スポンサーリンク

どうもっ!ものグラムです。

今回は2021年3月16日夜〜18日に敢行させて頂きました、今年3発目の「黄金のクルマ旅in山梨」よりラスト、その15を進めさせて頂きたいと思います。

その14では最終2日目の2軒目、ラストの訪問となる「麺’ズ富士山(ふじやま)」にて「吉田のうどん」を頂きましたが、想像以上のボリュームに驚かされながらもなんとか完食、この日の訪問実食メニューが終了しました。

では!残すメニューは帰路のみ。時間内に無事帰る事が出来たのか?総走行距離は何km?見て参りましょう!宜しくお願い致します!

「帰る前に、河口湖だけ行っときたいっ!」

「黄金のクルマ旅in山梨」ラストの訪問実食となった「麺’ズ富士山(ふじやま) 富士吉田本店」

最終2日目、21年3月18日の実食メニューは9:30にホテルチェックアウトから始まり、2軒目の「麺’ズ富士山 富士吉田店」実食終了は11:22、2時間にも満たず全て終了しました。

「思ったよかスムースで早よ食えたけど、もう帰らなあかんな。ん、んでも!帰るまでに河口湖だけは行っときたい!まだ時間あるやろ?」

今回宿泊したホテルは富士河口湖町にありながらも湖畔では無く、富士五湖で一番大きい「河口湖」だけは写真に押さえておきたい、その思いが急遽強くなりました。

「麺’ズ富士山ごちそうさま!山梨ありがとう!今回ゴールデンでたのしかったでぇ!ん?え?家帰るまでが遠征?わ、わ〜った!気つけてかえるわな〜!」

急遽湧き出た思いをそのまま投げかけ、最終スポットの河口湖を目指しました。

河口湖の撮影スポットへ。

「それにしても2日間ほぼずっと天気良かったんは奇跡的ちゃう?しかも雲もほんま少ないしな」

そんな事を思いながら進んでいましたが、それを思わなければ良かったのかもしれない、「話す=離す」事態が起こりました。

「河口湖って橋が掛かっとんやな、なかなか気持ちええなぁ。おっ!渡りきったとこに撮影スポットらしき場所発見!おしゃ!ついた〜!」

まずはその場所から説明させて頂きますが、「麺’ズ富士山 富士吉田本店」から約7km、河口湖大橋を渡り直ぐの場所でした。

その橋を渡り切った直ぐの場所を走行中から目視出来ましたが、その場所をクローズアップ。

地図右下のPのフラグがそのポイントで、たまたまとはいえ最高のスポットを押さえる事が出来たと喜びましたが、その答えとは?到着は11:40。

「ええ〜っ!こんな晴れとんのに、く、雲が〜!!ま、でも一応富士山は映っとるかぁ、でももうちょい雲ずれてくれたらなぁ....」

この時は気づいていませんでしたが、今後の課題として良き出来事は全て過ぎた後に「話す」と肝に銘じています(笑)。

「さて、と。もう12時前やろ、本格的帰路へ向かわなあかんな。」

そうしてカーナビをセットします。

「457km?なんかめっちゃ近く感じるな、でも高速で7時間18分掛かるんかぁ、んでも行きと比べたら楽勝!気つけながら帰るで〜!」

そんな事を思っていましたが、その道のりは前日の残り積もった疲労もあり全く「楽勝」ではありませんでした。この、「楽勝」も先に話してはいけなかったと気づくのは今現在で、普段から無駄に離してはいけないワードも放り投げていたのかと反省する次第です(笑)。

スポンサーリンク

睡魔に誘われ「休憩」したスポット。

河口湖の撮影スポットから即高速道に乗り兵庫県神戸市のゴール手前まで「ALL高速ドライブ」が始まりましたが、往路とは比べ物にならない回数の睡魔が襲い、それに誘われる様に何度もSA(サービスエリア)に停車する事となりました。

最初に休憩したのは「NEOPASA駿河湾沼津(下り)」。ラーメン界で有名な石神秀幸氏がプロデューズする、「麺屋 道神 NEOPASA駿河湾沼津下り店」がありましたが、「吉田のうどん」のパンチがずっと胃袋に残っている為、実食に至る事は出来ません(笑)。

この地図から富士山が見える、まだスタートしたばかりである事が「バレバレ」ですが、この時12:50。

「覚悟の遠征」として2020年9月22日夜〜24日に敢行した「全クルマ旅in石川・長野・山梨・静岡」にて停車し、全く同じアングルの写真を撮る2度目の休憩。その場所は「NEOPASA静岡(下り)」。

「前は実食で来たんよなぁ、あれからもう半年かぁ、なんか感覚おかしなりそうや....。」

到着は13:38、たった50分のドライブ内で睡魔に襲われ停車しますが、全く進んでいません(笑)。

「おっ!前に実食したお店!今回はちょい人少ないかなぁ。あっ!こんなところでお土産麺ゲット!これは嬉しいけど、前回全く気づかんかったなぁ」

その後は順調に進みましたが、気分転換と思い新東名高速から東名高速に乗り換え移動、そして楽しみに停車した場所とは。

愛知県新城(しんしろ)市の「新城PA(下り)」。

「新東名のNEOPASAは最新の施設で快適やけど、この東名の懐かしい感じのサービスエリアも味わいたかってん!調達品は無かったけど.... 」

この時点で静岡県から愛知県へと県をまたいだ瞬間となり、いよいよ愛知県から近畿圏へと近づきますが、帰宅まではまだまだです。

「おおっ!観覧車がある〜!」

停車したのは愛知県刈谷市の「刈谷PA(下り)」。15:36。

「今日はずっと睡魔におそわれてほんばでぃじんどい。けどなんとか名古屋やなぁ。土産品も名古屋名古屋になって来たな」

小休憩と軽くリサーチし眠気を覚ませ、即移動開始。

東名高速道から新名神高速道にルート変更し停車したのは三重県鈴鹿市の「鈴鹿PA(下り)」。16:31。

「あと150kmかぁ、時間的には問題ないやろけど、今回帰路しんどいなぁ....。あ”、三宮着いてからおんもい荷物持って電車でかえらなあかんねんやった....あ”〜」

実はレンタカーを返却する兵庫県神戸市から同県明石市の自宅までは電車を利用しなければならず、非常に嵩高(かさだか)い荷物を持ち電車に乗り込まなければならない最終の難関が待ち受けていました(笑)。

そしてラストの休憩はこちら。

滋賀県大津市の「大津SA(下り)」。17:27。

「ロングドライブ遠征」をしていると、滋賀県をまたいだ瞬間に家に帰って来たのと同じ位の「ただいま感」を感じる事が出来ますが、実際には家まで100km以上あります(笑)。

「いや、でももうな、土産品見てもおもいっきり関西やし帰った感あるなぁ。あともうちょい!最後の大阪を越えたらゴール間近や!」

そうして、この後約1時間少々真剣モードで走り、無事ゴール。

「あ”〜、長かったなぁ、18:41か、思たよかはよ着いたけど、電車こんどるやろなぁ....。1466km!1500いかへんかったかぁ」

ゴールのレンタカー返却場所は赤いフラグの場所で、厳密には18:42でした。青いスポットは私「ものグラム」の活動拠点である自宅。電車にて約30kmの最終移動が待っています。

ちなみに、外実食を始め約3年9ヶ月の中で歴代No.1の走行距離、1466kmをマーク。偶然ではありますがこちらも「ゴールドメダル」でした。(ちなみに3位は「全クルマ旅in石川・長野・山梨・静岡」(2020年9月22夜〜24日)で1149km、2位は「超ロングドライブ遠征in山陰」(2019年8月27日夜〜30日)で1274kmでした)

「ゴールデン!ノート!今回めっちゃ長距離おつかれさんでありがとさんやったで!なんももんくゆわんとよ〜走ってくれた!鬼やったかもしらんけどめちゃ感謝しとるで!またここ来た時会えたらええなぁ。忘れへんからな!んな!」

そう思いを投げかけ、車内に無数あったビニール袋の中に入った調達物をまとめ、いよいよ電車移動開始となりました。

「うわっ。お、おんも〜。リュックもパンパンやし、デカい袋2つ、これはヤバイヤツやな....だいじょぶかな....」

そんな事を思いながら電車に乗り込み、なんとか無事に帰宅する事が出来ました。

「ああ〜、だだいば〜。ぎょははやめにやすむで〜」

到着は20:07、この後に調達品を写真に収め、遠征ライブ記事を書き始めますが、間違いなく今までで「一番キツく、一番楽しい黄金の旅」だったと思いながら遠征記事の筆を進める準備をするのでした。

今回の調達品。

はいっ!以上!約1ヶ月半近く掛けゴールへとたどり着いた「黄金のクルマ旅in山梨」でしたが、いかがでしたでしょうか?

今回は【遠征ダイジェスト】としてまとめるつもりでしたが、最初の書き始めから「もう無理」と思っていましたが(笑)、結果それで良かったのかもしれないと思っています。

「黄金カー」との出会いから始まった「豪華」な富士山との出会い、宿泊先での時間はまさに「黄金」でしたが、それだけで無く今までで1番の長ロングドライブ、そして実は今超驚いているのが記事ゴールの本日(2020年4月30日)が「ゴールデンウィーク」真っ只中で、全く計算なしの偶然だと言う事です。(そんな計算が出来る程器用ではありません笑)

そんな無理やり的な締めとなりますが(笑)、今回の調達品をご覧頂きましょう!今後全て必ずコレクション記事化します!

まずは家庭用カップ系から4品ですが、遠征記事中にも出て来た「日本うまいもん 吉田のうどん」。実際には既に1個を調達していましたが、比較等でもう一つ欲しいと思った時既に遅しと思いさらに1個ゲット。

「藤商 富士宮やきそば」は「【遠征ダイジェスト】真夜中の葛藤、「ね、寝れん...」 その4 Column0497」にて出会ったものですが、新東名高速道「浜松SA(上り)」にて調達。「うどんぶりちゃん監修吉田のうどん」、「ほうとう」は「道の駅 富士吉田」にてゲット。山梨は「ほうとう」も有名でしたが、訪問実食をする事が出来なかった為、次回に持ち越すと共に先に家庭用をコレクトしようと調達。

次は家庭用生麺タイプコーナー。「麺’ズ富士山(ふじやま)」の生タイプうどん、ほうとうとラーメンがひとつになった「ラーほー」は超魅力的で即ゲット。箱タイプの「トマトほうとう」も非常に気になりゲットしましたが、後は吉田のうどんの「濃縮つゆ」、「すりだね」も調達しました。

最後は「今回の遠征とは関係ないけど絶対欲しいコーナー(笑)」。静岡万調ラーメンは往路の浜松SAにて「藤商 富士宮やきそば」とセットで調達。

それ以外は復路のSAにて調達ですが、生タイプの「富士宮やきそば」は「NEOPASA駿河湾沼津(下り)」にて調達、マルちゃんの「焼そば」、「藤枝朝ラーメン」は「NEOPASA静岡(下り)」にて調達。計13点(撮り忘れた「うどんぶり」を入れると14点)と品数は少ないかもしれませんが、その嵩(かさ)と重さは半端なく、「実際に足を運び調達」する大変さを感じながら、「それこそが幸せ」とも思いながら撮影させて頂きました。

以上!2021年の計4発の遠征記事を全てアップ完了しましたが、今後の遠征は当分見送りとなる為、調達品全てをコレクション化する為邁進致します。次回の遠征はどうなるのか?また長い目でお楽しみにして頂けますと幸いです。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事