スポンサーリンク

どうもっ!ものグラムです。

2021年7月7日(水)夜〜7月8日(木)に敢行させて頂きました、今年6発目「楽しめ滋賀遠征(仮)」その2を進めて参りたいと思います。

その1では前乗り前日夜の様子をお伝えしましたが、「もったいない精神」により1軒目の実食を予定するも身体が乗り気で無く、しかも到着後直ぐに吸い寄せられたのはスーパー。

そこでの「宴のアテ(酒の肴)」との出会いから訪問実食をキャンセルし、前乗り前日らしい「楽しみ」に没頭する事が出来ました。

では!今回はいよいよ本番勝負の1日朝を迎えます。雨どうなってん?ちゃんといけたんか?見て参りましょう!宜しくお願い致しますっ!

21年7月8日(木)朝、起床。

前日7日の就寝は0:53、そして気が付いたのは8日7:57でした。

「あ”あ”〜、今日も夢見たなぁ、ここ何年も夢なんてほぼほぼ見る事無かったけど、わぃの戦略は効いとんかもやな。まぁ、秋の検査時にはわかる事やけど....」(今後の遠征記事のヒントになるワードです)

途中、夢を見る中で「あっ、せや、今日はホテルで寝とるんや!明日はめちゃ楽しみな実食が待っとるんやった.....」と思った記憶が蘇り、寝ながらに「幸福感」を憶えたのも初の事でした。

「あっ、せや。昨日の夜は雨止んどったけど、ま、まさか降ってないよな?」

降水確率は80%、逆に降ってないと思う神経に疑問を感じますが、それでも信じカーテンを開ける私、「ものグラム」。

「う、うわ〜....。ざざ降りや〜.....。そらそやんな....、で、でも!出発まであと2時間ある!この間に天気は急転したんは一昨日やったよな。最近あんま雨おっさんちゃうねんもん」

変な確信を持ちながらも心中は穏やかでは無いものでしたが、実は「レンタカーvsレンタサイクル」の選択肢に勝ったのは「レンタサイクル」。

レンタカー手配も考えてはいましたが、今回の移動範囲は車では狭く徒歩では広すぎる、まさに「チャリンコ遠征」がジャストフィットであった事、そしてレンタカーの費用は約5000円(保険フル装備→しないと車に乗りません笑)に対しレンタサイクルは1日500円(税込)と1/10のコストと天候に掛けているものでもあり、「強気で雨を弱める作戦」にて念を送るものでもありました(笑)。

そうして、ゆっくりと準備をしながら部屋の片付けをし10時直前、再び窓へ向かいます。

「あっ!まだ降っとうけどめっちゃ弱なっとる〜!このままやんでくれへんかなぁ....、た、た、たのむで天気〜!」

そう念を送りながら、いよいよ4度目の滋賀県訪問実食の本番がスタートとなりました。

多血症の私、「ものグラム」、前日夜はかなり状態が良く顔色も良く感じましたが、やはり朝は赤ら顔で目の充血も酷いものですが、逆に赤手はかなり改善されている様に感じました。起床後しっかりと薬も飲み、前日より持って来た傘も忘れず腕に掛け出発です。(見た目やばそうですが元気です笑)

実食エリアは草津では無く。移動。

チェックアウトを終わらせ出発したのは10:00ジャストでしたが、雨の様子は「傘が無くともなんとか歩ける」程度で、しかし傘が無ければそのうち髪の毛が「ぼーん」(くせ毛の人あるあるです)となる状態でした。

「いや、でもこれは朝のざざ降りからは奇跡的やんな!おっしゃ!とりあえず移動や!」

と、実は今回の滋賀遠征の拠点は草津駅では無く、まずはJR草津駅に移動、そして電車に乗り込みさらに移動しました。

「おっしゃ〜!初めて来た〜!こっからがスタートや!」

今回の遠征訪問実食の拠点となるのは「JR守山(もりやま)駅」。この時10:23でした。

JR草津駅から2駅でしたが、JR守山駅周辺のホテルは少なくより高価であった為でしたが、初めての地に来た喜びはやはりひとしお。

「いやぁ、こんな感じなんか〜。やっぱどこひとつ同じ景色が無いのがええねんな〜。おっしゃ!んなレンタサイクルや!あ、めっさ近い。」

そんな事を思いながらも事前に調べていたレンタサイクルの貸出所を直ぐ発見し、手続き完了。いよいよ本日1軒目へと移動する準備が整いました。

「あ、ちょい雨また強なって来た....けど傘で十分!おしゃ!1軒目11時オープン、逆にちょいはよ着くかな、それ位でじゅうぶんやろ!」

そうしてスマホ地図にてナビ設定完了、イヤホンをし画面を見ず安心走行出来るスタンバイOK、サドルを上げ準備オッケー(あれ笑)。となりスタートしました。

スポンサーリンク

静かな守山エリアを走行、そして存在感大の1軒目へ到着。

レンタサイクルにてスタートし目的地である1軒目までは距離にして約2km。徒歩では非常に遠く感じますが、自転車では「楽勝」のはず。

「よっしゃ〜、こっから直線やけど、傘で上半身はガードされとうけど下はちょい湿気て来たなぁ、じめじめ気持ち悪い〜」

出発からたった5分で感じたファーストインプレッションはまさかの不快感でしたが、それも含め初の地を走る喜びは十分に感じていました(笑)。

そうしてさらに傘をさしながら約10分後に目的とする光景が見えて来ました。

「あっ!き、きてもた〜!これか〜!!」

しかし、到着は10:40、予想よりも早く着いた為、店舗外には誰も開店を待つ人がいなかった為、タイムリーに近くにあったスーパーにてリサーチをし、少々の調達を終えた後、開店10分前の店舗の様子をうかがいに行きました。

「う、うわっ!待ち出来とる!い、いそいでいかなっ!」

4度目の滋賀の1軒目の訪問実食がいよいよ間近に迫る瞬間が訪れました。

今回のご縁ある滋賀の名店は京都由来の名店。

「こ、これた〜」

今回ご縁のあった4度目の滋賀遠征1軒目は「山さんラーメン」。(チャリンコは私、「ものグラム」利用駐車でした笑)

位置関係こちら、約2kmですが6分とあるのは車仕様による移動予測時間となっています。

実は京都市左京区の岩倉中在地町(いわくらちゅうざいじちょう)にかつて屋台ラーメンを営業していた伝説、幻と言われる「岩倉屋台ラーメン」のひとつと言われています。(岩倉屋台伝説の3屋台は「宇奈月」、「山さんラーメン」、「いちまさ」と言われています)

その岩倉伝説の「山さんラーメン」は諸事情によりその場で営業する事が出来なくなり、縁のある滋賀県守山市にて2016年12月に移転オープン。店舗に掲げる看板には「幻の味 元岩倉屋台ラーメン 山さんラーメン」とある、京都由来滋賀在住の「京都のラーメン」を提供する名店でした。

11時オープン約5分前でしたが、私の顔を見ると、

「いらっしゃいませ、どうぞ〜!」

と、超ナイスタイミングにて1番手にて入店する事が出来ました。(先客は車内待機していた為その後となりました)

そこからはどんどん来客があり即満席する程の人気ぶりに驚きますが、「や、やっぱり〜」と思いながら即オーダーさせて頂きました。

「はい!やきめしです〜」

オーダー時には既にあらかじめ予測し焼かれ完成された「やきめし」が速攻でオンザテーブル。オーダーからの時間は約2分でした。

「う、うまそ!速攻頂きたいけど、ラーメン待って後に頂こっ!」

そう思い撮影しましたが、その後も速攻、この混雑に慣れたオペレーションにて速攻でいよいよ幻のラーメンが着丼となりました。

「はい〜ラーメンです〜」

京都のスタイル、「背油ちゃっちゃ」にねぎ多めの仕上がりは今でこそメジャーになりつつありますが、その源流のうちのひとつでもあるでしょう、屋台から始められた当時とは鶏の仕入れ先が変わる他は変わらない懐かしい味わいだそうで、このルックスに燃えた瞬間でした。

「背油めっちゃしっかりやけど、スープ自体は半濁な感じかな」

そう思いながら一口頂くと、半濁に仕上げたスープには乳化したマイルドさも感じさせながら、すっきり感と醤油のキレをも味わう事が出来る対局する要素を兼ね備えたハイブリッド的なバランス(清湯(チンタン:透き通ったスープ)と白湯(パイタン:乳化させ白濁させたスープ))感に真っ白な背油のコクが一体となった美味しさ。

「背油って一般的にめちゃ罪悪感ありそうやけど、これ食ったらわかる!それが全く感じられへん」

京都のラーメンはこの背油仕様の「こってり」を思わせますが、実際にはしつこさや重みを感じさせないバランス感が保たれています。

そして麺は加水率が低い細ストレートの「軽い」麺がお出ましです。

「いや、この軽さがええねんよなぁ....、数値的には超強いスープやけど重くないやろ、それに合わせた軽さ感じる麺との相性って長年試行錯誤した上で定着したんやろなぁ。全体にぜんっぜん重ないし軽さ感じたわ〜」

そして、人気のやきめしへと実食を進めますが。

「うっわ!ぱらぱらちゃうくてしっとり系のみずみずしさ!でも飯の表面は超火力でうっすら焦げ、いや、焼きが入っとってさ、この焼き加減って超絶でムズイやろ。もっちりと焼きの香ばしさの感覚ヤバい美味い.....」

敢えてこれ以上の説明は要らないでしょう、率直なしっとりしたやきめしの味わいも絶妙。しかもランチタイムはラーメンとやきめしのセットは200円引き(今回オーダーのラーメン並(700円)+やきめし小(400円)=1100−200=900円(税込))の価格設定も絶妙に感じられる素晴らしいひと時を感じました。

「あ”あ”〜、伝説、幻はめっちゃ親しみやすい、けど、進行勢の力強い流行にも負けへん根ざすんが何より、やねんなぁ....。深いなぁ、ごっつぉさんでした〜!」

今回の訪問実食にてその地に親しまれる「王道」の味わいを感じながら、まだまだ奥が深く理解し得ないラーメンの奥深さをさらに追求したい、今後の「楽しみ」を得た瞬間を感じた、まさに「楽しむ」遠征1軒目が終了となりました。

スーパーダイジェストちゃうやん?(わぃもそうおもふ笑)

はいっ!以上!なんとか21年6発目の約1/3を進めた感じ?です(笑)。

「スーパーダイジェスト」とうたいながら実はめっちゃ書き込みましたが、1軒目の実食は終了。残すところ後2軒?行けた?ですが、次回は外実食開始から約4年間思い続け行く事が出来なかった「夢」が叶うかも、そのすぐ側で闘志を燃やし移動を開始します。

では!次回は何処に行くのか?お楽しみに!宜しくお願いいたします〜!

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事