スポンサーリンク

どうもっ!ものグラムです。

今回は仙台空港経由、「クルマ旅in福島」1軒目到着後から、その3をお送りさせて頂きたいと思います。

その1軒目の到着は福島県白河市の名店、「とら食堂」で、ラーメン道を歩む者にとっては一度は頂きたい店舗でした。

しかし想像以上に時間と労力を使い到着した店舗前には入店を待つ多くの来客者。そうそう直ぐには入店出来ない事が判明しました。

では!その後、ちゃんと食えたんか?何頼んでん?と思われるでしょう。その詳細とその後の旅路を是非!ご一緒宜しくお願い致しますっ!

前回までの流れ。

7月1日4:30。

早朝の起床、第1発目の壁から始まり、それを無事超えるところからスタートしました(それでけへんかったらすべてなしやもんな笑)。それは「起きた気になる起きてない症候群」(笑)。

早朝5時過ぎの始発電車に乗り、いつも通り到着するのは「神戸空港」。そこから約1時間のフライトを経て到着したのは今回3度目となる「東北の玄関口」、仙台空港でした。到着は8:55。

そこからレンタカーにて車を調達し乗り込みますが、最初の目的地をセットしたところ、思いもよらぬ事態が発生しました。それは筆者であるものグラムの「超てけと〜」な計画故起こるものでした(笑)。

【関連記事】2020年7月1日、起床から最初の到着、「仙台空港」からレンタカーを調達し「クルマ旅」スタートまで「2020年久々の11発目、とうとうその日がやって来た。 その1  Column0350」は↓コチラ

いよいよ「クルマ旅」の本格的始動となりますが、その「超てけと〜」はカーナビをセットした時に確認出来るものでした。なんと1軒目到着予想時刻が13:33と、ラーメン実食としては2軒〜3軒目に差し掛かる時間帯であり目が飛び出そうになります(笑)。

急遽有料道路回避ルートを解除し再設定すると到着予想時刻は12時過ぎになり安堵。その後約2時間半を費やしようやく辿り着いたのは仙台空港から約160km離れた福島県白河市。「白河ラーメン」で有名な地ですが、その中でも人気・知名度共に一番の名店と呼ばれる店舗は「とら食堂」。

しかし到着した喜びから心配の種に変わるのは来客者の多さ。店舗外の待機用ベンチには収まり切らない数十名の待ちがあり、今後のスケジュールに不安を感じましたが、なんとか楽しみの気持ちが勝ち、周りの風景を満喫しながら待機する事にしました。

【関連記事】「クルマ旅」をスタートさせてのは良いものの、「超てけと〜」な計画性の甘さが露呈した、「2020年久々の11発目、「クルマ旅」スタート。 その2 Column0351」は↓コチラ

そうして、いよいよ待機から店内へ、その一瞬が訪れます。

「あれ?今何時?うわっ!めっちゃ時間経っとった〜!」

福島県白河市にある、白河ラーメンといえばの筆頭に挙げられる名店「とら食堂」。県外からの旅行客から地元常連客、ラーメンフリークまでもが訪れる人気度の高さは到着した瞬間に理解出来るものだった。

今回、ラーメン道初の福島県上陸で一番の訪問・実食のご縁を頂けたのはなんと「とら食堂」。2018年6月に敢行した「東北遠征」で、山形県から福島県へと入り訪問させて頂こうと寄ったある店舗前到着時にはタイムオーバーの為閉店しており、約2年の歳月を経てリベンジとなりましたが(笑)、それで良かったとも思う到着でした。

しかし、最後の曲がり角から見えたこの光景は想像を絶するもので、平日であるにも関わらず土日の行列店を思わせる賑やかしさには本当に驚かされました。

「いやぁ、これでこそとら食堂さんやろ〜、でもここまでとは思わんかったなぁ、平日やからもうちょい少なめとおもとったのが甘かったな」

そう思いながら、店舗入り口左手に置かれているボードに名前、人数を記します。その後はその名前が呼ばれるのを松の実、いや、待つのみ(もうそれなんかいやった?笑)で、店舗外の待機用ベンチに腰掛けて待つのも良し、店舗周辺ののどかな風景を堪能すべく徘徊してもオッケーです(但し、スタッフさんの声が聞こえる範囲で待つのが基本です)。

「とら食堂」店舗外の待機スペースには来客者で全ての席が埋まっている。席に座る事の出来ない来客者は店舗周辺で談笑したりしながら「一杯」を気長に待つ光景があった。

「いや〜、でもこのロケーションはホンマないなあ」

「とら食堂」店舗側からの視点に立つと見えるのどかな光景はコチラになります。

周辺は田んぼと山のみの緑全開の立地で、日本全国探してもここまでのどかで自然美溢れる場所にあるラーメン店はそうそう無いと思われます。(まだまだ数少ない実績ではありますが今現在この様なロケーションは皆無でした)

そうこうしながら時計を見ると12:40。到着は12:07で約30分経過していましたが、呼び出される名前を事前に撮っておいた写真から(実食記事用に撮影)確認、もうすぐとワクワク(笑)。

そうしていよいよ。

「1名でお待ちのムカイさま〜」(本名です笑)

来た!と思いながら、一瞬外していたマスクを装着しながら(なんではずすねん笑)、

「は、はい〜!」

と手を挙げアピール(笑)、記帳後約40分後でしたが、それ程待った感が無かったのは正直な気持ちでした。

スポンサーリンク

いよいよ「とら食堂」店内へ。

一旦店舗内には入りましたが、まだ玄関口。本当の店舗内に入る前にもう一つの待機場所があり、そこで待たせて頂きましたが、約3分後に案内されました。

その本当の入り口にはアルコール消毒液が置かれ、

「消毒してからお入りください」

と促されシュッシュしいよいよ店内へ。

「わあっ!これがあのとら食堂なんか〜!広い〜!」

と、この時到着から約45分が経過しており、とうとう入場、入れた喜びは大きく、しかも4名テーブルにたった1名、相席無しで案内された驚きも非常に大きかったです。

「とら食堂」内装。吹き抜けの天井の高さにより広さを感じさせるが、木を基調とした店内は清潔感と決して気取る事の無い親しみと温かみある素晴らしいものだった。

今回頂こうとメニューを事前に決めていましたが、まずそれらラインナップをご覧頂きましょう。

「とら食堂」メニュー。意外とラインナップが豊富であり、初訪時には少々迷わせる悩ましいものである。

基本は「手打ち中華そば」で、「手打ち中華そば(小)」、「焼豚(チャーシュー)麺」の設定がありますが、「白河ラーメン」の特徴のひとつでもあるのが「ワンタン麺」。実は今回必ず頂きたいと思っていたのがこの「ワンタン麺」であり揺るぎないものでした(笑)。

しかし「焼豚ワンタン麺」や「つけ麺」までラインナップされており、初めて訪問する方にとっては少々悩ましいラインナップかもしれません。期間限定の「冷やし中華」も気になります。

では、早速スタッフさんにオーダーを通し、最後のワクワクの時間を堪能しました。

とうとうやって来た「とら食堂」の「ワンタン麺」。

「とら食堂」の「ワンタン麺」。写真ではわかりづらいがおそらく7寸(約21センチ)はある大きなどんぶりにて提供されるその迫力に圧倒させられる。

綺麗に透き通り、そこにキラキラした鶏油が浮かぶスープの美麗さは見事で、そこにめんま、なると、海苔、ねぎ、ほうれん草がトッピング。プラスワンタンに最後は焼豚(チャーシュー)が盛付けされた存在感は大で、写真ではわかりづらいですが約7寸(約21センチ)はあるだろうどんぶりで提供されているのには驚きました。

冷める前に一気に頂きたいと思います。

「あふっ!」

一口スープを啜るとまず感じられるのはスープの熱さ。それは非常に良い意味での驚きで、脂分が少ないのにこの熱さをキープしているのは一見信じがたいもので、スープの美味しさの大きな要素であり喜びでした。

さっぱりした親しみやすい醤油味でもあるんですが、鶏本来の膨よかな風味もしっかり感じられ、しかしくどさは全く感じられない絶妙な味わいに唸りました。。どんどんスープが進みます。

麺は自家製で、青竹で踏み、最後は手揉みをしっかり行う縮れがあります。写真でもおわかり頂けるでしょう、見事な艶に食欲をよりそそられます。

やはり、もっちりとした弾力、コシが十分にありますが、量は非常に多いゆで上げ前160〜170gはあるだろうボリューミーなものでした。「白河ラーメン」はこの麺量の多さも特徴のうちのひとつで、どんぶりの大きさもそれに合わせたものなのが理解出来ました。

そして最後。

迫力のあるワンタンですが、滑らかで口の中を泳ぐ皮の美味しさ、そして餡は生姜の風味がしっかり利いた、スープとの相性もバッチリの美味しさでした。(これら内容は後日、実食記事にてより詳細をお伝えさせて頂きたいと思いますので今しばらくお待ち下さいませ)

「んああ〜......、めっさ腹へっとったからさらり完食してもうたけど、これ3軒はちょっとキツいかもな....」

非常に満足感が高い、スタートからいきなり想定外だった「クルマ旅」と、店舗到着約50分後に提供されたふたつの「焦らし」がより幸福度を上げたでしょう、この後のスケジュールが一瞬どうでもよく感じられる程でした(笑)。

「い、いや、あかんアカン。先はまだ長いんやで〜」

そう思いながら、まだまだこの日の旅路は続きます、思い浸らず感謝の気持ちで店を後にしました。

「うわっ!な、なにこれ〜」

「とら食堂」を後にし、駐車場に向かおうと建物から出た瞬間。

「うわっ!な、なにこれ〜」

と思わず声が漏れてしまいます(笑)。

「とら食堂」駐車場。来客者が多いがその分しっかりスペースが設けられている為少々の空きはあった。

「めっさ雨やん〜、こんな降るってなっとったっけ?」

予報では天気は回復傾向にあるとされていた為、ざざ降りの雨に怯みますが(笑)、今回は「クルマ旅」です。

「おっしゃ〜あめでもなんでもこ〜い!」

などと強気な気持ちで進もうとするワタシ、「ものグラム」でした(笑)。

「また進んでへんやん....

はい〜、今回はここまでです。

なかなか思う様に進みませんが、しかしこれでも以前の遠征記事に比べると進んでいる方です(笑)。今回以降はさらに加速させテンポ良く参りたいと思いますので(またゆうたな笑)、次回もお楽しみに!よろしくお願い致します。

続き、その4はコチラ>

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事