんまやなぁ...」で終わるものとなりました(笑)。

しか〜し!この後からは目的地に向けひたすら邁進するのみですのでカット要素を多くダイジェストになります(笑)。

この後の道中は今までに体験して来た「経験値」から甘く見ていたのが露呈される事態が発生、それがその後、よりしわ寄せられるものとなるのを知らないままただ前進しますが、それって何?は次回のお楽しみに宜しくお願い致します。(いや、それが今日もまだダメージ残って消えて無い....んです笑)

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事