スポンサーリンク

どうもっ!ものグラムです。

今回は2021年3月16日夜〜18日に敢行させて頂きました、今年3発目の「黄金のクルマ旅in山梨(本)」よりその6を進めさせて頂きたいと思います。

その5では深夜のロングドライブから夜が明け、タイムリミットの9:00前ぎりぎりに最初の目的地に到着。前回より約1年ぶり、当ブログ陰の支えとなる「陰(いん)のものグラム」と待ち合わせたのは山梨県大月市にあるJR大月駅でした。

では!本当の意味で今からが初日スタート。今回はどんな麺を頂く旅になるのか?どないしてん?見て参りましょう!宜しくお願い致しますっ!

「1軒目オープンまで時間あるから下でゆっくりもどるで〜」

山梨県大月市に所在する「JR大月駅」

当サイト(ブログ)陰の支えとなり調達等をサポートする「陰(いん)のものグラム」と待ち合わせ、合流したのは9:14。

「どんくらいかかった?えっ?2時間かかったかぁ大変やったな、ごめんやった〜」

「陰のものグラム」の住まいは神奈川県で、東京の八王子駅を経由しここまで来てくれましたが、今回の様な遠征の用事がなければ絶対に来る事は無かった場所だそうです。

「なっ!写真送ったけど、本気で金やろこの車、こんなんほんまなかってんで〜」

「ほんとだね〜、ほんとに金だねぇ、目立っていいじゃん」

「いや、目立ちたいんちゃうけど、待ち合わせん時はすぐわかるかなおもて写真送ってんけど....、横から出てきたしな....」

そんな軽い会話を挟み、いよいよここからが本当の意味での初日出発でしょう、その1軒目ですが、実は元来た道を戻るルートとなっていました。

「1軒目がさ、11:30オープンやねん、2時間以上あるからゆっくり下道で進むわな〜、よしゃ〜しゅぱ〜つ〜!」

そうして初日、1日目の本スタートを切り車を進めました。

来た道を戻りながら初の地へ。

「今日さ、もう春やんなぁこれ、3月中旬ちゃうよなぁ、天気もええし、富士山もばりばり見えたで〜ってか今から見えるで〜」

「絶対さくら咲くよ〜、富士山も見れてさくさも咲いたら最高だね〜」

「いや、桜はちょい早すぎやろ?これでほんまにさくら咲いたらヤバすぎやろ〜」

そんな会話をしながら車を進め1時間と少しが経過すると。

「うっわ!これ最高すぎるやろ!ちょ、ちょい写真撮っとってくれへん?や、やば〜」

そう言いながらも車は赤信号で停車した為、私「ものグラム」も負けじと撮影しました。

高速道での衝撃の出会い以上により近く大きな超スケール感のある「富士山」を目の前にしたその瞬間、深夜の体力的辛さは完全に吹っ飛んだ後のボルテージアップ、久々に味わう「奮々」する感覚に酔っていました(笑)。

「そう!この画角、スケール感!スマホでも2倍ズームで肉眼とおんなじ位になったな!おっ、青進まな〜」

その後、運が良かったのか悪かったのか、この日この時は時間に余裕があった為前者でしょう、赤信号に捕まる度に数十カットを撮影、

「飛行機雲来てるよ〜」

「うわっ!まぢかっ!(運転中)」

よくよく考えてみると、ただただ富士山しか撮影していない為、実は遠征記事をご覧頂くにあたり非常に単調な時間となっていたのは後になり理解出来るものでした(笑)。

「ちょ、ちょい時間余ったから先にあっこ行こか!これも今回絶対行っときたい場所やねん」

「りょうか〜い」

そうして、その後着いた場所とは。

「おしゃ〜きた〜!道の駅〜!富士吉田〜!」

この到着した瞬間の喜びは今まで敢行させて頂いて来た中でもベストに入る瞬間、とうとう来る事が出来た達成感を味わう事が出来ました。

その場所とは山梨県富士吉田市にある「道の駅 富士吉田」。大月駅より約25km走り到着したのは10:35。

経路図で見えにくい為もう一枚地図を貼りますが、山梨側で富士山に一番近い都市部でもあり、先程の様に尋常では無いスケール感を日常的に味わう事が出来る場所でもありましたが、実は今回の遠征のターゲットとなる味わいはこちらでした。

「う、うどんぶりちゃんおるおる〜!」

それは、山梨県富士吉田市のご当地麺、「吉田のうどん」をターゲットにした為でした。

富士吉田市観光ガイド内「富士吉田を訪れたら絶対に食べるべき吉田のうどんの魅力に迫る!」にて「吉田のうどんMAP」より引用、ダウンロード、プリントアウト可

現在富士吉田市では約60店舗以上で提供される、この地の風土・文化により生まれた独自のうどんが名物でもあり、現地ではこの様に「吉田のうどんマップ」が作られ配布されています。「日本一硬い!?」と言われるそのうどんの美味しさは是非頂いておきたいと今回ターゲットとさせて頂きましたが、それを知ったのは実は家庭用カップ麺。

2021年3月に入り、私「ものグラム」の住まいの兵庫県のコンビニに再度並んだのは東洋水産が商品化した「日本うまいもんシリーズ山梨編 吉田のうどん」で、2019年12月2日が最終リニューアルにも関わらずで、実は「ご縁あり」と思いターゲットにさせて頂きましたが、2015年6月に初めてこの一品を頂いた時、「いつか必ず実際に行って食べてみたい」と思いを綴ったのが現実になる瞬間。

「ってか!やっぱ富士山近くやん、カップふためっちゃ盛り上がって膨らんどるやん!?気圧でやな、これかぁ」

パッケージトップであるフタ部分がこんもり膨らみ、この場所の気圧の低さを感じた時点でとうとうこの地に来れた、想い、願いをぶつぶつ言うとその中でご縁ある場所に行けるものだと、この段階で総走行距離630kmを超えた身にとっては「オアシス」の様に感じられる瞬間でしたが、

「いや、吉田のうどんは明日!今日はラーメンでいぐでっ!」

とりあえず「吉田のうどんマップ」を自分様に数枚調達する事に成功、それを大事に持ち帰る作戦が終了しました。

スポンサーリンク

1軒目へ、到着。

「吉田のうどん食べたい?」

「ううん、言ってたラーメン店でいいよ〜」

「道の駅 富士吉田」の滞在時間は約15分。再出発は10:50となっていました。

「お〜し!こっから行って着いたらオープン10分前くらいにんるんかな、いってみよか〜」

そうして、最後の工程、往路で来た道に戻り走らせ、いよいよ到着。

「ん.......、だ、だれもおらん........」

「ちょっとはやかったんだね〜」

その場所に到着したのは11:10、オープン20分前では少々早過ぎた様でしたが、その約10分後、次に来た車の中から出て来た方は即店舗前に行き、なにやら記帳している様でした。

「わっ!記帳タイプ?し、しらんかった!」

と、慌て即車を出、その後に続き2番手に記帳完了。

その後、開店5分前になる辺りから続々と来客があり、オープン時には10組20名以上がそのオープンを待つ、静かな行列が出来ている様な展開でした。

その店舗はこちら。

「こ、ここかぁ、今回来る直前まで予定に入れてへんかったけえど、めっちゃ人気やねんなぁ、とりあえず2番手で押さえられて良かったなぁ、って、めっちゃ腹減って来た.....」

いよいよこの日初、2度目の山梨県、本腰据えて頂く人気ラーメン店の味わいを楽しみに今かと待ちわびる瞬間が訪れました。

次回は1軒目実食。その店舗は?

はい!以上となりましたが、端折ろうとして綴った結果は毎度のダイジェストちゃうやん?遠征記事でした(笑)。

でも、思った事はいづれ形になると、カップ麺を頂き約6年弱の時を経て実際に来る事が出来た瞬間はそれを忘れてはいましたが(あかんやん笑)、想いを綴り残すとそれがいつかは達成出来るのだとも思えた一期一会でした。

では!次回は到着した1軒目の店舗の詳細をお伝えさせて頂きますのでお楽しみに!宜しくお願い致します!

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事