スポンサーリンク

どうもっ!ものグラムです。

改めまして、「新年明けましておめでとうございます、本年も宜しくお願い致します」と挨拶させて頂きますが、旧年中は大変お世話になりありがとうございました。

と、2022年を迎えましたが今年もいきなり2022年1月5日(水)〜6日(木)に敢行させて頂きました遠征の様子を進めて参りたいと思います。

今回、新年1発目の遠征は大まかなプランしか設けず進む「ちょっと適当旅」として企画させて頂きましたが、毎度ながら当時思っていた内容とはかなりかけ離れたものへと相成りました。

では!早速ですが、どこへ行ったのか?今回の移動は?見て参りましょう!宜しくお願い致します!

2022年1月5日(水)、5:10、出発。

「び〜ぃっび〜ぃっび〜ぃっび〜ぃっび〜ぃっ......」

「ん”、ん”........、な、何時?あっ、4時半....んわっ!お、起きなっ!!!」

「スマホ」のアラームセットをし就寝したのは2022年1月5日に日が変わった0:12。それから約4時間20分後に鳴る「ビープ音」に思考回路が働かず、しかしそれに即反応し気がついたのは4:30でした。

「ここで目が覚めたって安心したらまた寝てまう......。わ”っやばっ!まぢですぅと来よった。起きるっ!」

そして、始発の電車を目指し速攻で準備をしますが、毎度必ず行う「忘れ物チェック」は表などを作らない脳内処理にて行う為、スムーズに頭の中からその「リスト」が浮かび上がりません。

「ん?もう5時!?は、はやっ!5時20分ちょいの電車やでっ!ヤバい、こんなヤバいんひさびさちゃう?」

今回は段取りが悪く(普段も悪いんですがさらに)、出発をしたのは5:10。かなり「ギリギリ」の私、「ものグラム」でした。

2021年12月30日(木)に年締めとしてアップさせて頂いた遠征符号記事、「【遠征】2021年番外編、「不思議な事は起こっていた」。 ラストその2 Column0587」にて私、「ものグラム」個人的に「999記事達成ご褒美(当サイト(ブログ)」と解釈する、以前飼っていた猫の「トッちゃん(トッティ)」命日の黄色い蝶符号から結果、両親から初めて自分の欲しいものをプレゼントされた「超高級リュック」を背負い一枚。(近しい方からの要望あり笑)

「先月の12月の岡山で1回つこたけど、遠出では初!この黄色いんがオプションでモノグラムパッチっていうのもヤバい符号やな....。」

それを撮影していた当の私、「ものグラム」に視点を切り替えると既に眼鏡が曇っていた、この日現在2℃の出発となりました。

「さ、さぶぅ〜.....。ってかわ、わすれもん、な、ないよな....?」

実は約5ヶ月ぶりの「フライト遠征」。

「づ、づいだ〜。ん”っ?」

出発から約1時間半が経過した6:40、最寄り空港である「神戸空港(UKB)」に到着しますが、新年である事を忘れていた私、「ものグラム」はその人の多さに驚きます。

「ってか今まで何十回ってフライト旅して来たけどそういや新年明けすぐは初やな....。まぁ航空券も割高やったしある程度は思とったけど、ま、まさかここまで多いとは思わんかった....んで工事中のこの光景も初や.....。」

そして、保安検査に長蛇する列に並びますが、保安検査自体は慣れたもの。リュックからノートパソコンを取り出し、衣服の各ポケットに収納していたスマートフォン、鍵、そして脱いだ上着等をトレーに乗せチェックに入ります。

「はい、どうぞ」

「はい〜....................」

1発で無事保安検査を通過しますが、その後に感じた快適こそ「ご褒美リュック」でした。

「ちょっ!ノートパソコンをチャック開けたら即入れられるこの作りヤバい!ま、まぁこれ買うてもらう時に欲しいって1番に思わせたんがこれやねんけどさ、普通のリュックはフタ部分を開けてから出し入れせなあかん....って、ちょっとしたことやねんけど快適さは数十倍ちゃう....。と、トッちゃん、おとんおかん...。ありがとやで〜!」

そう本気で思いながら撮影しましたが、以前はノートパソコン用携帯ケースに入れていたのも不要となり、旅路に於いていかにバッグの「機能性」が重要なのかを感じさせた一瞬でした。

保安検査を通ったのが6:55、フライトは7:35。決して余裕あるものではありませんでしたが、ここからは「完全リラックスモード」に突入となります。

スポンサーリンク

「空の旅」の楽しみを。

ここからは少々趣を変え、「空の旅」の楽しみをお伝えさせて頂きたいと思います。

車や電車、新幹線等の地上を移動する旅ももちろん「楽しい」ものですが、それとは視点の変わる空の旅もいと愉し。今回撮影させて頂きました写真からそのフライトの様子を少しでも味わって頂けたらと思います。

まずは機内に乗り込み着席した瞬間。車や電車旅とは違う航空機のスケール感の大きさをまず感じさせるのがポイントです。

今回初のご紹介となりますが、預け手荷物を機内へと運ぶ瞬間。

フライト直前、滑走路へと入る前にはクルーによる「お見送り」があるのも嬉しく「ほっこり」させられます。

そしていよいよ滑走路から超高速で走りながら「ふわっ」と浮かび上がる瞬間が訪れますが、フライト好きはこの「ひととき」こそ堪らないものでしょう。(た、たぶん....ですけど笑)

そしてこの後に上昇を続ける中のさらなる楽しみはこちら。

雲の存在を「上から」眺められる事。天候が悪くてもフライトし雲の上に上がればそれを全く感じさせない「天の場所」を感じさせたり。

雲と雲の間の「サンドイッチ」の光が生む超自然な光景も地上にいるだけでは感じられない世界です。

フライトから上昇する「上り」もいと愉し、ですが、もちろん着陸までの「下り」にも楽しみがあります。空から地上を眺める「スケール感」はとても大きい為、地上にあるもの全てが小さく見え、時には「神秘的」な光景をこの様に見せてくれたりもします。

そしていよいよ着陸寸前となりますが、機内からは想像以上にくっきりと地上の模様を確認する事が出来ます。

そして着陸となりますが、機体や体の重さを受けた「超重い」物体が地に着く瞬間の衝撃、負荷を感じるのもまたいと愉し。地上移動では味わえない様々な体験が出来る「フライト旅」もオススメです。

今回の「ターゲット」とは?

「空の旅」を一瞬(約1時間)堪能させて頂きましたが、今回「ターゲット」とさせて頂いた地、おわかりになりましたでしょうか?

実は今回約3年ぶりの2度目として遠征ターゲットとさせて頂いた到着はこちらとなります。

「いやぁ、めっちゃ久々っ!うれしいぃ〜テンションアガル〜!」

それがこの一枚となりますが、到着から出口までに「搭乗口」を通過する珍しい空港。この段階で何処に来たかおわかりになる方も多いでしょう。

そう、今回ターゲットとなった県は「鹿児島」。

実は2度目の訪問となりますが、初回は当サイト(ブログ)開設前、以前約3年9ヶ月の間運営させて頂きました「続、ものグラムな生活。インスタントラーメン編」最終の遠征以来となります。

「いっやぁ、めちゃひさしぶり〜!でも20年9月に大分行った以来で1年4ヶ月ぶりやけど、鹿児島ターゲットは19年2月やろ?3年弱ぶりやん〜!今回は前とはちゃう遠征するで〜!めちゃテンション上がって来た〜!」

この時9:01。本来は8:45の到着予定でしたが、保安検査による約10分の遅延で8:55の到着となりましたが。

「うぇ〜〜ぃ!2回目の鹿児島はより濃くいぐで〜、今からクルマ調達で進むで〜!」

普段はその10分を「めっちゃデカい」と思う私、「ものグラム」はこの時に限り「余裕」を感じさせましたが、そのプランに「甘さ」があったのか?

「いや、んまあ....、今回プラン的には余裕あるかな.....んでも楽な道のりちゃうでっ!」

そんな事を思いながらも、遠征最初の明るい「上り」道に期待感高まる最高の気分にて空路を楽しみました。

次回は実食?まずはクルマを調達。(あとがき)

はいっ!以上、今回の遠征先は当サイト(ブログ)では初となる鹿児島でしたが、少しでもフライト旅の雰囲気を感じて頂けましたでしょうか?

個人的にも久々の鹿児島へのフライト上りを楽しみましたが、次回以降は「クルマ旅」、今からが本番。その道中はどうなったのか?本来の予定とは違うメニューが待っているとは本人も全く思わず本土スタートとなりました。

では!次回その道中とは?お楽しみに宜しくお願い致します。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事