スポンサーリンク

どうもっ!ものグラムです。

今回は2020年7月1日〜2日に敢行した、仙台空港経由「クルマ旅in福島」よりその4、1軒目実食完了以降、その続きを進めて参りたいと思います。

1軒目までの道のりはなかなか長かったですが(笑)、次は1軒目と同じく白河エリアにて実食をと向かいます。

では!次どこ行ってん?何食ってん?見て参りましょう!宜しくお願い致します!

前回までの流れ。

7月1日4:30。

早朝の起床、第1発目の壁から始まり、それを無事超えるところからスタートしました(それでけへんかったらすべてなしやもんな笑)。それは「起きた気になる起きてない症候群」(笑)。

早朝5時過ぎの始発電車に乗り、いつも通り到着するのは「神戸空港」。そこから約1時間のフライトを経て到着したのは今回3度目となる「東北の玄関口」、仙台空港でした。到着は8:55。

そこからレンタカーにて車を調達し乗り込みますが、最初の目的地をセットしたところ、思いもよらぬ事態が発生しました。それは筆者であるものグラムの「超てけと〜」な計画故起こるものでした(笑)。

【関連記事】2020年7月1日、起床から最初の到着、「仙台空港」からレンタカーを調達し「クルマ旅」スタートまで「2020年久々の11発目、とうとうその日がやって来た。 その1  Column0350」は↓コチラ

いよいよ「クルマ旅」の本格的始動となりますが、その「超てけと〜」はカーナビをセットした時に確認出来るものでした。なんと1軒目到着予想時刻が13:33と、ラーメン実食としては2軒〜3軒目に差し掛かる時間帯であり目が飛び出そうになります(笑)。

急遽有料道路回避ルートを解除し再設定すると到着予想時刻は12時過ぎになり安堵。その後約2時間半を費やしようやく辿り着いたのは仙台空港から約160km離れた福島県白河市。「白河ラーメン」で有名な地ですが、その中でも人気・知名度共に一番の名店と呼ばれる店舗は「とら食堂」。

しかし到着した喜びから心配の種に変わるのは来客者の多さ。店舗外の待機用ベンチには収まり切らない数十名の待ちがあり、今後のスケジュールに不安を感じましたが、なんとか楽しみの気持ちが勝ち、周りの風景を満喫しながら待機する事にしました。

【関連記事】「クルマ旅」をスタートさせてのは良いものの、「超てけと〜」な計画性の甘さが露呈した、「2020年久々の11発目、「クルマ旅」スタート。 その2 Column0351」は↓コチラ

そうこうしながら、到着から約40分後に呼ばれいざ店内へ、と思いきや玄関口にて再待機の状態でしたが、約3分後に案内され、いよいよ店内へ入ります。

目の前に着丼となった大きなどんぶりにて提供されたのは事前に決めていた「ワンタン麺」。到着から約50分後でしたが、「クルマ旅」と店舗外での待機の二重の「焦らし」によりさらに期待感は高まります(笑)。

その美味しさに驚きながらも食はどんどん進み、あっという間に完食。店内での一瞬と言えるひとときを深く記憶へ刻んだ、のを確認すると、その次、2軒目へと気持ちを切り替えます。

【関連記事】1軒目のご縁のあった店舗は福島県白河市の超人気有名店、「とら食堂」。その「ワンタン麺」詳細とは?「2020年11発目、念願の1軒目へ入店。 その3 Column0352」は↓コチラ

しかし、一歩外へ出た瞬間、「うわっ!な、なにこれ〜」となるのはかなりのどしゃ降りの雨。しかしよく考えてみると「クルマ旅」。「おっしゃ〜あめでもなんでもこ〜い!」と強気で次へと進む所から参ります。

2軒目は直ぐそこ。早まる気持ちを抑えながら....いざ、と、

「とら食堂」駐車場。来客者が多いがその分しっかりスペースが設けられている為少々の空きはあった。

どしゃ降りの雨に一瞬怯むも、「そうや、クルマ旅やった」と思い出し強気になるワタシ、「ものグラム」でしたが(笑)、車に戻るまでの短時間でもかなり濡れ、頭(髪の毛)は完全に「ぼーん」でした(笑)。

「お〜しゃ!次!まだ食えるで〜いぐで〜〜!!」

そうして走り出したのは13:09。2軒目へはたったの3.5kmで気分は高揚するばかり。この段階ではかなり余裕が生まれて来ましたが、いざ到着すると。

「ん?ナニコレ?」

明らかに人の気配が無い店舗でしたが、事前に調べていたのでしょうか?いや、調べていたつもりだったでしょう、またまた「超てけと〜」が露呈してしまいますが、気を取り直し調べてみます。

今回2軒目としてターゲットしていたのは「菊忠」という店舗で、白河で2番目に古いと言われる老舗中の老舗。現在は三代目夫婦が切り盛りする店舗ですが、白河ラーメンの源流を汲むと言われる味わいを楽しみにしていた為かなりショックでした。

「ん??な、なにこれ??」

営業時間をチェックすると、20年7月1日は水曜日、その欄を見ると11:00〜正午と営業時間があり、コレで騙されていたのが判明(笑)。後でさらにチェックすると水曜は定休日だったのが理解出来、今回はご縁が無かったと諦める他ありませんでした。

今回ご縁はありませんでしたが、この「菊忠」の初代店主の菊池二三(ふみ)さんと、「とら食堂」の竹井寅次さんは同級生だったそうです(昭和2年生まれ)。

「おっさ!さらに気を取り直して次や次〜!」

この白河の地にはまだまだたくさんラーメン店は存在し行きたい所もまだまだあります。その次に標準を定めカーナビにてセット完了すると、ここから約3km。

「おしゃ!いぐで〜〜!」

と進みました。

スポンサーリンク

今回ご縁のあった2軒目いよいよ到着。

「よっしゃ〜ついた〜!」

白河ラーメンの中でも「非とら系」として行列の出来る人気店、「火風鼎(かふうてい)」にご縁があった。

今回ご縁があったのは「非とら系」の白河ラーメンとして歴史があり人気のある、白河ラーメンと言えばの名店のひとつ、「火風鼎(かふうてい)」にやって来ました。

「非とら系」とは時の如くですが、1軒目の「とら食堂」で修行し独立された味わいを指しますが、その系統を汲まない店舗を指すのがこのワードとなります。

創業は1982年で、ラーメンが好きだった創業者の小白井邦夫さんは元寿司職人だったそうです。家庭用土産麺として商品化もされており、以前食した記憶がありますが、今回実際に店舗に来れた喜びは大きく、混雑時には駐車場の満車、実はかなり敷居の高い店舗だという事でしたが、昼時も少し過ぎ、ごく普通に駐車出来たのもご縁だったと嬉しく感じました。

では、いよいよ店内へ入り、早速2食目を頂きましょう。

「火風鼎(かふうてい)」での今回のオーダーは?

店舗外に貼り出されていた「火風鼎(かふうてい)」メニュー。やはりおすすめからチョイスさせて頂きたいと事前に決めていた。

店舗到着までの間にしっかり事前にオーダーを決めていましたが、改めて店舗外に貼り出されていたメニューを見ると、非常にラインナップが豊富です。スープもしょうゆ、みそ、しおとあるのに驚かされますが、「まぼろしの塩」は惹きつけられるものが大きかったりします(笑)。しかしやはり「やわらかず、かたからず」と書かれた本格手打ち麺を堪能出来るのはしょうゆでしょう、店内で即オーダーさせて頂きました。

今回オーダーさせて頂いたのはおすすめの中から、「手打チャーシューワンタンメン」。この店舗で一番ゴージャス仕様の一杯でした。

しかしワンタンはチャーシューに隠れておりその存在は現段階では存在感無しですが、火風鼎と言えばチャーシューメンとも言われているので、その下にあるのが楽しみで仕方ありませんでした。

では!頂きます!

まずスープから一口頂きましたが、こちらは醤油のキレをまず感じさせ、その後に香ばしさが感じられる独特の美味しさが広がりました。しかしやはりさっぱりとしたわかり易い美味しさは万人に受け入れられるだろう親しみやすさが素晴らしくどんどん進みます。

手打麺は敢えて手揉みはしないそうですが、いざ頂くとごりごりのパワフルな印象を受ける力強さがありました。しかし時間の経過と共に直ぐにその表情は変わり、最後には優しいもっちり柔目のものとなり、その時間軸で味わいが変わるのも飽きさせない美味しさに感じました。

そうして、チャーシューの下から出て来たワンタンですがご覧の通り、かなり大きく存在感大。

このワンタンの皮はかなり厚みがあり弾力もあるしっかりしたもので、実は餡の存在は非常に小さい、このワンタン自体を堪能するものだと認識出来ました。「は、腹やばい(満腹度数)」と思わせましたが完食。

最後にチャーシューの存在ですが、このラーメンにはモモ肉が合うと店主がチョイスしたそれは肉の繊維感を十分に感じさせたちょうど良い薄めに切られたバランス感がお見事で、さらりと完食が出来てしまいました。

3軒目?は意外にも。

「嗚呼、うんめ〜」

そう思いながらも今回は麺量が多い白河ラーメン、そして2軒共に「ワンタン」を頂きたかった為トッピングMAXで頂いたのもあり胃袋具合は限界に近く、

「いや、今日はもう2軒でアウトやな、今からの移動は今までとは比べもんにならへんし、後はゆっくりドライブたのしもか〜」

と、気持ちをシフトします(笑)。本来ならばどうしても3軒目!と思う筈ですが、なんとなく満足感に支配された「ものグラム脳」は居心地が良くそれを諦めている様でした(笑)。

次回はロングランで初日最終目的地到着!

はい!今回は比較的ライトにココまでです。(笑)

でも、なんとかその4で2軒目まで来る事が出来たのは今までの遠征記事でも高速な方です(笑)。

実はこの先からが大変でした....(あくまで個人的感想)。

次回は初日、最終目的地まで一気に攻めたいと思いますのでお楽しみに!2軒で満足感を得られた?お楽しみに宜しくお願い致します。

続き、その5はコチラ>

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事