スポンサーリンク

どうもっ!ものグラムです。

今回は2020年7月14日〜15日に敢行した「クルマ旅in岩手・青森」より、その9を進めて参りたいと思います。

1日目である初日、神戸から仙台空港へ、そしてそこから約400kmに渡る「クルマ旅」を終えたホテルチェックインまでの道のりは約1,000km。我が住まいから非常に遠い青森市内のホテルへと、なんとか無事チェックインする事が出来ました。

今直ぐにでもぶっ倒れる事が可能でしたが、それではあまりにも勿体無い、そう思うのもワタシ、「ものグラム」で(笑)、この後最後の最後のメニューを急遽敢行します。

では!なに?なにやってん?どっか行ったんか?進めて参りましょう!宜しくお願い致します。

前回までの流れ。

7月14日、4:30。

約2週間ぶりの起床は感覚が残っているのもあり余裕、ではありましたがやはり怖いのは「起きた気になる起きてない症候群」(ただ単に「寝過ごし」ともいう笑)。

しかし今回もなんとかその壁を乗り越え向かった先はフライト旅恒例の「神戸空港」。そして悪天候の中なんとか現地に着陸する事が出来ました。(本編では明かしてませんでしたが、実は条件付きフライトで、悪天候の為神戸空港に引き返す、もしくは東京羽田空港に着陸するもので、そうなってしまった際を考えるとドキドキしたものでした)

今回到着したご縁ある空港は、ではありません。今回「も」ご縁があったのは「東北の玄関口」である仙台空港。約2週間ぶりの到着でしたが、やはり遠くの地にくる喜びは大きく、その後無事、前回と同じレンタカー店舗に到着、いよいよ新たな一歩がスタートします。

【関連記事】2020年7月14日、約2週間ぶりの遠征は前回と同じく「仙台空港」へ。「2020年12発目、が始まってしまった。 その1 Column0362」↓コチラ

しかし、いざ高速道にてクルマ旅が始まると、今回予定していた3軒の実食メニューは時間的にかなり厳しいと思う様になり、1軒目に予定していた訪問を断念します。そしてその次2軒目の店舗まで断念する事になり、即見つけたPA(パーキングエリア)に停まりルート変更する事態となります。

出発から直ぐにこの日予定していたメニューの内2/3が崩壊しましたが、それには大きな訳がありました。

「めっちゃ会いたい〜、もう一回行きたい〜」

と、この道初めての岩手県で初訪問させて頂いた店舗への想いがより急に強まった為で、その内容は実は今でも信じられないご縁だった事でした。

メニューががらりと変わり本来なら3軒目となる本命だった店舗が今回のクルマ旅1軒目になるとは全く思っていませんでしたが、意外とすんなり到着してしまいます。それが岩手県花巻市にある「さかえや 本店」。

しかしやはりあの有名店が今目の前に、そしてあの風変わりな建物が画面越しでは無く目前にある不思議な感覚に興奮を憶え始めましたが、その時はやって来、過ぎ去るもの。去られる前にしっかり空間共々頂きたいと思う瞬間でした。

【関連記事】出発早々からガラりとメニュー変更となったものの、その想いは非常に前向きだった、「12発目、今回も仙台空港からクルマ旅。しかし走り出し直ぐにメニュー崩壊。 その2 Column0363」↓コチラ

「元祖 満州にらラーメン」と看板に掲げられた「さかえや 本店」は創業1960年(昭和35年)で約60年以上地元で愛される店舗ですが、地元では「満ニララーメン」や「満ニラ」と称され親しまれている唯一無二の味わいでもあります。

今回は醤油、味噌、塩の味わいから醤油をチョイスしオーダー。その味わいをじっくり堪能しましたが奥の深さを感じながらも老若男女の幅広い層に親しまれる味わいも理解出来完食。

【関連記事】12発目1軒目の大本命は「さかえや 本店」。その「満ニララーメン」とは?「12発目、メニュー崩壊後メインの1軒目「夢の実食」。その3 Column0364」↓コチラ

味わいの満足感と来る事が出来た達成感に喜びを感じますが、残された時間は決して余裕あるものでは無い為、再び「クルマモード」に切り替えいざ進みますが、次こそが「想いの強さ」からメニューをガラりと変えさせたこちらも大本命でした。

それは「夢のお告げ」と勝手に解釈した、しかしその偶然に今でも必然だっただろうその店舗のご縁を今回も感じ、1軒目から約26km先、到着したのは岩手県紫波郡紫波町(しわぐんしわちょう)に店舗を構える「ビアック大盛軒(たいせいけん)」。

【関連記事】この日メニューの2/3が崩壊した真の理由とは、「夢のお告げ」?「12発目、2軒目は急遽の大本命。「夢のお告げ」からの再会。その4 Column0365」↓コチラ

(その5は1軒目までのドライブを動画にした「12発目の「ドライブ動画」が出来ました。少々箸休め。 その5 Column0366」をお送りさせて頂きました。)

店舗内に入ると、実際には約1年8ヶ月のブランクがあったものの全くそれを感じさせない当時の記憶そのままで帰って来た様な感覚すら感じさせましたが、メニューはかなり進化しておりビックリ。当時は無かった「ワンタン麺」を今回は頂こうとオーダーし、実食が完了しました。

食後のコーヒータイムをと、唯一少し優雅な時間を堪能させて頂きましたが、その直前に以前来た事を伝えるとなんと憶えていてくれた事が判明。店主直々に挨拶までしてくれ、その後近況などをお聞きする事が出来ました。

そんな幸せな時間もつかの間、一瞬で過ぎ去ります。次回訪問を約束しながら、「ラーメン」と「大関ファミリー」に後ろ髪を引かれる様な感覚を憶えながら、次は「クルマ旅」本番、長距離移動が待っていました。

【関連記事】急遽メニュー変更となったどうしても外せない「ご縁」はこのお店。「ビアック大盛軒」に入店。「12発目1日目メインイベント。「ビアック大盛軒」にイン。 その6 Column0367」↓コチラ

途中、リサーチとして大型スーパーに寄り少々の収穫を得る事が出来ましたが、それに費やした時間は約30分。余裕があるとは思ってはいたものの、それが後に響くとはこの時知る由もありません(笑)。

しかしその後は下道を順調に進み、いよいよ人生初でもある、この「ラーメン道」42都道府県目の青森県を跨ぐ瞬間がやって来ます。

いよいよ来る事が出来た喜びにテンションが上がりますが、その先でまたしても衝動に駆られるのは「ものグラム」。平地にて最終目的地のホテルには向かわず、どうせなら大自然を味わいたいと山越えルートに変更します。

そして何箇所も過酷な「酷道(こくどう)」を乗り越え到着したのがあの「奥入瀬渓流(おいらせけいりゅう)」。ごおと轟く大自然の空間の中、なんとか写真を撮る事に成功しました。

【関連記事】人生初でもある未開の地は「青森県」。その1発目からそこに行く?「12発目1日目、実食終了。より本格的な「クルマ旅」。 その7 Column0368」↓コチラ

達成感はあったものの、その時すでに17:58。闇に包まれる前になんとか下山しなければと焦る気を抑えながら進みます。

しかし最後に大きな壁が立ちはだかるのを知る由も無く、10数分進んだ所で状況が一気に変わります。それが「超濃霧」。雲の中を進むと言って過言では無い真っ白な世界観はそれを楽しむ余裕など1秒たりとも無く、操作を一歩誤ると谷底へ落ちてしまう.....、時速40kmも出せない程のもので、さらに木々が茂る森の中を走る際にはその暗さも相まり全く進まない最後の試練が待っていました。

その約1時間の格闘は結果としてなんとか下山出来ましたが、気力体力共に最後に削りに削られるものとなりました(笑)。

そうして、約400kmの往路を走破しホテルに辿り着いたのは19:18。前回11発目の「クルマ旅in福島・栃木・群馬」の約350kmの道のりよりも少々早い到着には満足でしたが、体力面ではそれよりもさらに余裕の無いものでした。

【関連記事】この日最後に壁がやって来た?「超濃霧」との戦いとは?「12発目1日目、満身創痍でチェックインへ。その8 Column0369」↓コチラ

ホテルにチェックインしイスに座ると、全く身動きが出来ない感覚がありましたが、「まだ動かなあかん」とホテル部屋内のチェックイン直後から続きます。

「デラックスダブルルーム、や、やばいな。」

今回、通常よりも格安で販売されているだろう、約7,000円(税込)の「デラックスダブルルーム」を選択したのは、普段では絶対に泊まる事が出来ないプライスにありました。通常だと1万円は軽く超えるだろう、20平米はある部屋はまさに「デラックス」そのものです。

しかしひとつだけ断りを入れさせて頂きますが、決して金銭的に余裕はありません(笑)。通常のシングルが約5,000円程度ですが、後もう一声の1.4倍なら「く、苦しいけどやっぱ体験しときたいなあ」と、かなり苦渋の決断であります(笑)。

生きている間にひとつでもこの様な「デラックス」な体験も必要だと感じた為ですが、実際には少々身分不相応感は否めない感覚もありました(笑)。

「うっわっ!まじか〜!」

ユニット式の風呂場かと思いながら部屋に入って直ぐ右手の扉を開けると、そこに広がった光景は洗面&トイレで、バス、風呂場が別になった作り。もう少し角度を変えご覧頂くと。

「憧れのガラス張りやん〜。って、おっさんひとりで寝るだけやねんけどな.....」

と、ふと我に帰ったりもしましたが(笑)、後でしっかり身体を清め温めるのに使用しよう(これはちゃうでちゃうで笑)、とひとまずリクライニング機能のあるワンランク上のイスに座りました。

スポンサーリンク

「と、とりあえず乾杯〜や〜!」

普段の生活では絶対に頂かない、本物のビールを飲めるのは遠征時のみ。

「とりあえず一杯や、おつかれさ〜ん」

と、一口飲みますが、「ぷは〜うめ〜!」とはそう簡単に行きません。とりあえず酷使した脳に麻酔をかける感じでしょうか?「それ余計アカンやん」の一杯でした(笑)。

「いや、とりあえず一杯一口頂いたけどさ、今回はまだこれでは満足出来んねん。はるばる1,000km超えでせっかく青森来たやん、ビアックさんで少し抑えめに頂いて、腹はちょい空い.....?て無いねんけどさ。やっぱ夜の部もう一杯言っとかなアカンのちゃう?」

ホテルチェックインし速攻で自らに思いを投げかける形となりますが、その想いこそ「ラーメン道(実食版)」のココロ。

「せっかく来たのにただ寝るのは勿体無さ過ぎる」

の想いが湧き上がり、今回利用のデラックスダブルルーム共、それらが肩に重石を乗せられる感覚が襲いました(笑)。

「やっぱシングルルームで即寝で良かったんかな?」

とも浮き上がって来る気持ちがありましたが、それこそいかんいかん、でしょう(笑)。

「お〜っしゃ!時間ないない!やっぱいぐで〜!」

実際にはホテル部屋内にて約50分滞在し、その間に2本の「本物ビール(350ml)」を空けましたが(笑)、ホテルから一歩外に出、人生初の青森市中心部を歩きました。この瞬間のワクワク感は正直堪りませんでした。が。

「なんかめっちゃ静かやな。お店もほとんど開いてないし、車もあんま走ってないなあ、夜は早いんやな」

この時20:26。照明にて明るさは確保出来てはいますが、人の気配は正直かなり少なく、深夜を思わせるものでした。

徒歩にてさらに進むと一気にそれは加速するかの様でもありましたが、その先に急遽行きたいと思わせる「ラーメン店」が待っていました。今回の店舗チョイスはホテル部屋内で早急に決定したもので、地元の方に親しまれている深夜まで唯一営業されていた、非常に興味そそる「絶対行っときたい!」ものでした。

陸橋を上がり一枚したのは青森では外す事が出来ない大動脈の国道7号線でしたが、20時過ぎの交通量はご覧の通り。やはり青森の夜はより早く静かなものになるのが理解出来、我が住まい、兵庫県民にとっては少々驚きではありました。

意地の3軒目。「おっしゃ〜!ついた〜!」

そして、先の陸橋を渡りその先直ぐの店舗へと到着。

「おっしゃ〜!ついた〜!なんか腹減ってきたでぇ」

とは身体がそれに反応した為でしょう(笑)、ワタシ「ものグラム」の青森初のチョイス、ご縁を頂けた店舗が目の前に。

店舗内が外からは全く見えない、他県からの訪問では敷居が高いと思われるかもしれない佇まいですが、その地元感こそさらに惹きつけられたのがこちら。先程まで「直ぐに倒れられる」状態でしたが、やはり一歩外に出て大正解だったと思う瞬間でした。

「わあ、堪らんなあ。腹の余裕はないけど、ここでしか味わえん一杯、これは絶対いただくで〜!」

ホテル到着後直ぐにオンライン地図でご縁を頂いたのが今回でしたが、その味わいは他では絶対に頂けないだろう唯一のもの。それをご紹介させて頂ける喜びが前進したギリギリのこの日最終実食。いよいよその扉を開きました。

次回は「他では絶対頂けんやろ、これウマ〜!」へ。

はい!今回も比較的ライトに進めさせて頂きましたが、その想いは初の青森県を出来るだけ堪能させて頂きたいからこそです(ただ単に文章作成時間が遅い為でもありますけど...笑)。

次回も急遽の想いからの行動となりますが、あまり大々的に紹介されていない地元にて親しまれる人気店へと吸い寄せられたのもご縁。そのメニューには皆様も圧巻とさせられるでしょう。その中で特に光る一品を見つけオーダーし実食させて頂いたのは?はお楽しみに宜しくお願い致します。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事