スポンサーリンク

どうもっ!ものグラムです。

今回は2021年3月16日夜〜18日に敢行させて頂きました、今年3発目の「黄金のクルマ旅in山梨」よりその12を進めさせて頂きたいと思います。

その11では、約24時間走り続けた後に到着したホテルにいよいよチェックインしましたが、まさかの「貸し切り」状態だというのが判明し、就寝するまでの間、夢の様な「ゴールデンタイム」を朦朧としながら過ごしましたが、その後「ちゃんと起きれるかめちゃ不安」な気持ちを抱えながら意識を失うかの様に休みました。

では!今回からは最終日の山梨2日目。無事起床する事が出来たのか?その部屋から見える景色とは?見て参りましょう!宜しくお願い致します。

「う”、う”〜ん.....」

「う”、う”〜ん.....、んな”、な”んじ.....?」

薄暗い部屋の中、カーテンの隙間から優しい光が漏れているのに気づいたその時、5:38。

「ちょ、さすがに早すぎやろ....あっ、せや、せっかくええホテル泊まっとるのに部屋からの景色見てへん....、ちょい明るなってきたかな?わ、わぁっ!」

「こんなばりばりええポジションのホテルやったんかぁ、昨日着いんが晩やったからぜんっぜんわからへんかったけど、こ、コレはやばいなぁ....、しかも今日もばりばり快晴やんか、............ってかあかん、ね、ねる〜」

実は早朝の富士山を押さえると昨日夜に脳内インプットしていた為この時間に目が覚めたのだろうと思いますが、「いや、よ〜こんな朝に目覚めたなぁ」と言う思いの方が強く、奇跡的な一枚を撮影する事が出来田と思うと、即二度寝モードへと突入しました。

しかし、眠りながらも、

「ちょっとづつ明るなってくる富士山もとっとかな」

と思っていた為、浅く短い睡眠を何度か繰り返す事しか出来ませんでした。

「いやぁ、朝は空気澄んどるからキレイやなぁ。ってか雲ひとつない快晴や。でも雲の状況は随時変わるやろから今のうちに押さえとかなあかん」

この時6:27。

「ちょ、もうちょいとだけ、ねさせて〜、帰りまためっちゃ走らなあかんから〜」

そう思いながら、すっかり明るくなった部屋の中でさらに一眠りしました。

「おっしゃ、これで完全夜明け、おはよ〜やな〜」

優しかった陽の光はより力強くなりいよいよ21年3月18日、山梨県2日目最終日を迎えます。この時7:50。

「とりあえずちゃんと寝れたって感じかな、さてと、朝もわぃの為に大浴場オープンしとるから利用させてもらわな悪いし、もいっかいみそぎ〜」

そうして、利用客1名、完全貸し切り状態の為、1名でもオープンする大浴場を思い利用させて頂きました。

「あ”〜、朝風呂は気持ちええなぁ。ほんまに昨日の晩もやけど、今日もまだゴールデンや〜」

そんな事を思いながら、昨日に続き長風呂が出来ない私、「ものグラム」はたった約10分の「ゴールデンなひととき」を堪能し部屋へ戻りました。

「ゴールデンタイム」を提供してくれたホテルとの別れ。

部屋に戻ってからは散らかしたゴミを片付け、機材等を収納、顔まわりのセッティング(洗顔・髭剃り・歯磨き等笑)をすると9時が過ぎました。

「今日は9時半出発やな、んで1軒行って、その後すぐ2軒目、もうそっから帰路でもええくらいやな。ってか2日目のメニューってタイトやなぁ」

そう思いながら、この時まで定まっていなかった訪問実食先を決定し、最終チェック。

「あっ!せやせや、このホテル、コレが特徴やってんや、みてみて〜」

他の地域ではおそらく見る事が出来ないでしょう(未確認ですが...笑)、富士山に見立てた「富士山逆三角折り」。雪を被った線まで再現されていますが、目の前に富士山があり、さらにトイレにまで身近に感じる事が出来るのは素晴らしさ。

「おっしゃ〜!準備完了!チェックアウトや!もう寝られへんで〜!」

最後に、富士山とツーショット。この時点ですでに雲が出て来ていますが、快晴は続きました。9:27。

「ありがとうございました、ゆっくりさせてもらいました。あの、富士山ですけど、2日連続でこんなキレイに見れるのって珍しい事ですか?」

「そうですね、比較的綺麗に見える時期ではあるのですが、2〜3日前はあいにくの天気でした。お気をつけて行ってらっしゃいませ。」

2日間連続で快晴、しかも富士山自体を2日間眺める事が出来るのは希少なのではないかと思い、チェックアウト時にお聞きしましたが、春のこの時期は比較的天候が良く眺めは良いそうです。(しかし訪問前、訪問後の天候は悪かったのを後で知り、やはり恵まれていたのを感じました。)

「おっしゃ黄金カー、ほんまゴールデンやな、おまいも半日よ〜やすめたか〜?今日もちょいしんどいかもやけど帰りもたのむで〜よろしゅう!」

「あ、んでほてる〜!ありがとでした〜めちゃええ空間やった〜、次来た時また利用させてもらうかもやけど、そん時はよろしゅう〜、またな〜!」

そう意を投げかけ、いよいよ最終日残り2軒の実食に向け走り出しました。

スポンサーリンク

次回は最終日実食へ。

はいっ!今回は割とライトにここまでとなりますが、いよいよ「黄金のクルマ旅in山梨」も佳境となります。(やっとかと思われるでしょうが、わ、私もです(笑))

黄金のクルマがヒントとなった「ゴールデンタイム」はまさにホテル滞在時のものでしたが、2日間とも富士山がしっかり姿を現し訪問を迎え入れてくれた様に感じられた事が何よりも黄金だったのかもしれません。

次回以降は訪問実食をメインに進みますが、ラスト2日目の2軒はどんな店舗?味わい?お楽しみに宜しくお願い致します。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事