スポンサーリンク

どうもっ!ものグラムです。

今回は2021年3月16日夜〜18日に敢行させて頂きました、今年3発目の「黄金のクルマ旅in山梨」よりその9を進めさせて頂きたいと思います。

その8にて山梨初日の2軒の訪問実食メニューが終了しましたが、その後の時間はフリー、時間に余裕が出来た為観光もさせて頂きたい、そう思い次のスポットを目指しました。

では!どこ行ってん?リベンジってなんや?見て参りましょう!宜しくお願い致します。

「2軒目も大正解やったなぁ。さてっ!ここまで来たらあっこ行くかっ!」

「いやぁ、2軒目も大正解やったなぁ。あの雰囲気はそうそう感じられるもんちゃうし懐かしい味わいがよかったなぁ」

山梨県大月市にある2軒目の訪問実食となった「宝来軒」

「さてっ!もうここまで来たらあっこ行くしかないやろ!またまた戻るけどあっこいこか〜!」

「おっけ〜、りょうか〜い」

実は今回2軒目の「宝来軒」で私「ものグラム」、そして当サイト陰の支えとなる「陰(いん)のものグラム」の胃袋具合は超MAXで、正直苦しさを憶える程でしたが、しかしなんとか前向きに進もうとする気力体力はあった為まだ大丈夫でしょう。

実食終了は13:31、車に戻り13:40、再び「黄金のクルマ」にて次の目的地へと移動を開始しました。

しばらく車を走らせると、

「あんなにお腹いっぱいだったのに、もう苦しくなくなったよ〜」

「あっ、ほんまやな、そういえばあんなに苦しかったのに、なんかすぅと気つかんまに楽なったな。やっぱ脂分も少なかったし優しかったんかな、めっちゃ不思議な感覚やな....」

胃袋MAXで夜の楽しみの「宴」すら怪しい気配がありましたが、それが嘘の様に引くのは「宝来軒」の胃にもたれない仕様のラーメンだからこそでしょう、逆にいえば腹持ちは悪いかもしれませんが、個人的には非常にありがたいものでした。

「っしゃ!戻って来た〜!こっからやな!」

「っしゃ!また富士吉田に戻って来た〜!こっからやな!」

「ここ絶景スポットだよ〜、ほら、富士山めちゃおっきく見える所!」

「あっ、商店街に巨大な富士山見えるとこか!ってかやっぱ昼過ぎたらちょい隠れてもたな....」

ちょうど赤信号にて停車した場所は「富士山絶景ポイント10選」(一般財団法人 ふじよしだ観光振興サービスが運営する「富士吉田市観光ガイド」内)に選ばれている「金鳥居」と言う場所でしたが、実はそれを今知った為ゾッとしています。(毎度ですが、「ほんまに黄金やん....」)

個人的には朝から2往復目となる富士吉田市でしたが、大月市にある「宝来軒」から今回は下道にて約50分経過し14:33に通過となりました。

「今日はさ、せっかく朝から富士山富士山やったからさ、しめも富士山で行きたいやん?メロディーロードあるやん?もうすぐ到着やで!今回は絶対に失敗せえへん様に走るからな〜いぐで〜!」

「富士山のメロディ楽しみだね〜」

実食メニュー終了後、次にターゲットにしたのは「メロディロード」。

道路の一定区間を一定の速度で走ると、本来は走行時のタイヤの摩擦音、ノイズを有効利用し音程を持たせメロディにしてしまう素晴らしい道でもあります。

以前、2014年には長野県茅野市のメロディロードを走行、それを動画化しましたが一定速度で走行出来ず、「なんの曲かわからん」事態にて終了した悲しい過去がありました。

その「なんの曲かわからん」事態に陥った動画は今もアップ中。(基本昔も今もやっている事に変わりはありません笑、気になる方はぜひそのヘタクソ具合をご覧頂ければ(お恥ずかしいですが笑)と思います(音声注意です))

約7年前にアップするこの動画は長野県、茅野市にある車山ビーナスライン上に設置されたメロディロードで、40km/hにて走行するとあのサイモンとガーファンクルの「スカボローフェア」のメロディを奏でるものでしたが、低速にて一定走行する難しさから「パセリ セージ ローズマリーにタイム」辺りしか認識出来ない(もしくはそれもわからない笑)不甲斐無さがありました。

今回そのリベンジを果たす事が出来るとターゲットした場所ですが、あの「富士急ハイランド」近くの森林の中に設けられた一本道にありましたが、さらにズームアップ。

実はこの道路は富士河口湖富士線という道路ですが、その中に設けられたのはメロディーポイント(県道富士河口湖富士線)、50km/h一定走行にてあの「ふじの山」のメロディーが聞こえて来る、山梨県初の試みにて完成された道でした。

「ちょ、静かにしてや〜、もうちょい...」

「もうすぐ?」

「しっ!もうすぐや!(おっしゃきた〜(ジェスチャー)」

約7年ぶりのメロディーロードリベンジの瞬間が訪れました。

「んあぁ、惜しいなぁ....、後半ちょいへたばって遅なってもたなぁ....」

少々の上り坂を50km/hで走行開始しましたが、途中まで完璧と思った瞬間からアクセルワークにブレが生じ、踏み足りなかった不甲斐なさを感じます。

「いや、でもメロディロードってめっちゃムズいねんな.....。あともうちょいやってんけどなぁ」

そんな事を言いながらも、一応誰が聞いても「ふじの山」と形に出来た、「リベンジ」は果たす事が出来た様に思い、その先を進みました。

スポンサーリンク

「っしゃ!このまま5合目まで行こか!んへ?」

あくまで超個人的な「メロディーロード」リベンジを達成した後の事。

「こっから富士山5合目までいけんねんて!わぃは小学生以来かな、なんかポテチの袋がほらふくらんだ〜ってのが印象的やねんけどさ、自分で行くのは初めて....、ってかめちゃたのしみやんっ!」

「さっき料金所で4合目までしか行けないけどいいですか?っていわれたよ?」

「んへっ?ま、まぢでっ!?ぜんっぜん聞いてへんかった!」

メロディーロードを過ぎた先には有料区間の「富士スバルライン」がありましたが、その当時の記憶は

「○×△ですがよろしいですか?往復で2200円になります」

「あ、はい、2せんにひゃけん、はい〜(思ったよか高いな.....)」

相変わらず「超てけと〜ものグラム」は陰のものグラムの一言により富士山4合目までしか行けない事を後で知りながら進みました。

「なんで4合目までなんやろ?なんかヤバい事なっとんやろか?」

そんな会話をしながら、有料区間の「富士スバルライン」を人生で初めて自らの意思で走る喜びを感じながら進みました。

「到着〜、......。」

「つ、ついた〜、ってかガードマンに止められたって感じかな....到着〜、.....。」

富士山四合目に設けられた駐車場は「富士スバルライン 4合目 大沢駐車場」で、標高は2020m。この時15:27。

「5合目行きたかったなぁ、な、なんかちょいさびしめやん〜」

そんな想いを抱き到着しましたが、「メロディーポイント」から約18kmの道のりを経て、とうとうあの富士山の麓に来れた事自体には喜びがありました。

「ん、んでも....。」

「くもっとるなぁ....」

「う〜ん、下、めえへんなぁ.....。」

「あっ!みえた!けど、ちょい遠目で見た方が絶景なんやなぁ....」

と、4合目からの眺望は昼以降の雲に覆われ、早朝からの絶景に慣れていた私、「ものグラム」にとっては不本意な結果に思える瞬間でしたが、逆を思えば朝から昼までよりクリアな「富士山」を眺める事が出来たからこそ感じた、「欲張り」な想いだったのかもしれません。(実はこの5日後に4〜5合目の間で大雨による4箇所の土砂崩れがあり、それにも驚かされました)

「でもっ!こうやって富士山来れたんやなぁ、結構ええ時間なったから帰ろかっ!」

そうして、山梨県初日のメニューは終了。かと思いきや。

次回はチェックイン?

はい〜、やっぱり遠征ダイジェストは完全なる「ウソ」になってしまいましたが(笑)、メロディーロード、いかがでしたでしょうか?

リベンジ達成と言いながら完璧な一定走行は出来ませんでしたが、一応誰が聞いても「ふじの山」のメロディーは奏でられたかなと勝手に思っています(笑)。

では!山梨初日の自由枠のメニューもこなし最後の工程へと進みますが、実はこの先が長かった....、とは一体?お楽しみに宜しくお願い致します!

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事