スポンサーリンク

どうもっ!ものグラムです。

今回は昨日のColumn0586の「遠征」2021年番外編、「不思議な事は起こっていた」の続き、ラストその2を進め今回にて完結させたいと思います。

その1では2021年11月2日(火)に敢行した「尾張名古屋は〆でもつ」にて現地到着時に出会った「黄色い蝶」について説明させて頂きましたが、遠征終了後に母親から来た「お買い物」の誘いがあり高価なリュックをプレゼントされ、さらにその後の「ランチ」の店舗前でも「黄色い蝶」がおり、ただの偶然では無いと思わせる所まで進めました。

では!その後さらに「?」な出来事が起こりますが....。早速見て参りましょうっ!宜しくお願い致します。

両親との「ランチ」終了数日後。

レストハウスまきば

2021年11月8日(月)、両親と「ランチ」をした店舗は「レストハウスまきば」でしたが、食事をする所まで詳細をお伝えしましたが、一旦ここでの話しは置いておくとします。

そして、その後の11月11日(木)、職場に通りがかる顔見知りの「おっちゃん」がビニール袋をたくさん提げ、こちらに直進して来ました。すると。

「なぁ、花いらへん?これな、パンジーやねん....、もらってくれへんかな....」

何かで使用するものが余っていたのか、困った顔をしており、咄嗟の事に返答に困りましたが....。

「あ...、あ、はい,...、い、頂きます.....あ、ありがとうございます....。」

と、この場所で約10数年働く中で初の「花をもらう」事となりました。

「花なんて家で育てた事無いけど....。今日これ持って帰ってベランダ置いて水やりせなな....」

そしてその花を家のベランダに置いた瞬間。

「ちょっ!ちょとっっ!!コレ黄色い蝶みたいやんか!!ま、まぢか....、ちょ、ちょい怖なって来た.....」

「やっぱり....これはトッティの仕業ちゃうんか?絶対そうやろ!」

実はその1で「尾張名古屋は〆でもつ」初日、2021年11月2日(火)の現地到着時に「黄色い蝶」と出会った瞬間に「トッちゃんかコレ?」と言っていたのは以前実家で飼っていた猫「トッティ」の事を指します。

詳細は2019年11月3日にアップさせて頂いた「【遠征】13発目ラストをご覧下さった方へ、ご報告。 Column0267」に綴っていますが、彼は19年前(2002年)、実家に迷い込んで来た野良猫で、当時私は一人暮らしを始めたばかり。

その時に母親から「あなたの家で飼うたってくれない?」と言われ、当時弱っていた為薬を毎日飲ませる様にとレクチャーを受け数日間一緒に暮らした、私個人的に一番可愛く思う猫でした。

しかし、数日だけしか一緒にいる事が出来なかったのは私、「ものグラム」が実は「猫アレルギー」であり、顔が痒くなる、さらに肺の奥も痒い様な感覚が続き、その生活を続けると「喘息」になると聞き結局は両親の元で飼われる事となりました。

「うわっ!!!や、やっぱり!!!やっぱただの偶然ちゃうかったやんっ!!!」

詳細は割愛しますが「【遠征】13発目ラストをご覧下さった方へ、ご報告。 Column0267」では彼の新たな「旅立ち」について記しましたが、その日こそ2019年11月2日(土)。あれからちょうど2年が経つ実は「三回忌」に再び「黄色い3羽の蝶」として私の前に偶然、いや、必然に現れたのでした。

ちなみに、なぜ「黄色い蝶」=「トッちゃん(トッティ)」を思い出したかと言えば、その2019年11月2日、新たな旅立ちを知らぬまま(母親から聞いたのは夜)、職場に一羽の黄色い蝶がひらひらとやって来た、「この時限り」の奇跡の訪問があり、それは最後に会いに来たサインとして実際他でもある事象だそうです。

さらに。「レストランまきば」での「ランチ後」。

そこで話を戻し2021年11月8日(月)。

「超高級品」のリュックをプレゼントされ、その後やって来たランチ会場の「レストランまきば」。その1では帰宅までの時刻のみをお知らせしましたが、実は美味しいご飯を頂いた後、店を出た時の出来事。

「ご、ごちそうさまでした....、リュックすみません、本当にありがとう...至れり尽くせりで....」

「なんかね、なにかいいもの買って上げたかったのよ。本当に気に入った?」

「いやっ、あれはほんまにもう...、超気に入ったけど...、勿体無すぎてなかなか使われへん....」

「そんなこと言わんと。使ってやって!」

そんな会話をしますが、今回2回目の訪問で、前回は店舗入り口近くに猫がいたのを思い出し、今回も出会えるか探しました。

すると、今回新たな猫を見つけますが....。

「うわっ!猫おるよ!」

「どれ?あっ、トンちゃんよりも足短いね〜。よしよし〜こっちおいで〜」

その猫は野良猫の様ですが、このお店で人に慣れ始めている若い猫。

母親の声に恐る恐る近づいたかと思った瞬間、甘える様に「ゴロン」する、まさに「トッティ」そのものに感じる茶トラ猫。

「う、うわっ、こ、これ完全にトッちゃんやんか...」

「でもまだちょっと怖がってるね〜、おいで〜」

そうすると立ち上がり寄っては来ますが。

「にゃあ〜」

と、猫語は理解出来ないながら、「がんばれよ〜」と言われている様な気がした私、「ものグラム」でしたが、実は後で知るこの日は当サイト、「ものグラムのallnoodles.com」を立ち上げ「1日度1記事」を積み重ねた999記事達成の日であり、色々な偶然が積み重なった「祝い?」、「褒美?」と、後になって思う1日となりました。

2021年11月9日(火)に記事投稿をし1000記事達成した瞬間のスクリーンショット(999記事目達成は撮っていませんでした笑)

「お父さんお母さん、ほんまにこんな1日をくれてありがとう...。びっくりしすぎたわ!んでな、トッちゃんよ!おまい旅先からよ〜仕掛けてくれたな!ん、んでもめっちゃうれしかった...ありがとう。わぃおまいと約束したもんな!おまいに負けへん様にこのラーメン道貫くって!それは今後も貫くからな!!ほ、ほんまサプライズすぎるやろ.....」

それが今回の「不思議な事」でしたが、その「リュック」にまで偶然が...。

今回「プレゼント」してもらったリュックがこちらとなりますが、そこにも「超黄色」の存在があるのを一瞬にご理解出来るでしょう、実はこの「黄色」はオプション。

「本日限りでネームタグ、モノグラムパッチのオプションが半額となりますが...」

「あ、そ、それ欲しい....」

「何色がいいの?」

「赤かなぁ....、や、この色合いには黄色が合うかなぁ、じゃあこれ、黄色でお願いします」

そのオプションに対しても母親は何も言わず快諾となりましたが、まさか中央の黄色が「モノグラムパッチ」という名前なのも最後の一押し...。本当に何も言えない「完璧」な符号にて、天から授かりし「トッちゃん」、両親を使っての「ご褒美」を頂く事が出来た、そう捉えるしかないでしょう、驚きと嬉しさ混じる2021年10発目遠征後の出来事でした。

スポンサーリンク

今年最後の〆の〆?「出来過ぎ」の12月。

そんな「不思議な事は起こっていた」でしたが、そのリュックを背負い敢行させて頂いたのは実は「尾張名古屋は〆でもつ」として同年最後と決めた後に「やっぱそれあかん」と思い11月30日(火)〜12月1日(水)に敢行させて頂いた11発目の遠征、「え”っ?またまたシンクロニシティー?遠征」でしたが、10発目名古屋の「覚王山」ワードの符号がまさかの岡山であったのも驚きでした。

その遠征も多少のトラブル(脚の筋肉が攣る笑)がありながらも敢行終了しましたが、毎度の敢行後にある出来事、それうぃお求める訳ではありませんが、来てしまいました。

「ん”え”っ!!!????ま、まさかこんな展開になる?なっちゃった?」

それがこちら。

「うわわわっ!今年の漢字は「金」?ま、まぢか〜〜!?」

今年2021年3月に敢行した「黄金のクルマ旅in山梨」から始まった「黄金」でしたが、まさか、今年〆の「今年の漢字」に選ばれたもの「金」。それは12月13日(月)、14:09にスマホからBluetooth経由にて時計に伝達された瞬間で、即座にスマホにて撮影したものです。

「いや、この今年の漢字は1年ズレたオリンピックの過去最多金メダル獲得(27個)が大きいやろけど....。んでもわぃにとっても黄金遠征ちゅってやって来てさ、まさかまさかやんかっ!!ほんま偶然やねんけど、これで今年ほんまに「締まる」んちゃうん!?なんかホッとした.....」

「今年の漢字」は年末に今年1年の世相を表す漢字として全国から公募し、最も多かった漢字を京都・清水寺の森清範(もりせいはん)貫主が揮毫(きごう)し発表するものですが、実は阪神淡路大震災(1995年(平成7年))より始まる今年27回目を迎える催し。2016年以来5年ぶり、4度目として久々に選ばれる偶然でした。

「ってか...。こ、これで締まってよかったんよな!!んでトッちゃんフィニッシュやな!いや、こんなに色々偶然の一致、わ、わぃ、この道で間違ってなかったんよな!!??.....んよな?」

現在で約7年間、与えられた様に思いこの道を邁進して来たつもりですが、この道は「命ある限り」突き進む命(めい)として決めた道でして、それに応える様に今回、節目として「自分一人でやってるんじゃないよ」と、応援してくれる気持ち凝縮し降り注いだ、この道を与えてくれているのを確信出来た1年でした。

「ってか....。みんなありがとうやけど....。毎度謎解きさせるん?ちょいやっかいやねんけど.....、あ、そんなんゆうたらバチ当たる!?」

今年2021年、本当にありがとうございました。

はいっ!以上。いやぁ、今年間に合うか「ゾンビ夢」に脅かされ続けましたが(本当に夢で追いかけられてました....笑)、なんとか今年ギリのギリ、間に合い終了となりましたが、いかがでしたでしょうか?

当遠征は完全なる「ノンフィクション」です。しかし、本当に作ったかの様な出来事を多く経験させて頂いた末、今年は最強のメッセージ性ある符号を頂けた様に思いました。

かと言って来年もそれを求める...という事は全く無く、あくまでも様々、あらゆる麺を紹介させて頂くサイト(ブログ)として1日1日「コツコツ」と歩んで参りたいと思いますので今後もお楽しみに宜しくお願い致します。

まだ明日、大晦日がありますので年内最後の挨拶は致しません(笑)。

「あ”〜...。ぎ、ぎり今年納めでけた〜〜〜。。ほんまヤバかった〜。。。。」

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事