スポンサーリンク

どうもっ!ものグラムです。

長らくお待たせ致しました、今回は2021年8月3日(火)〜4日(水)に敢行させて頂いた、「クルマ旅in北海道 黄金やめたのに黄金来ちゃった遠征(本)」よりその14を進めて参りたいと思います。

その13では2日目最終日、8月4日(水)2軒目への訪問実食へと向かいましたが、到着した瞬間に「活気」が無いのを察知すると「2連休の臨時休業」。しかし、改めて情報を見ると通常定休日こそ「水曜」であった為、リサーチ力の無さが露呈され、本来予定していなかった店舗、「新函館ラーメン マメさん」へのご縁を頂き訪問実食をさせて頂きました。

では!いよいよ当遠征ラストの3軒目、2日間トータル5軒目へと向かいます。どんな店行ってん?何食うてん?見て参りましょう!宜しくお願い致しますっ!

「あ”〜ごっさん〜。い、いよいよラストかぁ、は、早いな...」

「あ”〜ごっさん〜。いやぁ函館らしい塩を2軒頂けて満足やぁ。まぁホンマはもっと行きたいとこあるけど今回はこれで満足。おっしゃ!やけど、い、いよいよラストかぁ、は、早いな...」

新函館ラーメン マメさん

2軒目の「新函館ラーメン マメさん」の訪問実食終了は12:31。この日のレンタカー返却タイムリミットは19:00で、復路約300kmの道のりが待っている為時間に余裕はありませんでした。さらにホテルチェックアウトの10時から函館を満喫出来る時間はたった4時間(14時頃に復路ドライブ開始でぎりぎりコースと踏んでいました)しか無く、いかにタイトスケジュールであるのかを感じさせる瞬間でもありました。

「おし!出発〜!こ、これ出るんもなかなか技がいるな.....、そろ〜り、そろ〜りやで、コスったらアカンで、よ、よしゃ!出れた!おしゃ〜いけ〜!」

非常に難易度の高い「専用駐車場」からなんとか出庫に成功し、いよいよラスト3軒目へと移動を開始しました。

ラスト3軒目の店舗へ到着。

「3軒目まで7km、15分位かな、時間は大丈夫そうや。」

「おっ!ここを左曲がってと。あっ!見えた!!駐車場は?あ、あった!って気づくん遅かった〜」

時間には余裕を持っていたつもりですが、つい焦りの念が出てしまい、右折レーン入れない、そして現地到着時に駐車場へと入る道を過ぎてしまう、実は数度の「Uターン」を繰り返しの到着となりました。その時12:54。

ラーメン 満龍 深堀店

「いやぁ、とうとう来てもたぁ。ほんまは最初候補に入れてへんかったけど、やっぱここは最初に押さえたいと思って来たで〜。んで、あいとるで〜」

今回の苫小牧・函館の「クルマ旅in北海道 黄金やめたのに黄金来ちゃった遠征」の締めとして選び、トラブル無く(あったやんけ笑)ご縁あり到着した店舗は「ラーメン 満龍 深堀店」でした。

位置関係はこちら、函館山麓近くの2軒目、「新函館ラーメン マメさん」より東に約7km進み到着したのが「ラーメン 満龍 深堀店」。

その場所をクローズアップすると「函館競馬場」があり、さらに「函館アリーナ」がある、娯楽施設のある賑やかな場所でしょう、その一角に構えている店舗でした。

その「ラーメン 満龍 深堀店」の前身は大門店であり、創業は1970年(昭和45年)の老舗ラーメン店。その後1973年(昭和48年)に湯川店をオープン、13年後の1986年(昭和61年)にこの深堀の地(函館市深堀町)に移転オープンし現在に至る、現在3代目店主が切り盛りする地元民に愛される店舗。

「おっしゃ!時間ないでっ!実食モードに切り替えて、今回最後の訪問きっちりあたまに刻むで!」

そうして、訪問実食「真剣モード」に切り替え店内へと入りました。

スポンサーリンク

「ラーメン 満龍 深堀店」にてオーダーした一杯とは?

「いやぁ、なんかほんまに地元で愛されるアットホームな感じ。縦長で奥は座敷、手前は左側がテーブル席で右側が厨房とカウンター。わぃはいっちゃん手前のカウンターに座らせてもろて、と。」

店内は決して広くはありませんでしたが、カウンター、テーブル席に奥は座敷があり、その奥は地元学生が数名楽しそうに会話をし、手前テーブルは静かに配膳を待つ方、食事中の方もおられる静かながらも活気のある店内に「アウェー」にて着席しますが、何も語らなければ地元民?とも思いながら着席し、とりあえずメニューを拝見させて頂きました。

「へぇ〜、函館観光大使、暁月めぐみさん....愛しの塩ラーメン....」

北海道出身でユニバーサルミュージック所属の歌手、「暁月(あかつき)めぐみ」さんは函館観光大使だそうで、公認メニューとして提供されるのは「塩ラーメン」でした。

「へぇ!ん、んでも初めて函館来て、初の満龍でこれオーダーしたら....あ、あかんアカン。」

「へぇ!函館でもあんかけ焼きそばあるんやなぁ。北海道のあんかけ焼きそばについてはまだまだ追求させてもらわなやけど、これも今回オーダーあかんアカン。」

そうして。今回訪問させて頂くにあたりマストな一杯をオーダー、いざ着丼の時が訪れます。それは。

「はい、お待たせしました〜〇〇ラーメンです〜」

「おおおっ!!き、きた〜〜!」

今回オーダーさせて頂いたのは「みそカレーラーメン ハーフ」。北海道札幌、すすきのにて創業した「満龍」が発案したのが「カレーラーメン」でしたが、2代目佐藤正男さんが湯川店で学生の要望で商品化された、実は北海道の「みそカレーラーメン」発祥の地だったのが函館でした。

「い、いやぁ....。みそカレーラーメンって全国的には全く知名度もないやろけど、んで北海道内でもそこまで有名ちゃうかもしれん...、んでもわぃはこの味わいの家庭用商品の美味しさにびっくりして....。いっときその存在も忘とったけど...、や、やばい対麺(面)や...」

しかしこの時、メニューに追われるが故体感度としてはまだまだ「ふわふわ」した実感が湧かない状態でしたが、「真剣モード」にていざ実食。

「このなんともいえへんみそにカレーのスパイスの色合いたまらんやん!最近の札幌濃厚系とはちゃうさらっとしたスープ。んわっ!や、やっぱうまい。うますぎる!」

さらっとしたスープには鶏ガラ由来の旨味たっぷりのベースがあるさっぱり系ですが、それに合わせられた味噌の風味、コクにターメリック系の親しみ易いカレー風味が押し寄せる味わいは全国でも唯一無二の独自の味わいを感じさせます。

「なんやよ〜わからんけど、この味。これほんまに北海道来おへんかったら味わえへんのは間違いない。いや、まさか発祥がここやとは....」

「んで、麺は中太やけどストレートなんや....。いや、この噛んだら押し返す弾力、コシ、んでみずみずしさも北海道らしい美味しさ。さらりやけど強いスープに負けへんバランス感があってさ、は、ハーフやのに腹にたまる....。ん、んでもうまいっ!」

「いやぁ、この美味しさってなかなか形容でけへん....。んでも味噌ラーメンにカレーフレーバー足しの味わいでさ、塩、醤油バージョンもあるやん....。それも次回以降いただきたいやんっ。な、なやましすぎるわ〜....」

「真剣モード」にて実食すること約10分、13:15に訪問実食メニューの全てが終了する瞬間でしたが、函館の「塩ラーメン」では無い「〆」をする事が出来た事に対しても「悦」する初の函館を「やりきったやろ」と思うおっさん、「ものグラム」は最後に爽快感を味わっていました。

長々約5ヶ月弱、次回「ゴール」へ。

はい〜、以上!その13でしたが、2021年8月敢行から約5ヶ月弱、ようやくゴール出来そうです(笑)。

今回の苫小牧・函館ですが、特に函館は初訪問エリアで訪問店を選ぶのは本当に「辛い」と思わせる程、「行きたい」と思う店舗は多かったですが、やはり旅は「ご縁」だとことごとく思わせた2日間の運びでした。

今回にてたった2日間、5軒の「麺」を頂く「弾丸」の旅路を個人的にどう思い進んで来たか?を活字にする事により「より長く」味わえる(ま、まあ個人的忘備録なのです笑)、と進めさせて頂きました。

では!次回は帰路へ。そしてその後与えられた今年2021年「総括」へと進めさせて頂きたいと思います!(今までの遠征記事で「いっちゃん(一番)」気負ってしんどかった.....(笑)、来年は「超ライト」が目標や(むりやろ←や、やかまし笑))

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事