スポンサーリンク

どうもっ!ものグラムです。

今回は2022年1月5日(水)〜6日(木)に敢行させて頂きました、「フライト&クルマ旅in鹿児島(仮)」よりその8を進めて参りたいと思います。

その7では2軒目の訪問実食店、「鹿児島ラーメン 豚とろ 天文館本店」のメニュー終了後から「天文館公園」を抜け、車を駐車したコインパーキングへ戻り3軒目へと到着する所までを記しました。

では!いよいよ鹿児島初日のラスト3軒目の店舗とは?何食うてん?見て参りましょう!宜しくお願い致します。

鹿児島3軒目へとターゲットしたのは「麺屋剛 本店」。

「いやぁ、正直ちょいわかりにくかったけど、それは初訪やったからやろ....。もう今回で場所はばっちしおぼえたで〜!んできた〜っ!」

麺屋剛(ごう) 本店 店舗外観

今回の鹿児島初日ラストの3軒目とターゲットし到着したのは2022年1月5日(水)の13:13、その店舗は「麺屋剛(ごう) 本店」でした。

この日訪れたスポットを1〜8にてデータ化したものがこちらとなりますが、7番が2軒目として訪問実食した「鹿児島ラーメン 豚とろ 天文館本店」、そこから車で約3km弱、JR鹿児島中央駅より線路を挟む西側の初エリアへと進んだ8番が「麺屋剛 本店」となります。(実際に訪れた各スポットに写真データも入れておりますのでご参考にして頂けますと幸いです)

「いやぁ、鹿児島初回は老舗攻めさせてもろて、今回は比較的新しい店舗に来れたんは嬉しいなぁ。ってかここはちょい前にカップ麺としても商品化された人気店!今回マストで来れたんは嬉しすぎ〜!って、てかはよ中入ろ....」

そうして、いよいよ店内へイン、楽しみの実食へと進みました。

鹿児島の人気ラーメン店、「麺屋剛(ごう)」とは?

2007年(平成19年)12月に鹿児島市西田にオープンした「麺屋剛(ごう)」は現在「ROUTE3伊集院店(日置市伊集院町)」、鹿児島初の立ち食いラーメン店「名山屋台麺屋剛(鹿児島市名山町)」の計3店舗を運営する、創業16年以上(2022年2月現在)愛される鹿児島の地に根ざした人気ラーメン店。

店主の東郷剛さんは同じく鹿児島にて1968年(昭和43年)に創業する老舗人気ラーメン店、「くろいわラーメン」にて2005年(平成17年)より修行された経歴を持ち、そこで習得したノウハウを活かし進化させたラーメンを提供しています。

KTS鹿児島テレビ、鹿児島ラーメン王決定戦実行委員会が主催する「鹿児島ラーメン王決定戦」(2014年より開催)の第3回にて初出場で2位に入賞するなど、鹿児島の「旨い!」を届ける「ラーメン店」として営業される名店。

2021年(令和3年)12月7日(火)には全国のファミリーマート流通にてカップ麺「麺屋剛監修 剛麺 とんこつ味」が発売され日本全国にその名が知れ渡る事となりました。

「麺屋剛」の「剛麺 GOUMEN」とのご対麺(面)。

「おおおぉ!き、きた〜〜!」

今回オーダーさせて頂いた、デフォルトの「剛麺 GOUMEN」。

「これはウマそう!ルックスはくろいわゆずりかな、もやし、ねぎ、んで炙りのチャーシューに揚げねぎやな」

そんな事を思いながら、集中し実食を開始しました。

まずはスープから。

「あっ!コクはあるのにすっきり感も感じさせる1番2番の合わせ技なんかぁ。濃厚に抽出されとる豚骨やのにしつこさは全く皆無のブレンドが万人に愛される美味しさで、んでなによりこの揚げねぎ...。こ、これ玉ねぎやん!ほのかな甘みと同時に来る香ばしさ!やっぱ鹿児島の豚骨の美味しさのひとつやんなぁ。うまいっ!」

一口頂く瞬間に香る「香ばしさ」は乳化されたクリーミーな豚骨スープに相性ぴったり。しっかり炊き出された豚骨スープも一番、二番スープを重ねた味わいは全くしつこさを感じさせず、しかしコクのある旨味凝縮の美味しさにただただ一口、さらに一口とレンゲを動かされました。

そして麺。

「うんっ!ぎゅっとした密度があって力強い。んでストレートのするする滑らかな舌触り。豚骨のコクスープとのバランスが絶妙でどちらも力強い.....のに全体として軽く感じさせる美味しさ...。これが進化系の妙に感じる...。う、うまい...。」

さらに、

「この豚骨にもやしの清涼感、んで炙ったチャーシューの肉質と香ばしさも美味しくて、脂推ししてないのもポイントやんなぁ。」

食べ進めるその美味しさにただただ美味しいとスープ、麺を啜り完食となりますが。

「ラーメンごっさんでした!おっしゃ!これも楽しみ!」

と、今回オーダーさせて頂いたのはサイドメニューの「剛の唐揚げ(3ケ)」。

「うんっ!ほんまカラッと揚がっとって、ラーメン実食後の適度な3個がええねんな。キャベツにかかっとる独自のドレッシングかな、こ、これもうまい!いや、3軒目やったけどもちろん完食!いや、食えた....。今日3軒3杯にサイド1食、しっかり頂けたで!おっしゃ〜!ご、ごちそうさまでした〜!」

主役のラーメンに添うサイドメニューもラーメン店にとっては欠かす事の出来ない客単価アップ必須の一品ですが、頂き易く3ケとして提供される「剛の唐揚げ」も今回要チェックでした。

本来ならばラーメン店に不要な「フライヤー」をわざわざ装備し提供するのもポイント、それを思いながら頂くカラッとした軽快な美味しさもお見事、に感じながら無事、この日3軒目の「麺屋剛」の訪問実食メニュー終了となりました。

スポンサーリンク

初日計3軒のメニュー終了後。

「ごっさんでした〜〜!いやぁ〜敢行できた〜やけど、や、やっぱちょいわかりにくかった〜。んでも来れて嬉しかった〜!」

「麺屋剛 本店」の訪問実食終了は13:39。無事終了となった初日訪問実食メニューに安堵する一瞬でしたが。

「太陽ヘルスセンター1階って、いまでいうネットカフェで温泉付きの施設...。超豪華やけ他ではなかなかない感じ?」

そんな事を思いながら達成感を与えられた13:41。次のメニューを「模索」する瞬間が訪れました。

次回、訪問実食後の「ノーメニュー」より車を走らせる...。(あとがき)

はいぃ〜、以上終了となりますが、なかなか前に進みません...(笑)。しかし2022年1月、1発目の鹿児島初日の麺メニュー終了まで終える事が出来ました。

実はこの後のメニューはゼロ。この時に行きたい所に行くか、それともそのままホテルへチェックインするか?でしたが、この後即浮かび上がった「ひらめき」がありました。

では!次回。その「ひらめき」とは?行けたんか?お楽しみに宜しくお願い致しますっ!(今回も思いの外時間掛かってもた〜....いいわけ笑)

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事