スポンサーリンク

どうもっ!ものグラムです。

今回は2021年3月16日夜〜18日に敢行させて頂きました、今年3発目の「黄金のクルマ旅(仮)」よりその3を進めさせて頂きたいと思います。

その2では兵庫県神戸市のレンタカー店にて車を調達し、一旦自宅である明石市へと戻り再出発。しかし体に負担をかけない様昼食を抜いた所、想像以上の空腹が襲った為、真夜中に地元の人気ラーメン店にて1軒目の実食をする事態になります。

では!いよいよその後からが本格移動となりますが、スムーズに進む事が出来たのか?ねむならんかったんか?見て参りましょう!宜しくお願い致します。

実食後より本格的移動開始。

「あ〜、ごっつぉさん〜うまかった〜。けどなかなか腹ええ感じでふくれたな...。」

賀正軒 御影店(本店)「翠(みどり)賀正」

クリーミーな豚骨にバジルオイルの風味がマッチしたパスタの様なメニューですが、頂くとやはりラーメンと言う絶妙なミックスを感じる美味しさに喜びを憶えながら完食。

「そういや福岡のラーメン海鳴(うなり)もラーメンジェノバってバジルのラーメンあったよなぁ、まだ未食やけどあれも食いたいなぁ」

そんな事を思いながら車に乗り込みますが。

「えっ、もう23:34?まだおもっくそ神戸やねんけど.....、ちょい今から集中して走らなあかんな!」

自宅を出発したのが20:56、そこから約2時間半で進んだ距離は約40km程だったのを改めて理解し少々の焦りを感じましたが、次に今回の最終目的地へとナビをセットすると。

「え〜っ!こっから470kmもあるん〜!しかも到着予想時刻6:55ってあんま寝られへんやん〜」

この時、小銭をケチり自宅の明石市から神戸市まで下道にて走行した事を悔やみます(笑)。

「いや!まだまだ元気や!今から上(高速道路)でばりっばりはしったるからな〜まっとれ〜!」

即気持ちを切り替え、1軒目実食の「賀正軒 御影店」を後にし、即高速道に乗り進みました。

「あ、とりあえずここで小休憩や」

兵庫県の阪神高速道路(自動車専用道路)から高速自動車国道である名神高速道路に入るといよいよ本格的な高速移動が始まりますが、そこでその波に乗らずなのが私、「ものグラム」です。

「あ、せや、とりあえず地元のサービスエリアも堪能したいし、土産コーナーリサーチもあるからちょい、ここで小休憩や」

そのサービスエリアとは「吹田SA上り」。

吹田とは大阪府吹田市の事を指す、地図上のフラグの場所で、この時0:01。

たった30分弱の走行で休憩を挟むのには理由があり、この日の遠征ライブ記事をスマホにて送信する為でもありましたが、土産コーナーにてリサーチも行いました。しかしやはり目新しいものは無し。

「あっ!今からさらに本格走行なるからな、ちょい気になったやんコレ、いただいとこか〜」

目を引き気になったものとは「ドリップ系コーヒー自販機」。深夜の走行に付き物の眠気との戦いに備えカフェインを摂る作戦となります。

「っちゅってもさ、わぃ、本気でこーしーの事ま〜たくわからんからさ、なにしよ?キリマンジャロの砂糖11gクリーム入りにしとこか!ぽちっと!」

本当のコーヒー好きならありえないでしょう、砂糖、ミルクもバッチリ入れたコーヒーを楽しみにそのボタンを押し待機します。

「な、なんか伝わる感あるやん〜、なんか、大阪らしくて、え、ええやん〜」

ドリップの様子がモニターに映し出されていますが、「あなたのために♡ドリップ中」に思わず癒される様な感覚を持つ、実は素直な私、「ものグラム」でもあります(笑)。

「〇〇注入ってゆうたら冷めてまいそうやからなんもゆわんとこ(ゆうとるがな笑)」

「おしゃ〜、ってかフタまで自動でやってくれるんはすごいなぁ。あっ、濃いなぁうま〜」

そうして、〇〇では無くカフェインを注入した所で再々の本格移動を始めようとこの場所を後にしました。

スポンサーリンク

「あ、あかん、ちょ、ちょいねむい〜」

この後から本格的走行を開始と思い真剣真顔にて運転をしますが、運転に慣れ変化の無い走行を約1時間と少しすると必須でやって来るのは「睡魔」。

「あ、あかん〜、ちょ、ちょいねむい〜」

そうしてピットインしたサービスエリアとは。

「な、なんかやけに若い元気な人が多いなぁ。」

滋賀県犬神郡多賀町にある「多賀SA(上り)」。この時1:33。

「ちょいリサーチ、やけどほんまに夜中やのにみな元気やなぁ、にしてもなんでこんなに若者が数十名、いや、100人位おるんちゃうん?」

この時間帯の土産コーナーで最近では見かけない賑やかさを感じながらリサーチしましたが、やはり調達する品はありません。そして、手を洗い車に戻る途中。

「あっ、これで若者が多かったんか〜、でも、コロナに気をつけながら楽しんで欲しいなぁ、でも油断はしたらあかんでっ!あっ、おっさんもな、ほんまや、き、きつけま〜す〜」

実は5台以上の大型バスが停車しており、その休憩時間としてこのサービスエリアが利用され賑やかだったのが判明しましたが、徐々に観光業が動いているのに対し嬉しさを感じたのは正直な所です。

しかし、楽しい時間だからこそ忘れてしまいそうになる大声での会話や密に対しては今後も徹底しなければいけないでしょう、それを見ながら我が身にも銘じ、しっかり手洗いをしいざ車に乗り込みました。

その直前最後に出会ったのは有名な信楽焼のたぬき。その彼もマスクをしっかり着用しながらここへ来る人々を楽しみに待っている、それを思うとより気持ちを引き締め進まなければと思いながら、眠気を一旦紛らわせ進もうと意を決しました。

次回こそは現地へ。

はい〜、その3で一気に進もうと思いましたが無理、やはりダイジェストじゃねえんじゃね?となる状況です(笑)。

本格的高速道序盤は頻繁にサービスエリアを利用させて頂きましたが、後半になるにつれその頻度もある程度低くなりますので、次回はかなりダイジェストに進むと思われます(ほんままいかいうそこけやな笑)。

今回はあまり進みませんでしたが、次回こそ!何処へ行ったのか?がおわかり頂ける様進めたいと思いますのでお楽しみに宜しくお願い致します!(正直未だ今回の遠征の体力は完全に回復していません....それもあり.....でした笑)

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事