スポンサーリンク

どうもっ!ものグラムです。

今回は2021年7発目の遠征ですが、まずは敢行前のターゲットの地を決める段階からスタートします。

今までとは違う展開になりますが、当の本人、私「ものグラム」が一番驚く「新たな展開」に、

「同じパターンには持って来おへんのがわぃらしい、ってかわぃがやっとんちゃうねんよなぁ.....そう来るかぁ?」

と思いながら、遠征には毎度「導き」を感じる、それを先に感じさせる期間でもありました。

では!今回のターゲットの大陸とは?(この時点でサムネにておわかり頂けると思いますが笑)その広大な地からどのエリアに決めるのか?葛藤を繰り返し決めたのは何処?見て参りましょう!宜しくお願い致しますっ!

今回は「フライト旅」を選択。

2021年6発目の「楽しめチャリンコ滋賀遠征」は7月7日〜8日に敢行し、その「遠征ダイジェスト」記事は7月15日(木)に5話にてゴール、その内容を綴る最中からすでに次の遠征に向けて動き出していました。

「次空いとんが8月やろ、もうそろそろ各予約して行かなあかんけど、長いことフライト旅してへんからなぁ、次は絶対飛行機やろ」

そう思いながら、私、「ものグラム」の最寄りでありホームである神戸空港から何処に行くかを決めますが、インスピレーションにてその時行きたいという想いだけではそれは実現しません。その最大の決定ポイントこそ「価格」ですが。

「鹿児島も行きたいねんけどなぁ、いつもよりちょい高いなぁ....。をっ!!北海道やっすっ!!」

この段階で長らく敢行していない候補のひとつ、鹿児島を超え実現化されそうなのは北海道。

「夏の北海道っていつも2万位するやん(片道)....、今まで絶対に手出されへんかったけど、今回1万切る超破格やん....前回のフライト旅は今年1月、あ”、あれも北海道やったんか....、んで、去年11月も北海道やったか〜、でもこれで北海道全シーズンコンプリートやんかっ!お、おしゃっ!!もう決めたっ!!」

2021年7月12日深夜、神戸発新千歳空港行きのチケットを購入完了、この時点で後には絶対に戻れない(キャンセルしても返金額はほぼゼロ)覚悟を決めた瞬間でした。もちろん同時に復路便も決済完了しました。

「おっしゃ!今までで初の去年末から3連発の北海道やなっ!秋の旭川、んで真冬の小樽からの〜!ど、どこいこ?」

実はここからのターゲットがなかなか決まらない、実は「葛藤による葛藤」が始まりました。

「ゴールデンでカレーにする?」

「今回は行ったことないとこにいきたいよなぁ...ど、どないしょ?」

この北海道の地図は私、「ものグラム」がマーキングするものですが、緑のフラグは未訪の行きたい店舗を差し、水色は訪問実食済、黄色いスターは主に撮影スポットとして登録しています。今まで約4年間の「外実食」にて北海道への上陸は4回。拠点となる新千歳空港から約200km圏内にて活動して来ました。

「う〜む〜、どないしょ?釧路とか道東にも行きたいんやけど1泊2日やと超コスト高の超弾丸やろ....、その釧路の手前の平野部は帯広.....、ここもええねんけどなぁ、でもなんか今回はちゃう気がすんねん.....」

既に「葛藤」が始まりますが、そんな中、ひとつの閃きを感じます。

「ん?新千歳から苫小牧は目と鼻の先やろ?そのまま室蘭に降りてって.....、や、やっちゃう?ご、ゴールデンやっちゃう?」

今年2021年3月16日夜〜18日にて敢行した、調達したレンタカーが人生初の「黄金色」だった事から名付けた「黄金のクルマ旅in山梨」からその「黄金」の不思議な符号が同年6月9日〜10日の5発目の「黄金遠征シリーズとなるか?通院&岐阜編」にも続きましたが、実はその頃から「黄金」ワードを知ってしまった私、「ものグラム」は人為的に「黄金」を探していたのかも知れませんでした。

「苫小牧のから室蘭はまさに黄金のカレーラーメンワールドやん、苫小牧発祥の味の大王総本店も前に実食したし、そのまま室蘭エリアに行って、苫小牧の味の大王のファンやった方が修行して室蘭に味の大王オープンして北海道第4のラーメンとしてカレーラーメンの知名度が上がったやん、室蘭や室蘭!」

そうして、この地図が示す様に、室蘭エリアに未訪未実食の行きたい店舗をピックアップし、緑色のフラグを立てていました。

そして、宿泊先は北海道の自然を感じたいが故、観光リゾート地の「洞爺湖」に設定し、宿泊予約しました。

受付日は7月14日(水)。私、「ものグラム」が小さい時家族旅行に連れて行ってもらって以来、我が意思で初めて「和室・温泉」をチョイスした瞬間でもあり、

「ちょ、ちょいワクワクするやん〜」

と思い一旦、一件落着と思っていました。

その位置関係がこちら、室蘭市から約60km離れた「洞爺湖」湖畔にある「北海ホテル」。

「んでな、この洞爺湖は夏時期にはロングラン花火大会ってのがあって、20時45分から20分間花火が打ち上げられるんやって!?」

それを知りさらに「黄金」と呼ぶにふさわしい遠征メニューの作成終了かと思いましたが、実はどうしてもそれに「腑に落ちない」気持ちを約10%程度抱えており、その後数日が経過しました。

スポンサーリンク

「いや、これはやっぱなんかちゃうっ!ちゃうちゃうっ!」

一旦落ち着ちつき決まったかと思った7発目の遠征メニューですが、1日1日が経過する内に再び「葛藤」が始まります。

「なんかな〜、今回の黄金はちゃうよな〜。もち室蘭は行った事無いし行きたいねんけど、比較的近いしホンマに行きたい所やったんか?って聞かれたらちゃうかな〜。あ、や、室蘭の方には失礼やけど、次はなかなか無い北海道でここでほんまに納得するんか?ゆうたら違う気がする....。」

日に日にその想いは強くなり、いよいよ本番が近づく7月下旬、それが崩壊します。

「や、やっぱ北海道初めての地で今行きたいんは黄金やない!札幌、旭川と来たらもう函館しかないやろっ!!」

2021年7月26日(月)、洞爺湖湖畔の和室にて「第40回洞爺湖ロングラン花火大会」を眺める「ゴールデンでカレー」な「黄金の旅」を一旦リセット、キャンセルしました。

そうして、私、「ものグラム」の中で奥深くから叫ぶ本当の目的地は人為的な黄金では無かった、函館への想いをキャッチし、同日、

人為的な「ゴールデン」を捨て心の奥底から行きたいと思った「函館」にあるホテルの予約を完了、この時点で約2週間にも及ぶ遠征地のメニューが完了するものでした。

「あ、いや、1巡目は何処行っても初めてやったしどこ行ってもたまらんかったんやけど、2巡目以降はどこ行くんも簡単に決められへん感じはあるよなぁ。でも、今回は北海道初のロングドライブかぁ....、正直ちょい遠いかなおもたけど260kmやろ、わぃもっと遠いおもとったけどいけそうやん!おっしゃ!黄金旅はもうええ!ってか意識しすぎやっちゅうねんなぁほんまに.....」

函館の緑のフラグを立てた場所にあるのが「函館国際ホテル」

そんな事を思いながらようやく「素直」に行きたい場所へとポイントを定めましたが、この瞬間に起こった出来事、ニュースが配信されるとは全く予期するものではありませんでした。

今回ももれなく付いた「驚きの符号」とは?

はい!無事、なんとか病院遠征が明け通常の遠征へと思いきや、でした(笑)。

今回まさか遠征メニューを企てる所から記事化するとは夢にも思いませんでしたが、今まで含め全て実話、ノンフィクションです。

次回はその符号の詳細をお伝えさせて頂きますが、誤解の無い様に、「符号」を求める旅をしているのではありません(笑)。ですが、遠征時はいつも何かしらの「導き」があると思う他無い、「行ってこい」のサインを頂いている様で、それを毎回楽しみに進んでいるのは間違いない事実ではあります(笑)。

では!次回、出発前に起こった出来事とは?お楽しみに宜しくお願い致します。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事