スポンサーリンク

どうもっ!ものグラムです。

今回は2022年1月5日(水)〜6日(木)に敢行させて頂きました、「フライト&クルマ旅in鹿児島(仮)」よりその7を進めて参りたいと思います。

その6に到着した、2度目の鹿児島(当サイト(ブログ)移行後は初)にて念願叶う到着となったのは「鹿児島ラーメン 豚とろ 天文館本店」でしたが、写真を撮る際の「閑散」とした状況に一瞬、「あ、開いとんか...?」と不安が脳裏をよぎります。しかしその不安は即解消され店内にイン、「実食真剣モード」に切り替え無事完食、この日2軒目の訪問実食メニューが終了しました。

では!この後の予定は?どこ行ってん?3軒目行けたんか?見て参りましょう!宜しくお願い致します。

「2軒目終了!つぎや次っ!」

2022年1月5日(水)、鹿児島2軒目として訪問実食した「鹿児島ラーメン 豚とろ 天文館本店」

「あ”ぁ〜、やっと豚とろ来れて実食完了やぁ。最初先客1組だけやってビックリしたけどこの後どんどんお客さん来て賑やかなったもんなぁ、学生さんやったんかな?.....。よっしゃ!2軒目終了!つぎや次っ!」

到着は2022年1月5日(水)の12:28でしたが、メニュー終了は12:45。店内ではたった約15分の「短期決戦」を終えた心境は予定通りに進んだ「久々の達成感」を憶える私、「ものグラム」でした。

「今日は腹具合まだだいじぶっ!今回3軒目も絶対マストやからなっ!まずはと....、クルマ戻ろ...。」

そうして、コインパーキングに駐めた車がある場所へ戻りました。

「よっしゃぁ〜。行きは通らんかったけど、やっぱ通っとかなな!」

訪問実食往路で通らなった「天文館公園」。冬季(2021年12月3日(金)〜2022年1月16日(日))夜間は「天文館ミリオネーション2022」としてライトアップされていた。

訪問実食往路では写真だけを撮り「スルー」した天文館公園でしたが、復路で念願叶い通ります。がしかし。

「んでも....夜間はライトアップされとるみたいやけど....。昼間は静かな広場、公園なんやな....」

南九州最大の繁華街、天文館を約100万球のLED電球で彩る大規模なイルミネーションとして毎年「天文館ミリオネーション」が開催されているそう。

さらに今回開催の「天文館ミリオネーション2022」はこれまでのテーマを一新し、「光のエール広場」や「願いのプロムナード」、「希望のトンネル」、「エール・ツリー」などを設け来場者が楽しめる空間を演出、より進化されたイルミネーションが夜間に楽しめたそうです。

天文館ミリオネーション2022 「光のエール広場」(Walkerplus(KADOKAWAグループ):「イルミネーションガイド2021〜2022」より画像引用(画像提供:鹿児島市役所 観光振興課))

天文館ミリオネーション2022 「願いのプロムナード」(Walkerplus(KADOKAWAグループ):「イルミネーションガイド2021〜2022」より画像引用(画像提供:鹿児島市役所 観光振興課))

天文館ミリオネーション2022 「希望のトンネル」(Walkerplus(KADOKAWAグループ):「イルミネーションガイド2021〜2022」より画像引用(画像提供:鹿児島市役所 観光振興課))

天文館ミリオネーション2022 「エール・ツリー」(Walkerplus(KADOKAWAグループ):「イルミネーションガイド2021〜2022」より画像引用(画像提供:鹿児島市役所 観光振興課))

「ま、まぢかぁ〜!ってか今回はむでぃむでぃ〜(むりむり)やんか....。く、クルマもどろ.....」

そうして、コインパーキングに駐めた「マイレンタカー」に戻り、3軒目をターゲットにしました。

「マスト」メニュー3軒目へと移動。

「おっしゃ!カーナビ設定終了!いぐでっ!」

そうして鹿児島市街地を車にて12:55に移動を開始。

「いやぁ、市街地を走行するんは初やし新鮮やねんけど、鹿児島は路面電車もあってちょい難易度高め?」

そんな事を思いながら進みますが。

「うわっ!これもめっちゃひさびさっ!自力のクルマできてもた〜」

目の前に見えた「観覧車」に喜ぶ私、「ものグラム」ですが、人生初の鹿児島を訪問した2019年2月6日(水)以来2度目の出会いとなります。しかしその前回は鹿児島空港(KOJ)より高速バスに乗り到着した際に目にし、路面電車をメインに移動、ラーメン店へと訪問実食した為、その「景色」は全く違うものでした。

「んで、前はこの観覧車から右側の天文館エリアがメインやったやん、んで今回はこの先左折の未知の領域やんっ!うえ?左から2番目のレーンでええん?あっ、これで良かったみたい〜....。市街地走行こ、コワい〜」

車での初市街地ゾーンを走行するのは楽しさと共に「超緊張」感が車内に漂いますが、この市街中心地の「JR鹿児島中央駅」付近を抜け、さらに線路を挟んだ北側へと進む事に成功、マストとして3軒目へとターゲットとするエリアに近づくと「案内を終了します」とアナウンスされます。

「え〜と、次左?あれっ?カーナビまぢか?ちょっ!やっぱちゃうやんっ!!」

その場所には3軒目店舗の存在どころか住宅街へ入る路地。

「ちょ、とりあえず邪魔にならんところ、ここ駐めて、んでスマホ地図アプリ...。あ”っ!反対側走行車線沿いやん!んなら元来た道に戻って....と。」

「んで間違い無いやろ、このコインパーキングすぐやろ、駐めて、と。」

「おっしゃ!と、駐めれた〜!」

の図がこちら。この時13:11でした。

しかし。

「ってか、ここで間違い無いんやろけど3軒目、ど、どこや....。」

3軒目へとターゲットする店舗は目と鼻の先であるのは確実ながら、未だその店舗の場所を確定出来ませんでした。

「駐車場の裏からとりあえず回ってと。んっ!?はっけ〜んっ!!っってか、コレは初訪やったらわかりにくいっ!ん、んでもこ、これた〜〜。」

その到着瞬間がこちら。

「こう見たら堂々と看板あるし、鹿児島ラーメンシーンを牽引する人気有名店やねんけどさ....、今回ちょいムズかった〜。んでもこ、これた〜!」

それが到着時の率直な思いでしたが、3軒目の「マスト」としてターゲットする店舗前にて撮影したのは13:13。駐車したコインパーキングより本来ならば10数秒で到着するものの、約2分を要した「達成感」は高く、いよいよ店内へとインする瞬間が訪れました。

スポンサーリンク

次回もちろん、3軒目の実食となり...(あとがき)。

はい〜....、。個人的に全く思う様に進まなかったその7ですが、なんとか人生2度目の鹿児島の3軒目へと到着する所までを「スマート」とは無縁でお送りさせて頂きましたがいかがでしたでしょうか?

本来は即3軒目へと到着!と進みたいところですが、実はなかなかスムーズに進まないのも「遠征」でありまして、今回それを体感した道のりを「プロセス(過程)」として具体的に綴らせて頂いた次第ですが、本当に進みませんね(笑)...。

しか〜し!ゆっくりではありますが進んではいますので(笑)、次回こそ3軒目、その訪問実食内容を。

「ってか....。次回遠征と「カブってまう」....。」(意味深)

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事