スポンサーリンク

どうもっ!ものグラムです。

今回は2021年6月9日(水)〜10日(木)に敢行させて頂きました、約2ヶ月ぶり今年5発目の遠征の様子、その8を綴って参りたいと思います。

その7までは遠征当日初日、朝一の病院への「通院」を即済まし本番メニューをこなすつもりで9時スタートとなりましたが、1軒目2度目の診察にていきなり「大きな病院」へと行く様に促され、「紹介状」を渡されます。

その後2軒目の「大きな病院」へ到着後、10:35〜14:50の約4時間を「診察」、そして「検査」に費やし、出発から約6時間が経過しようとしていました。

では!その次のメニューへとなりますが。何食ってん?見て参りましょう!宜しくお願い致します。

「やっと外出れた〜!」

「大きな病院」での初の検査の所要時間は約1時間。14:50に終了し一歩外に出ました。

「あ〜、や、やっと外出れた〜!シャバの空気うめぇ....ってのはこれなんやなぁ」

ふとそんな事を思いながらも、検体採取(血液・尿)、エックス線検査、心電図検査、CT検査の全てを終えた「達成感」は大きく、その後のメニューとして「外来基本スケジュール」に記載されていたのは5番の「食事」でした。

「ちょっと安心したら腹減ったなぁ....。やっぱ体に不安があったら病院に行かなあかんなぁ、でも本気でわぃが病院に行くのは快挙やで.....絶対行かへん!っておもとったもん.....」

この日朝1軒目の先生からの一言、「今から〇〇病院に行って下さい」の衝撃から約6時間が経過する間、2軒目の「ベテランの先生」による診察、そして検査を終えた達成感から不安は少しづつ解かれる様な気がしていました。

「お〜〜っしゃ!め、メシやめし〜!やっぱカツが食いたい!麺も考えたんやけど近くに店無いしな、今日はもうええ!いくで〜!」

そうして「大きな病院」から直ぐ近くにある大型商業施設へ向かいました。

「おおっ!カツ発見!」

「大きな病院」から約5分で大型商業施設へ到着し店内を歩きましたが、実は昔、私、「ものグラム」はこの施設内にて働いていた過去があります。

「懐かしいなぁ、でもリニューアルされてめっちゃキレイなっとるもんなぁ、カツを食える店はあるんかな、って無いワケないわな」

懐かしさを感じながら歩いていると、直ぐにその標的が見つかります。

「おおっ!カツ発見!」

中央の入り口の左右に展示される食品サンプルは見事なまでの揚げ物オンパレード。前日夜の軽食以来、水分以外に何も食していなかった為さすがに空腹度がより高まります。

「おっしゃ!もうここしかないやろ?これはわぃをおもっきり呼んどるやろ。ん?でもだ〜れもおらへんねけど....」

店内に一歩入りますが、来客者はおろかスタッフさえ居ない状態でした。

「す、すみませ〜ん」

「あっ、はい〜、いらっしゃいませ〜、お好きな席へどうぞ〜」

到着は15:01、昼時を過ぎた「アイドルタイム」の為、たったひとりの半貸切状態でした。

スポンサーリンク

「メニュー」に悩む。

「おっしゃ、メニューあるな。ん?ランチメニューって、これ今でも頼めるんかな?」

テーブル横の立てかけてあるメニューの中に「お昼のサービスランチ」と書かれたメニューがありましたが、15時を過ぎている為オーダーする事が出来るのか不安になりました。

「あの、すいません、このランチって頼めるんですか?」

「はい、大丈夫ですよ〜」

と、スタッフの方に確認し、いよいよその中から何をオーダーするのか決めようとしますが、「空腹マックス」の為全て頂きたい気持ちになります。

「う〜ん、おすすめは金額がライトでええけど、なんかちょい足らん感じになるかも....、やっぱ大黒ランチかな、いや、海老ロースカツもええよなぁ、特上とろロースかつ、このとろに魅かれるよなぁ.....単品追加とかするか?や、やぱあかん。夜の胃袋具合がヤバなるからな.....」

一発で決めようと思いながらぐだぐだと悩み始めると頭の中はどんどんカツに溢れますます決められなくなります。

「かつめしもあるねんなぁ、ほんまはここでこれ食ったら麺ちゃうけど紹介出来るやんなぁ、かつめし何って方も多いやろしなぁ....で、でも今日はなんか気分やないねんなぁ」

兵庫県の加古川市の名物のひとつに「かつめし」という料理があります。このメニューにある様にご飯を皿に盛り、その上にカツを乗せデミグラスソースを掛けるものですが、この日はどうしても定食スタイルにて頂きたい想いが強くオーダーには至りませんでした。

そうして、一旦頭をリセットします。

「15時過ぎとるもんな、今腹一杯食ったら晩しんどなるな....、よっしゃ!もの足りん程度でいこか!」

その後なんとか無事オーダーを済ませたのは約10分後、いよいよやって来る楽しい食事の時間を待ちました。

麺以外の「大黒ランチ」、実食。

「おまたせしました〜、大黒ランチです、キャベツ、ごはん、しじみ汁はおかわり自由ですのでお申し付けくださいませ」

そうして配された「大黒ランチ」は想像以上のボリューム。

「うわっ!うまそ〜!って、あ、さきにごまごりごりしてもた、しゃ、写真撮るんわすとった.....」

実はこの日朝からの「通院」に関しては記事化する予定では無かった為、朝からほぼ写真撮影していませんでしたが、奇跡的に病院の外観、そして今回の食事に関してはしっかり撮影しており、遠征以外も何かあると撮影をする癖をつけていた事が功を奏します。

「うわっ、カツサクサクで軽い、うんま〜!」

久々の食事に喜びを感じていましたが、実はまだこの段階で今回の遠征を敢行するか、キャンセルするかの決断は出ていませんでした。それはこの後に待っている「検査結果」次第であり、実はこの日の不安が全て解消される事は無かったのです。

「エビフライもうんまいけど、た、タルタルつけて欲しかった〜!これはカツ屋のお店のこだわりなんかもな〜」

「カツ屋のキャベツってなんでこんなに薄くてエアリーなんやろ、これ家では絶対でけへんねよな〜、お、おかわりする?や、今日はやめとこ....」

「ごっそさん〜!あ〜、うまかった〜。って何時?え?もう15時半前か....。んで、また病院戻らなあかんのか〜、このまま帰ってまいたい気分やけど.....あかんあかんっ!検査結果がいっちゃん大事やもんな、ってかこえ〜」

そうして、つかの間の至福の「食事タイム」を済ませ、来た道をまた戻り「大きな病院」の7番、総合内科へ戻るのでした。

次回は病院記事最終回。その後のメニューは?あり?無し?

はいっ!以上、今回は検査後の食事メニューの内容を綴りましたがいかがでしたでしょうか?

当サイトの遠征記事にて初の「全く麺が出てこない」その1〜8ですが、すみません、本来は記事化する予定では無かった為です(笑)。しかし、身体に対して不安を持つ方で病院に行く決心がつかない方がもしこの記事をきっかけにその心が変わるとすれば.....、私自身がなかなか病院に行けなかった想いから記事化させて頂いている次第です。

次回は「大きな病院」の最後の最後のメニュー、検査結果が言い渡されるものとなりますが、その内容とは?その検査結果からその後のメニュー、遠征の敢行となるのか?あり?無し?お楽しみに宜しくお願い致します。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事