スポンサーリンク

どうもっ!ものグラムです。

今回は2021年3月16日夜〜18日に敢行させて頂きました、今年3発目の「黄金のクルマ旅in山梨」よりその14を進めさせて頂きたいと思います。

その13では最終2日目の1軒目をターゲットし向かいましたが、その到着は前日から2度目の訪問でもある「道の駅 富士吉田」。その敷地内で営業する「軽食コーナー」の「吉田のうどん」を頂きましたが、人生初の店舗での「吉田のうどん」は日本一硬いと言われているうどんを体感、しかし非常に親しみ易い味わいに完食後の達成感は大きく終了します。

では!今回は「黄金のクルマ旅in山梨」最後の訪問実食。それどこやねん?どんなうどんやねん?見て参りましょう!宜しくお願い致します。

「おしゃ!最後の実食いくか〜!」

「おしゃ!最後の実食いくか〜!」

念願のうどんぶりちゃんの「うどんぶり」をゲットした車内にてtwitterのツイートをした後、最終目的地であるこの日2軒目の訪問実食先をカーナビでセットします。

「あ、めっちゃ近いやん、時間ちょい余るかもやけど、並んどるかもしらん、んな最後!楽しみにいくか〜!」

「それにしてもやっぱものすごいゴールデンやなぁ、でも意外と馴染んで目立たん感じやなぃ?」

そんな事を思いながらいざ車を走らせました。この時10:35。

「ついた〜!ん......?」

「2軒目って確か木に囲まれた隠れ家的な佇まいなんよな、この辺り、あっ、コレか!調べといてよかったな、カーナビもここまで案内してくれへんかったし....ってついた〜!ん......?」

「道の駅 富士吉田」から距離にして約4.2km、思いの外スムーズに進み到着したのは10:45。

下調べ時、「木々に囲まれた」難所とインプットしていましたが、それがあった為非常にスムーズに来る事が出来ましたが、店舗オープンは11時。

「だ、誰もおらんし、神戸ナンバーが開店前に嬉しそうに1台とまっとんもなぁ.....、ちょ、ちょいぐるっとまわってからも一回来よか.....。」

ふとそんな事を思い、時間を潰し再びやって来たのは10:55。しかしこの日はオープン待ちの来客者は無く、車内にて嬉しそうに待つ私、「ものグラム」がいました。

その店舗とは?

スポンサーリンク

吉田のうどん2軒目は「麺’ズ富士山 富士吉田本店」。

「っしゃ開いた〜!いちばんでご〜や〜!」

実は今回の「黄金のクルマ旅in山梨」のメインは2日目の「吉田のうどん」を訪問実食する事で、浅く広くながら一応47都道府県を制覇した後は家庭用に商品化されたラーメン以外のご当地の麺も頂きたいと企画し来させて頂きましたが。

「いやぁ、やっと来れたなぁ、麺’ズ富士山!こんなとこにあるとは全く思わんかったなぁ」

「吉田のうどん」2軒目にターゲットし訪問させて頂いたのは「麺’ズ富士山(ふじやま) 富士吉田本店」。

道の駅 富士吉田に大きくコーナーが作られているカップ麺は東洋水産「日本うまいもん 吉田のうどん」

東洋水産よりカップ麺として販売される「日本うまいもん 吉田のうどん」を監修したのが「麺’ズ富士山」で、「吉田のうどん」を頂くallnoodles旅としてはマスト。

2004年8月4日にオープンした「麺’ズ富士山」店主は刑部(おさかべ)正人氏。現在は山梨県内に3店舗を経営する人気店でもあります。

「道の駅でカップも買うたし!先に店のうどんはどんな感じっ?めちゃ楽しみすぎやねんけど〜入る〜」

そうしていよいよ店内に入りますが、実はうどんを提供する店舗には慣れておらず、少々緊張していました(笑)。

「おじゃましま〜、ってかめっちゃ広いな!水セルフよし、漬もんもフリーでセルフなんやぁ。今回は水もろて、と。」

そうして一息つきましたが、慣れないうどん店にてしかも初の地域の感覚は「超アウェー」でしたが(笑)、「実食モード」に切り替えオーダー体制に入りました。

「メニューけっこうあるなぁ、やっぱ最初は肉うどんいっときたいけど、肉ご飯も食べてみたい....けど多分胃袋許容量オーバーやろな....。つけうどんもあるねんなぁ」

「おっ!ここもオーダーは記入式なんや、ってか3玉とかむりむり〜やけど、食べ盛りやったらぺろっといけるんやろなぁ、決めた!おねがいします〜」

そうして、「麺’ズ富士山」にて2食目の「吉田のうどん」をオーダーし楽しみに待ちました。

「麺’ズ富士山 富士吉田本店」初の一杯は限定。

「はいお待たせしました、富士山天ぷらうどんです〜」

「お、おわわっ!」

「ものすんごい迫力!ラーメンやったら特製とかトッピング全盛り的な感じばりばりすんねけど....。」

今回オーダーさせて頂いたのは店舗おすすめ、数量限定の一品、「富士山天ぷらうどん(1玉)」。しかし、想像を絶するその迫力は写真ではお伝え出来ないのが悔しく感じられる程で、この日最後の実食とするのは間違いではありませんでした。

「この富士山かき揚げやばない?型に入れて揚げとんやろな....、こん中はどないなっとんやろか?」

そんな事を思いながら実食へと移りました。

「味噌汁の様な味噌感やけど、ここも味噌と醤油のブレンドつゆやんな。」

そうして一口頂くと、味噌が前面に出た魚介と醤油の支えのある甘みある味わいが広がりましたが、奥の深さがあるすっきりした美味しさがもう一口、さらに一口と誘う美味しさがありました。

「うどんはやっぱ太くて弾力よりも硬さを感じさせるんが吉田のうどんなんかなぁ、グルテンってかんじやなくてごりっとした粉の密度というか、素直な歯切れのこの感覚、ありそうで無いんよな、でもパワフルでうまいなぁ」

うどんの滑らかさや弾力よりもあくまで硬いぎゅっとした力強さ、適度な重さこそが「吉田のうどん」では無いか?と、まだ2軒目の実食の為答えは見出せませんが、頂き易い美味しさ感じながら確実に麺自体の重さも感じさせ、やはり今回の実食を最終とする判断は間違いでは無いと確信させました。

「富士山かきあげの中ってどうなっとんやろ?」

「ああっ!たまごかぁ、このアイデアは嬉しいなぁ、あ、たまご甘い味付けでとろとろ、かきあげもしっかり揚がっとってうまい、肉は吉田のうどんの馬肉煮とはちゃう豚やけどバッチリ、キャベツ、ワカメ、ねぎ、にんじん。超具沢山で全部うまくて超満腹!」

そうして満足度の高い完食となりましたが、想像以上のボリュームに胃袋許容量は9割を超えていました。

「ごちそうさまでした〜、あ、700円っと、(んへ?このボリュームで安すぎへんか?)」

オーダー時には目に入っていなかった価格が後に700円だという事を知り、そのコスパに圧倒させられ実食終了となりました。

「いやぁ、超ボリューミーやけど繊細さがあるつゆとの相性が絶妙やったなぁ、帰ってからカップ実食楽しみやなぁ」

その頃には次々に来客があり、店内は徐々に賑やかになる、この時11:20でした。

次回はようやくのラスト、帰路へ。

はい!以上、今回の「黄金のクルマ旅in山梨」の訪問実食メニューが全て終了となりましたが、いかがでしたでしょうか?

2日目のメインとして訪問実食させて頂いたのは「吉田のうどん」でしたが、2軒で満腹になるパワフルな麺が印象的でしたが、味わいとしては非常に馴染み易く美味しいうどんでした。(今後のshopmenfile、collectionfileにてその詳細をお伝えさせていただきたいと思いますのでお楽しみに)

次回は長きに渡りぐだぐだと綴って参りました「遠征ダイジェスト」(超ウソこけやったな笑)もラスト。残すは帰路となりますが、長く遠い道のりを時間内にて帰る事は出来たのか?調達品は?次回のお楽しみに宜しくお願い致します。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事