スポンサーリンク

どうもっ!ものグラムです。

長らくお待たせ致しました、今回は2021年8月3日(火)〜4日(水)に敢行させて頂いた、「クルマ旅in北海道 黄金やめたのに黄金来ちゃった遠征(本)」よりその10を進めて参りたいと思います。

その9では初日ラストの外メニューとして函館に来たならば絶対に拝んでおきたい「函館の夜景」を撮影する為「函館山ロープウェイ」に乗り、函館山山頂駅より夜景を撮影する所まで進みました。

では!無事初日外メニュー終了後は宴?即寝?ちゃんと書いたんか?見て参りましょう!宜しくお願い致しますっ!

「あ”〜、づ、づいだ〜....」

「あ”〜、づ、づいだ....」

「函館山ロープウェイ」の山麓駅に着いたのは21:26、そしてそこからすぐ近くにあるホテルへ到着したのは9:40。初日総走行距離は307.9kmでした。

「い”や”ぁ....、今回300kmやけど超キツかったなぁ....。さっきコンビニ寄っただけで今から散策する元気なんて皆無や....、ホテル部屋でど〜んとベッド横なったら即寝出来そう...あ、あかんアカン。」

疲労困憊最終段階に突入する私、「ものグラム」でしたが、この後なんとかホテルチェックイン、そして部屋に到着します。

「おおおっ!無駄にトリプルっ.....やけどな、実は観光客が減っとんやろ、格安やったから予約取らせてもろたんやで.....ってか、やっぱ北海道って広いからホテルの部屋も広いとこが多いのはほんまに嬉しいなぁ!」

そう思っていましたが、それだけではありませんでした。

「うわわっ!今回トイレ別なんやっ!わぃは一緒でもなんでもぜんっぜんええねけど、ユニットいやって方も多いらしいもんな...、それにしてもええ感じ。」

「風呂もいまどきの明るいインテリアって感じでええな!先にこの風呂入らせてもろて、んでちょいゆっくりさせてもらおかな」

そうして、22時より「禊ぎタイム」をし、この日最後のメニューが待っていました。

初日最後のメニューは「記事アップ&宴」。

「うぉ〜しっ!!とりま一杯〜!」

「わぃ〜おつかれ〜。いやぁほんまっ!ほんまに今日はなかなかやったわぁ、もうなぁあのネズミ捕り事件....あ、あかんアカン、思い出したらアカン!ってかあれは振替救済や!事故起こさんとちゃんと来れたんやもんな!か、かんぱ〜い〜、てかまだ腹一杯〜....」

2021年8月3日(火)、23:25に一本目のビールを開栓しますが、この日最後に残されたメニューは「記事アップ」。しかしこの日残された気力体力は限界点に達していた為、遠征地よりライブで配信する「遠征ライブ」記事しかアップする事は出来ませんでした。

「っしゃアップ〜、ってもう0時間近やん!!は、はやっ!」

23:51にアップ完了しましたが、「【遠征ライブ】現地より「あ”〜、づ、づいだ〜」。 Column0538」※上記写真は【遠征前ライブ】とありますが、今それに気づき修正しております(すみません))その後さらに最後のメニューとして待つのは「宴タイム」。この日はボリュームのある2軒の訪問実食の為「腹6分目」であまり食欲はありませんでしたが、ご褒美のビールは体に浸透しこの時初めて「ネズミ捕り事件」の事を忘れた瞬間でもありました。

そして、就寝間際。

完全に頭おかしくなった私、「ものグラム」は何を思ったのか、遠征記事用として「自撮り」を行っていました。この時0:36、この日5:34の起床から19時間の全メニューを消化し横になった瞬間、意識が遠のき終了となりました。

スポンサーリンク

いよいよ2日目、意識が戻る。

「ん”.....、ん”あ”ぁぁぁ、よ〜寝た!な、何時?」

カーテンの隙間から光が漏れ明るくなっている函館の朝を確認します。

「は、8時かぁ、てか無駄にトリプルやけど格安やったんはこの眺望なんかな.....、個人的には目の前にニチレイさん...、お、お世話になりますやけど、函館山山頂がこっから見えるんはええやん。あっこから函館の夜景見れるんやで〜」

今回利用させて頂いたホテルは「函館国際ホテル」ですが、その眺望は「ニチレイ」と書かれた大きな建物が佇んでいました。それは「株式会社ニチレイロジスティクス北海道 函館物流センター」でした。

「ちょい右にパンして、ってこれ静止画やな....。函館ってこんな感じなんやな、行った事なかったらどんな感じか勝手に想像してまうんやけど、函館はインプットが少なかったからへぇ、こんな感じなんやぁ、って感じ....。ほんまは駅構内の土産もん売っとる店もリサーチしたかってんけど、んでスーパーもな...、やけど今日こそめちゃタイト...。10時には出発してそっから今日は帰って寝るまで超勝負やっ!」

起床後に2カット撮影後、再び横になりますが出発まで約2時間弱しか残されていないのを知ると、「朝風呂」からメニューが始まり、散らかした部屋を片付け、この日のメニューを再確認し出発準備完了となるのは。

「おしゃ10時ギリギリ!すた〜と〜!回復したから頑張るで〜!!」

2021年8月4日(水)、9:54。いよいよ初の函館の麺を訪問し味わう、はるばる来たこの地を堪能しようと期待感高まり鮮度良い気持ちを抱いた私、「ものグラム」でした。

次回はいよいよ函館の店舗訪問、実食?

はいっ!以上、今回はなんか歯切れの悪い(笑)、初日夜〜翌日朝の「なんでこのカット」なん?と思われるでしょう、「わしもそう思う...」でしたが、なんとか初の函館に来る事が出来、本場の味を堪能する最終日2日目を迎える事が出来ました。

では次回!ですが、函館のラーメンってどんな味わい?どこに行こう?出発時直前最後まで悩みに悩み、そして思い通りに行かない「運び」もある2日目。どんな内容となるのか?

お楽しみに!宜しくお願い致します。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事