スポンサーリンク

どうもっ!ものグラムです。

今回は現在進行中の3発目遠征、「黄金のクルマ旅in山梨」を挟み、2021年4月7日〜8日に敢行した4発目の模様をダイジェスト進化系、「スーパーダイジェスト」にて進めさせて頂きたいと思います。

今まで【遠征ダイジェスト】と謳いながら実は通常の「より詳細に」長々と進めてしまう癖から抜け出せずにいますが(笑)、今回は写真をメインにより簡潔に進めて参りたいと思います。

今回の旅のテーマは「家庭用麺商品化店舗の味わいを頂く」。今までは商品化店舗以外の味わいも分け隔てなく頂いて来ましたが、その地の空気を味わい、実際の店舗の味わいを頂く、さらに帰って来てそれらの家庭用麺の味わいを頂こうと決めスタートしました。

では!その1は初日2軒の実食の模様を進化系「スーパーダイジェスト」にて(ほんまにしんかしとるんかぇ笑)!見て参りましょう!宜しくお願い致します!

今回のターゲットの地とは?

2021年4月7日、初日のスタートは始発でこの時5:18。この先約5時間の「超ロング電車旅」が待っていました。

「今回は予算超少ない超低予算旅や、昨日格安切符買うて来たし、いぐでっ!」

その往復切符とパソコンを入れたリュックのみで挑みました。

「おっしゃぁ〜きた〜!やけど、来たばかり?いや、でももう5ヶ月近くなるんか、ってかやっぱ行く逃げる去るの速さが尋常ちゃうからそう思うんやろなぁ....」

そうして電車に揺られる事約5時間、到着したその地はこちらとなります。

「おっしゃ!ナイスショット!ダイヤモンド富士やのうて、ビルやけど超ナイスタイミング!逆にこのフレアがええ感じやなぁ、なごやきたで〜!」

今回ターゲットとなった地は愛知県。20年11月に遠征を敢行しましたが、約5ヶ月ぶりの訪問とはとても思えない、つい最近来たばかりと錯覚するする瞬間でもあり、時間の感じ方も本当に「生き物」だと思いながら到着しました。

私、「ものグラム」の住まいである兵庫県明石市からJR線にて大阪の鶴橋駅まで進み、そこから格安切符対応の近鉄線に乗換え約5時間の旅路でした。ちなみに格安切符の価格は片道¥1,550。

「ってか今日めっちゃ寒かったし....、とりあえず実食してあったまりたい.....ほんまさぶ〜ぃ...」

いよいよここから、「商品化店舗実食の旅」が始まりました。

「回れ〜右してやな、ってか大名古屋ビルヂングの逆光めっちゃ良かったけど、順光(逆光の逆のワード(ややこしわ笑))がやっぱええ感じや.....?」

1軒目の実食はJR名古屋駅(新幹線)ホームにある名物、「きしめん」。

JR名古屋駅構内に入りまず一目散に進み到着したのが今回の1軒目。実は初の実食となります。

「名古屋のきしめん〜、きた〜!」

今回は近鉄線を利用しましたが、新神戸から名古屋に来て降車したのを装い(新幹線ホームに入る入場券を購入笑)到着。名古屋の「きしめん」筆頭の店舗、「名代きしめん 住よし(新幹線上り)」にやって来ました。

「い、いや、めっちゃお客さん入っとるやん?今までラーメンメインで行かれへんかったけど、全国2順目でやっとご当地麺にも手つけれる様なって嬉しいなぁ」

実は、全国47都道府県を「浅く広く」制覇した後にさせて頂きたかったのはラーメン以外のご当地の麺を頂く事。

「ものグラムのallnoodles.com」を謳うのは家庭用、実店舗の「ラーメン」を頂き紹介するものでしたが、家庭用麺として商品化される「うどん」や「焼そば」、さらには「パスタ」の味わいも頂きご紹介させて頂きたいと思う様になる、さらに広い定義「より浅く広く」へと歩む方向へと進んでいます(笑)。

「めっちゃ速攻で出て来たけど、このビジュアルたまらんなぁ」

今回オーダーさせて頂いたのは「かき揚げきしめん」。

「た、たまらん〜」

「か、かき揚げの分厚さやばいやん!だし超さっぱりにこの油のバランス超うまい!」

実食後の率直な感想を実はTwitterにてツイートしていましたが、満足感高く実食終了したのは11:00でした。

スポンサーリンク

出だし好調、2軒目へと進み、念願の到着。

「あ”〜、きしめんうまかった〜!意外とさっぱりと親しみやすかったなぁ」

率直な感想でしたが、その後即新幹線の改札を抜け再び名古屋駅構内へと戻り、ターゲットしていた2軒目へと向かいました。

「おっしゃ!今まで名古屋来て全部断念しとった店!ついにいけるで〜たのしみすぎ〜!」

名古屋駅から徒歩圏内にある2軒目へと向かいます。以前は夜間のみ営業の個人的敷居の高さから今まで訪問実現化とならなかった店舗でしたが、コロナ禍により「ランチ営業」をされたのを知った喜びは非常に大きく、その心は「ルンルン」でした(笑)。

「つ、つ、ついてもた〜!」

訪問実食の旅を始め約3年9ヶ月、名古屋3度目の正直にてとうとう来る事が出来たのは「萬珍軒」。

距離にすると約1.5kmありそれなりに遠くはありましたが、その一歩一歩が楽しみで仕方なかったのを思うとその全てが幸せだったでしょう、さらに到着時の喜びは半端無いものがありました。

「お〜しっ!あの玉子とじのラーメン!めっちゃ楽しみすぎる!いただくで〜!」

ランチ営業は11:30からでしたが、約10分前に到着したにも関わらず3組目、オープンまでさらにその後ろに待つ列が出来ていました。

「うわぁ、き、きた〜!」

実食遠征を始め約3年9ヶ月、行きたい想いがとうとう現実にやって来た瞬間、それが「玉子とじラーメン」。

「う、うわっ!めっちゃ香ばしい!う、うまぃ....」

「な、なにこれ!?どうしても玉子に意識が向くけど、醤油ラーメンとしてのクオリティが半端ない...、その基礎があるからこそやし、この玉子とじなんや?超きめ細やかでこれも職人技?この玉子絶妙やな....」

ツイートにて即座に感想を述べましたが、とても140文字に収める事が出来ない衝撃を受けた実食となりました。(その詳細はshopmenfileにて必ず記事化させて頂くと誓います(ほんまか笑))

ランチのセットメニューとして気になるサイド、「なす飯(はん)小」も頂く事が出来ましたが、

「ちょっ!適度な辛さにめっちゃ甘めの味付けのとろみ、麻婆茄子めしかぁ、これもうんまいなぁ」

そうして、約5時間掛けやって来た名古屋の初日、2軒の実食は到着からたった約1時間にて終了するものでした。

「ちょ、い、今からどうするよ.....?」

次回は1日目敢行と夜の部へ。

はいっ!以上ですが、なんやかんやと....。まとめるってめちゃ難しい事が判明です(笑)。

しかし、なんとかあくまで個人的「スーパーダイジェストその1」が終了しホッとしています(笑)。

次回はこの調子でなんとか2日目の実食へと繋げて行きたいと思いますので、今回の「家庭用麺商品化店舗の味わいを頂く」旅はどうなったのか?お楽しみに宜しくお願い致します。(な、なれへん.....)

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事