スポンサーリンク

どうもっ!ものグラムです。

今回は先日、2020年7月1日〜2日にて敢行した11発目の遠征、「仙台空港」到着からその続き、その2をお送りさせて頂きます。

いよいよ空港からレンタカーにて車を借り、いざ再スタートを切りましたが、ここからが旅の本番でもあります。

「東北の玄関口」の仙台空港から向かう先、それは.....?そしてこの道初の県にて頂くご縁があった地域、店舗は?その味わいは?を見て参りましょう。

おい!なんやそれ?どんな麺やねん?はお楽しみに、ご一緒宜しくお願い致します!

「うわっ!ぜんっぜん余裕ないやんっ!?」

前回は早朝の起床、第1発目の壁から始まり、それを無事超えるところからスタートしました(それでけへんかったらすべてなしやもんな笑)。

早朝5時過ぎの始発電車に乗り、いつも通り到着するのは「神戸空港」。そこから約1時間のフライトを経て到着したのは今回3度目となる「東北の玄関口」、仙台空港でした。到着は8:55。

そこからレンタカーにて車を調達し乗り込みますが、最初の目的地をセットしたところ、思いもよらぬ事態が発生しました。それは筆者であるものグラムの「超てけと〜」な計画故起こるものでした(笑)。

【関連記事】2020年7月1日、起床から最初の到着、「仙台空港」からレンタカーを調達し「クルマ旅」スタートまで「2020年久々の11発目、とうとうその日がやって来た。 その1  Column0350」は↓コチラ

今回はそれからの続き、「うわっ!ぜんっぜん余裕ないやんっ!?」からスタートします。

このカーナビをご覧の通り、「クルマ旅」スタート時刻(最初の信号待ちにて撮影したもの)は9:40。空港に到着しセットアップが完了し動き出すにはこれ位の時間を要しますが、約4ヶ月半ぶりのワタシ、「ものグラム」にはその感覚が欠如しており(笑)、

「まあ、なんとか下道でも行けるやろ」

と、目的地までを有料道回避ルートにて検索していました。しかし、この画面をご覧頂くと、目的地までは147km、到着予想時刻13:33となっている事に気づきます。

「え”っ!?コレもう2軒、3軒実食後の時間やんかっ!?」

その時刻をしれっと何事もない様に示すカーナビに疑問符を投げかけましたが、冷静になり考えてみると下道を平均40km/hで走り続けたとして単純にそれ位はかかるのは当たり前。しかし焦ります(笑)。

「13時はアカンっ!よっしゃ、もう〜、高速に切り替えや!いそげ〜、あ、焦ったらアカン」

と、軌道修正(笑)、次の信号待ち停車時にルート変更をかけると、到着予想時刻は正午過ぎとなり少々安堵しました(笑)。ここからが本当の意味でドライブも楽しむ「クルマ旅」の環境が整ったとも言えるでしょう。(正直高速代が加算されるのは少々コワいところでもありました笑)

11発目、「ドライブも楽しもう!」高速道快速。

とは言いながら、実は高速道入り口まで約30kmは下道にて進むルートで、その間に運転感覚を取り戻しながら(普段は全く運転しません笑)進み、いよいよ高速道入り口に差し掛かりました。

後、もうひとつ心配だった事がありました。それは、

「ETCカード大丈夫なん?」

であり、実は5月下旬にシークレットで敢行した「京都遠征」の最終日、ホテルチェックアウト時に焦りからやってしまった、「Amazonアカウント凍結フィッシング詐欺」に見事に釣られたのがワタシ、「ばかばかばか〜あほあほあほ〜!ものグラム」で(笑)、その後即カード再発行(カード番号を入れてしまいました笑(冷静時には絶対にしないミスですが、考え事等心に余裕が無い時は本当に引っ掛かってしまうのが詐欺ですのでくれぐれもご注意下さいませ))した為、ちゃんと紐付けされているかでした。

しかしETCカードをセットするとエラーは無く、いざゲートを低速(約20km/h)で進んだ所、見事ゲートが開き安堵(笑)、いよいよ安心の気を取り戻したところで約120kmの高速道ドライブが始まりました。

運転時は写真撮影出来ない為、約100km/hで進みますが、今回利用した高速道は全体の流れが早く、追い越し車線では120km/hを超える程でした。その流れに従い進みますが、さすがに今回の「ワゴンR」、軽車両では不安定な挙動がありハンドルがガタつき、風に煽られる感覚があり少々慣れるのに時間がかかりました。

ドライブを楽しむ、つもりが最初から「超真剣ドライバーモード」になり実は余裕があまり無かったのが本音ですが(笑)、なんとか1軒目到着のゴールが見えて来たところで小休憩、最初のサービスエリアにピットイン。

今回利用させて頂いた小休憩は「安達太良(あだたら)SA(サービスエリア)上り線」。福島県本宮市本宮天ヶ(もとみやあまが)にある東北自動車道のSA

今回利用させて頂くご縁を頂いたのは東北自動車道上り、福島県本宮市(もとみやし)にある「安達太良(あだたら)SA(サービスエリア)」。

比較的大きなSAで、お土産コーナーも充実してそうな雰囲気が大。手短に手洗いを済ませ数分の時間で家庭用麺もチェックしようと中へ入りましたが。

「うわっ!!」

安達太良SA内の土産品販売コーナーの一角に設けられていた、岩手県の老舗製麺メーカー、小山製麺の家庭用袋麺のほぼ完売状態の一枚。

家庭用袋麺を製造する東北発のハイクオリティな製品を産み出す「小山(おやま)製麺」の品々がほぼ完売状態で驚きました。

2020年3月10日に放送された、「マツコの知らない世界」のインスタント袋麺を紹介した「インスタント袋麺の世界」の反響はもの凄く、オンラインニュースでは20年3月単月実績に如実に現れた事が記されていました。

その内容ですが、生産量は袋麺27.9%増、出荷額においては袋麺85.2%増の爆発的な伸びを見せたと言う事でしたが、それをこうしてリアルに目にする事でさらに驚かされました。

その番組の発信力の強さと、我が恩師である即席麺の大御所、「大和イチロウ」氏のプレゼン力の凄さに驚かされ、速攻で師にDM(ダイレクトメール)。しかしそれをしれっと流しながら別件の話となりました(笑)。

スポンサーリンク

いよいよ1軒目へ到着、となりますが....

安達太良SAより、駐車場とこの地の景観が伝わる逆サイドの写真。(20207111:15撮影:ものグラム)

安達太良SAに到着したのは11:07、再出発は11:18。実際には約10分、非常にタイトなのも「ものグラム」スタイルで(笑)、残り1/3となる道のりに気持ちを切り替え進みました。

その後約30分弱で高速から一般道へクールダウン。いよいよ1軒目ゴールに近づきました。

「おうっ!もうちょいもうちょい、やっぱのどかな風景なって来た〜」

高速道から現地の一般道を走るこの時(もちろん全て停車時に撮影しています)、11:44。もうゴールは間近ですが、一般的なラーメン店のロケーションとは全く異なるそうで、ナビに従い進むとどんどん自然美に癒されると同時に道幅が狭くなって来るのを体感しながら進みました。

「えっ?予備知識入れといたけど...こんなトコ?」

最後の道を曲がると見えたあの店舗。

「うっわ!ま、まぢか〜っ!!」

その人気の高さはやはりテレビや動画、ブロガーが伝える写真でも伝えきれないものがある、現「コロナ禍」でも驚く人気の高さ、それを目の当たりにしました。

それがコチラ、福島県白河市の名店、「とら食堂」でした。

仙台空港からの道のりはご覧の通りで、空港からの道のり約150km以上の「東北の玄関口」から北では無い南側の福島県へと進みましたが、約2時間半のドライブは想像を絶する「時間との戦い」でした。まあいつもの事ではあるんですが...(笑)。

店舗入り口の左横に設置されているボードに名前と人数を記し、その後は呼ばれるのを待つスタイルで、順番に並ばなくて良い為、来客社はそれぞれ店舗周りで待機していました。

「う〜ん、それにしても凄い人やなあ、時間どれくらいかかるんやろ?」

それが率直、正直な思いでしたが、記帳した後は凝り固まった身体を解しながら待機となりました。

とら食堂の人気の高さを物語る店舗入り口横の待機スペースには10数名が待機。しかしそれ以外にも店舗周辺にて待つ来客者の多さには驚かされた。

店舗のロケーションも他のラーメン店ではなかなか無いもので、しばらくそれら景色も堪能しながら待ちましたが、一向に呼ばれる気配はありません。到着は12:07、今回の旅は最後まで「時間との戦い」になるだろうとこの段階でようやくそれを理解したのがワタシ、「ものグラム」だったワケです。(笑)

「いやあ、ええ景色やなあ、こんな所にまさかラーメン屋があるとは思わへんよなあ、って何時に中入れんねやろ?」

そう思いながら、なんやかんやと言いながらも無事1軒目へと到着することが出来た喜びは大きくもありました。

「まだ食われへんのかいっ!?」

はい〜、以上その2でしたが、ぐだぐだコースまっしぐら確定です(笑)。ただ、今回の旅路ではこの最初が特に大事だった為比較的詳細を綴らせて頂きましたが、それ以降はやや高速で参りたいと....(ほんまにそれできるんかえ笑)、思います(笑)。

次回はこの「とら食堂」についてもお伝えしながらその味わいをご覧頂き、次の目的地へと続けますのでどうぞお楽しみに!宜しくお願い致します。

「それにしても長いな.....」

続き、その3はコチラ>

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事