スポンサーリンク

どうもっ!ものグラムです。

今回は仙台空港経由の「クルマ旅」からその5、いよいよ最終地点到着に向け移動を開始する所から参りたいと思います。

1軒目は福島県白河市の「とら食堂」、2軒目は同じく白河ラーメンを提供する、しかし「非とら系」の「火風鼎(かふうてい)」にて実食を完了しましたが、量があまりにも多かった為今回は3軒目へとは向かわずこの日の最終メニュー、宿泊先へ向かいます。

では!ほんでどこまで行ってん?何時着いてん?を見て参りましょう!宜しくお願い致します!

前回までの流れ。

2020年7月1日、4:30。

早朝の起床、第1発目の壁から始まり、それを無事超えるところからスタートしました(それでけへんかったらすべてなしやもんな笑)。それは「起きた気になる起きてない症候群」(笑)。

早朝5時過ぎの始発電車に乗り、いつも通り到着するのは「神戸空港」。そこから約1時間のフライトを経て到着したのは今回3度目となる「東北の玄関口」、仙台空港でした。到着は8:55。

そこからレンタカーにて車を調達し乗り込みますが、最初の目的地をセットしたところ、思いもよらぬ事態が発生しました。それは筆者であるものグラムの「超てけと〜」な計画故起こるものでした(笑)。

【関連記事】2020年7月1日、起床から最初の到着、「仙台空港」からレンタカーを調達し「クルマ旅」スタートまで「2020年久々の11発目、とうとうその日がやって来た。 その1  Column0350」は↓コチラ

いよいよ「クルマ旅」の本格的始動となりますが、その「超てけと〜」はカーナビをセットした時に確認出来るものでした。なんと1軒目到着予想時刻が13:33と、ラーメン実食としては2軒〜3軒目に差し掛かる時間帯であり目が飛び出そうになります(笑)。

急遽有料道路回避ルートを解除し再設定すると到着予想時刻は12時過ぎになり安堵。その後約2時間半を費やしようやく辿り着いたのは仙台空港から約160km離れた福島県白河市。「白河ラーメン」で有名な地ですが、その中でも人気・知名度共に一番の名店と呼ばれる店舗は「とら食堂」。

しかし到着した喜びから心配の種に変わるのは来客者の多さ。店舗外の待機用ベンチには収まり切らない数十名の待ちがあり、今後のスケジュールに不安を感じましたが、なんとか楽しみの気持ちが勝ち、周りの風景を満喫しながら待機する事にしました。

【関連記事】「クルマ旅」をスタートさせてのは良いものの、「超てけと〜」な計画性の甘さが露呈した、「2020年久々の11発目、「クルマ旅」スタート。 その2 Column0351」は↓コチラ

そうこうしながら、到着から約40分後に呼ばれいざ店内へ、と思いきや玄関口にて再待機の状態でしたが、約3分後に案内され、いよいよ店内へ入ります。

目の前に着丼となった大きなどんぶりにて提供されたのは事前に決めていた「ワンタン麺」。到着から約50分後でしたが、「クルマ旅」と店舗外での待機の二重の「焦らし」によりさらに期待感は高まります(笑)。

その美味しさに驚きながらも食はどんどん進み、あっという間に完食。店内での一瞬と言えるひとときを深く記憶へ刻んだ、のを確認すると、その次、2軒目へと気持ちを切り替えます。

【関連記事】1軒目のご縁のあった店舗は福島県白河市の超人気有名店、「とら食堂」。その「ワンタン麺」詳細とは?「2020年11発目、念願の1軒目へ入店。 その3 Column0352」は↓コチラ

しかし、一歩外へ出た瞬間、「うわっ!な、なにこれ〜」となるのはかなりのどしゃ降りの雨。しかしよく考えてみると「クルマ旅」。「おっしゃ〜あめでもなんでもこ〜い!」と強気で次へと進みます。

そして1軒目の「とら食堂」から約3.5km、直ぐ到着した2軒目へ目を向けますが何やら様子がおかしい、と思った瞬間、開いていない事が発覚。直ぐにスマホにて調べると11:00〜正午という営業時間が書かれており、それに騙されていたのが判明します(笑)が、この日は水曜日、実は定休日だと言うのを今になり理解します。さらに「超てけと〜」が露呈された筆者、「ものグラム」だったワケです。ちなみに到着した店舗は白河ラーメンを語る上で外せない源流を汲む店舗、「菊忠」でした。

気を取り直し次へ向かうは約3km離れた近くであっという間に到着。「とら食堂」の系統では無い「非とら系」として時には行列の出来る人気有名店、「火風鼎(かふうてい)」にご縁があり実食を完了させました。

【関連記事】本当にご縁があった2軒目は「火風鼎(かふうてい)」。その味わいの詳細は?「11発目1軒目実食終了、その次はもちろん2軒目....だが...。 その4 Column0353」は↓コチラ

トータル2軒の量が一般的ラーメン店よりも多い事が判明しこの日は次を諦めましたが、残すはまだまだ先にある最終目的地。そこに向け進む所から始まります。

「おしゃ〜、まだまだ遠いで〜」

2軒目の実食店舗、「火風鼎(かふうてい)」駐車場から一枚。この先に見える別のラーメン店に間違えて入ったのはここだけの話、としておこう(だからここしかないやろ笑)。

2軒の実食を終え車に乗り込んだこの時、もうすでに13:54と昼過ぎもいいところの時間でした。

「いや、もう今回は3軒目は諦めてやな、ホテルに向けてクルマ旅やけどやな、まだ半分も走ってないねんでコレ。」

そうです、今回宿泊地に設定した場所はこの近辺かと思いきや、実はまだまだ先。一般的な実食遠征だとこの界隈の自然や観光名所なども押さえた「充実した旅」をするでしょう。しかしそれが出来ない「アルゴリズム」を持っているのがワタシ、「ものグラム」なのです(笑)。

「とら食堂まで160kmとか最初ゆうとったけどさ、今からまだ200kmやで〜はっは〜!まあ胃袋はキツいけど体力的には全く問題ないしな、今からがドライブ本番や!おっさ〜!」

この写真に映るカーナビが示す到着までの距離は197km。これを地元として考えると我が住まい(兵庫県明石市)から広島県尾道市に行く事が出来るのが判明するととてつもなく遠い気がしますが、この時それをしていない為余裕を感じています(笑)。

それは遠征時こそ距離感覚が最大に鈍っている証拠でしょう(笑)、いよいよ本格的な「クルマ旅」を楽しみに進みました。

スポンサーリンク

そうして。いざ到着は何処(いずこ)?

「あ”〜.....づいだ〜じんど〜。」

と、約200kmの道のりを全て下道のみで走り抜き到着した瞬間の言葉ですが、意外と気持ちとしては晴れやかです(笑)。

2020年7月1日、下半期初日、久々の「クルマ旅」は往路354.1kmを走破し現地到着。その場所とは?

途中少々ルートを変更したのもありますが、2軒目から約183kmを下道のみで走った到着は19:26。今回のカーナビの到着予想時刻の正確さに驚かされますが、実はそれに合わせややオーバーペースに走ったのは正直な所です(笑)。

カーナビの速度設定にてその到着時刻は単純に変わりますが、個人的には「曖昧」な到着時刻がいざ走るとどんどん縮まるのに喜びを感じるタイプなのが判明(笑)、逆に精度が高いと無駄に寄り道も出来ない「余裕が全く無い」旅路となり、今回は後者の設定となっていた為ほぼ休憩する事無く、しかも予想よりも遅く到着する事態に、

「いや、今回ちょい設定遠過ぎたかもしらん....。帰り....ヤバない?」

と、この段階で覚えるものでした(笑)。

が、しかし、到着時に思う事でも無いでしょう、素直に喜べばいい、そう思いながら(笑)、今回利用させて頂くホテル直ぐの駐車場にピットインしホテルチェックインをさせて頂きました。

約200kmの中の記憶に残す「風景」。

今回いきなり到着とイレギュラーに進めましたが(笑)、やはり「クルマ旅」は下道こそが醍醐味です。今回も高速の利便性も感じはしましたが、その後に走った約200kmの下道にこそ楽しみがあった様に思います。それらを数枚だけではありますが見て参りましょう。

実は今回の実食1〜2軒目の福島県の白河からほど近い、しかし県を跨ぎ人生初上陸させて頂いた栃木県那須郡那須町。あまりにも良い景色でしたが、直ぐに車を止める事が出来ずどんどん進む中、なんとか押さえたいと停車し撮った一枚です。

「わ〜!あっ!とまらな!」

と、余裕の無い時間の中でも意識を留めさせたのがこの風景、ですが、実はコレは反対側です(笑)。

その反対側こそが本当は主役、「草木(くさき)ダム」。群馬県みどり市にある、平成17年(2005年)には財団法人ダム水源地環境整備センターの選定する「ダム湖百選」に選ばれたもので、到着時には予備知識全く無しでしたが、その存在感に納得出来るものでした。(でも反対側の方が好き、なのはあくまで個人的笑)

あと、その前ですがやはり。日光(栃木県)にも行きたいと思っていたのですが、今回はあくまで通っただけとなりました(笑)。

やはり観光地だけあり少々寂しい感は否めませんでしたが、道路沿いに大自然を感じる事が出来ただけでも嬉しく、山道を進む下道の「クルマ旅」こそ素晴らしきかな、と、思い進める事が出来ました。

そんな中、「なんでGoPro持って来おへんかってん?」と、動画撮影用のカメラを持参しなかった事に後悔したのはコチラです。

日光の地に流れる大谷川(だいやがわ)。砂では無い石がゴロゴロとした川は我が住まいでは見る事が出来無い、スケールの大きさとバックの山々の画に一瞬魅了。走行時に撮影出来ないもどかしさを感じましたが、十分にその土地土地を実際に進んで来、この日最終のホテルへチェックイン出来た達成感はそれなりに大きいものでした。

「あ”〜。じんど〜やけど、がんば〜い”〜」

とりあえず一杯をさせて頂きましたが、何処に来たかはまだお伝え出来ていませんでしたね(笑)。

今回、仙台空港から約360km離れた場所に進んだ所とは、実はコチラです。

「東北の玄関口」と言われる仙台空港から南下し西に進み到着したのは北関東の群馬県。実は福島もそうですがその下の栃木、その西の群馬3県共に未訪の地で、超欲張りなワタシ、「ものグラム」はそれら一気に攻めたいとばかりに進んだ工程でしたが、やはり実際に走ってみて感じたのは...「欲張り過ぎ」でした(笑)。

そして....。高崎駅近くのホテルを押さえましたが、ここ数ヶ月全く外に繰り出していない圧力でこの界隈一番高級なホテルを予約してしまいましたが....。

満身創痍、直ぐにでも寝付く事が出来る体力に余裕の無い身にとってこんな贅沢な部屋は要るのか?はノーでしょう(笑)。今思えば失敗した選択肢だったのを懺悔します(すみません笑)。

小休憩後。「いやっ!このまま終わるもんか〜っ!」

はいっ!今回はココまでですが、。

このままで楽に終わらせるつもりなど全くありません!(きっぱり笑)。

やはり自分の中で楽をしたと感じるとそのままではいたたまれないのがワタシ、ものグラムでもあり、このままでは念を残すのは間違い無いと感じ、残すメニューをこなそうと動きました。

次回はこの日締め。なにやってん?は次回お楽しみに!

続き、その6はコチラ>

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事