スポンサーリンク

どうもっ!ものグラムです。

今回は2020年11発目、仙台空港経由の「クルマ旅」、「福島・栃木・群馬遠征」よりその6をお送りさせて頂きたいと思います。

実は仙台空港から東北旅となるのやら、でしたが、未訪の地をなんとか制覇したいとの想いが強く、強欲に3県をまたぎ群馬県高崎市までやって来ました。到着時にはへとへと(笑)。しかしまだ、「寝るまでが初日遠征ですよ」と言い聞かせ、最後の力を振り絞りました。

では!もう宴だけちゃうんか?どんだけ飲んでん?と思われるかもしれませんが(笑)、ちが〜う!その辺りをポイントに進めて参りましょう!宜しくお願い致しますっ!

前回までの流れ。

202071日、4:30

早朝の起床、第1発目の壁から始まり、それを無事超えるところからスタートしました(それでけへんかったらすべてなしやもんな笑)。それは「起きた気になる起きてない症候群」(笑)。

早朝5時過ぎの始発電車に乗り、いつも通り到着するのは「神戸空港」。そこから約1時間のフライトを経て到着したのは今回3度目となる「東北の玄関口」、仙台空港でした。到着は8:55。

そこからレンタカーにて車を調達し乗り込みますが、最初の目的地をセットしたところ、思いもよらぬ事態が発生しました。それは筆者であるものグラムの「超てけと〜」な計画故起こるものでした(笑)。

【関連記事】2020年7月1日、起床から最初の到着、「仙台空港」からレンタカーを調達し「クルマ旅」スタートまで「2020年久々の11発目、とうとうその日がやって来た。 その1  Column0350」は↓コチラ

いよいよ「クルマ旅」の本格的始動となりますが、その「超てけと〜」はカーナビをセットした時に確認出来るものでした。なんと1軒目到着予想時刻が13:33と、ラーメン実食としては2軒〜3軒目に差し掛かる時間帯であり目が飛び出そうになります(笑)。

急遽有料道路回避ルートを解除し再設定すると到着予想時刻は12時過ぎになり安堵。その後約2時間半を費やしようやく辿り着いたのは仙台空港から約160km離れた福島県白河市。「白河ラーメン」で有名な地ですが、その中でも人気・知名度共に一番の名店と呼ばれる店舗は「とら食堂」。

しかし到着した喜びから心配の種に変わるのは来客者の多さ。店舗外の待機用ベンチには収まり切らない数十名の待ちがあり、今後のスケジュールに不安を感じましたが、なんとか楽しみの気持ちが勝ち、周りの風景を満喫しながら待機する事にしました。

【関連記事】「クルマ旅」をスタートさせてのは良いものの、「超てけと〜」な計画性の甘さが露呈した、「2020年久々の11発目、「クルマ旅」スタート。 その2 Column0351」は↓コチラ

そうこうしながら、到着から約40分後に呼ばれいざ店内へ、と思いきや玄関口にて再待機の状態でしたが、約3分後に案内され、いよいよ店内へ入ります。

目の前に着丼となった大きなどんぶりにて提供されたのは事前に決めていた「ワンタン麺」。到着から約50分後でしたが、「クルマ旅」と店舗外での待機の二重の「焦らし」によりさらに期待感は高まります(笑)。

その美味しさに驚きながらも食はどんどん進み、あっという間に完食。店内での一瞬と言えるひとときを深く記憶へ刻んだ、のを確認すると、その次、2軒目へと気持ちを切り替えます。

【関連記事】1軒目のご縁のあった店舗は福島県白河市の超人気有名店、「とら食堂」。その「ワンタン麺」詳細とは?「2020年11発目、念願の1軒目へ入店。 その3 Column0352」は↓コチラ

しかし、一歩外へ出た瞬間、「うわっ!な、なにこれ〜」となるのはかなりのどしゃ降りの雨。しかしよく考えてみると「クルマ旅」。「おっしゃ〜あめでもなんでもこ〜い!」と強気で次へと進みます。

そして1軒目の「とら食堂」から約3.5km、直ぐ到着した2軒目へ目を向けますが何やら様子がおかしい、と思った瞬間、開いていない事が発覚。直ぐにスマホにて調べると11:00〜正午という営業時間が書かれており、それに騙されていたのが判明します(笑)が、この日は水曜日、実は定休日だと言うのを今になり理解します。さらに「超てけと〜」が露呈された筆者、「ものグラム」だったワケです。ちなみに到着した店舗は白河ラーメンを語る上で外せない源流を汲む店舗、「菊忠」でした。

気を取り直し次へ向かうは約3km離れた近くであっという間に到着。「とら食堂」の系統では無い「非とら系」として時には行列の出来る人気有名店、「火風鼎(かふうてい)」にご縁があり実食を完了させました。

【関連記事】本当にご縁があった2軒目は「火風鼎(かふうてい)」。その味わいの詳細は?「11発目1軒目実食終了、その次はもちろん2軒目....だが...。 その4 Column0353」は↓コチラ

トータル2軒の量が一般的ラーメン店よりも多い事が判明しこの日は次を諦めましたが、残すはまだまだ先にある最終目的地。カーナビが示した残す距離は197km。今からそれを下道のみで走破すると心に決めており、約5時間半後、19:26に到着しました。その場所とは群馬県高崎市。トータル354.1kmの「クルマ旅」となりました。

【関連記事】2軒の実食後からは完全な「クルマ旅」。その到着した先とは?「11発目、2軒の実食終了後は完全に「クルマ旅」。その到着先とは。 その5 Column0354」は↓コチラ

ホテルチェックイン後直ぐに「駆けつけ一杯」をしますが(ふるないか笑)、今回はここから。続きを参ります。

「うわっ、なんかめっちゃ回るねんけど...

群馬県高崎市内のホテル一室にて「駆けつけ一杯」をする「ものグラム」。非常に美味しそうに見えるが数時間前に購入したのもあり実はぬるい一杯だった(笑)。

ホテルに着き部屋に入った直ぐ後、とりあえずと「駆けつけ一杯」したのは19:53。

「んは〜っ!って、ぬ、ぬるぃ。(ま、まぢぃ笑)

この様に見た目は非常に美味しそうですが、実は約5時間前に調達の為のリサーチへとスーパーに入った時に購入したもので完全常温化していました(笑)。しかも数分後には。

「うわ、なんかめっちゃ回るねんけど....ヤバいなコレ。」

と、このままでは遠征ライブ記事(その地から端的に発信する、遠征時のみ行う文字数の少ない記事)を書く事さえ難しい状態になりそうでした。そう言いながらも350ml缶3本を平らげます。本当の意味で「駆けつけ3杯」になりました(笑)。※(一応死語ですのでご存じない方は是非調べてみてください(せつめいせえへんのか?笑))

ホテル到着から約1時間が経過した頃、「超欲張りものグラム」の意識は変わります。

「う〜む〜。腹具合は落ち着いて来たとは言えもう気分良く飲める感じもせえへん(もう3本のんどるがな笑)。やっぱり2軒でこのまま引き下がるワケにはいかん様な気がめっちゃして来た!」

「ええいっ!もう腹苦しなってもええっ!もう1軒いぐで〜っ!!しゃ〜!」

21時過ぎ、ぬるい3本のビールを飲み、ある意味完全に「回った」ワタシ、「ものグラム」は半分投げやりで外に出る事にしました。(笑)

スポンサーリンク

「高崎ってかなり街やなあ、なんかワクワクする!」

そうしてホテルを出て、まず向かったのは近くの高崎駅です。

群馬県高崎市の中心地であるJR高崎駅。非常に大きな駅であり、特に西口に活気を感じた。

「この東口の方が若干静かで、反対の西口のんが多分賑やかなんやろなあ」

全国様々な駅を利用させて頂き感じていた事ですが、線路を跨いだ南北や東西は対照的になる事が非常に多く、一方が静かで一方が賑やか、一方が移動の為の道路主体で反対側が住宅地と、性質が全く変わる事が多いですが、今回ホテル側の東口は比較的静かで、そこから車で移動するのが主な立地の様に感じました。

「いやあ、でもこの高崎駅ってめちゃデカイやん。中を歩くのもちょい楽しみ〜!」

と、反対側へ着くまでの道のりも非常に楽しみでした。

すると。

「うっわっ!!超タイムリーちゃう?」

JR高崎駅構内に設置されていた「高崎にはパスタがある。」と書かれた記念写真用ボード。高崎は人口当たりのパスタ店が全国的にも多く、「パスタの街」と呼ばれていた。

それはこの記念撮影用ボード、「高崎パス旅」と書かれたもの。「高崎にはパスタがある。」とも書かれていますが、まさか個人的に今年6月3日より何気なく始める事になった「麺スープ・ソースコレクション」後初の遠征先でこの看板、ボードに遭遇した驚きたるや.....、半端ないものでした。

実は高崎は人口当たりのパスタ提供店が非常に多く、さらに群馬県は全国有数の小麦の産地でもある事から「パスタの街」とも呼ばれているそうで、なかでも毎年11月頃に市内のパスタ提供店がパスタの味と魅力を競い合う「キングオブパスタ」というイベントが開催される程。来場者の投票で「キング」が決定するそうで、パスタと言う「粉もの」がしっかりこの地には定着されている事を知る良い機会となりました。

「で、でもなんで配布パンフレットな、ないねん....」

と、少々残念でしたが(笑)、今回はあくまでもラーメン旅で、また次のご縁でパスタも頂けるだろう、そう思いながら反対側の西口へ進み、2軒で諦めた筈の実食は夜にリベンジ、いよいよ3軒目へ到着となりました。

「お、おしゃ〜着いた〜!くうで〜」

反対側のJR高崎駅西口はやはり東口とは全く違うもので大きなビルがあるまさに都会感あるものでしたが、先を急ぎました。(次の日も利用させて頂く予定ですので、明るくなってからその写真をご覧頂きたいと思い敢えて載せていません)

「おしゃ!着いた〜!でもやっぱりまだコロナで人はいつもより少ないんかもしれへんな〜」

到着は21:46、本来はもっと人通りは多いかもしれない繁華街でしたが、この日は少々寂しい感は正直否めませんでした。

202071日、群馬県初の実食は地元の人気店、「らーめんキッチンかえで」。麺にデュラム粉を混ぜた麺を提供されている辺り、やはり「パスタの街」が浸透しているなによりの証だろうと納得した。

2軒で諦めきれなかった、群馬県でもしっかり実食をしたく行き着いたのは地元の人気店「らーめんキッチンかえで」。夜遅くまで開いており、〆の一杯としても利用されているそうで、店舗推しの味わいは「煮干しラーメン」でもあり、かなり楽しみにワクワクしながらインさせて頂きました。

そうして着丼。提供された一杯はコチラになります。

らーめんキッチンかえでの一押しは「煮干しそば」。鶏豚の白湯ベースに魚粉をふんだんに使用したアプローチは逆に新鮮であり、仕上がりのルックスからも非常に期待させられた。

「おおっ!う、うまそ〜」

満身創痍に3本のビールで完全に弱っていましたが(笑)、いざラーメンを目の前にすると胃袋が活発に隙間を作っているのが理解出来た一瞬は、「わいのカラダ、ありがとう....」としんみりするんですが(笑)、実食モードばりばりになるのが七不思議でもあります(笑)。回った酔いも覚め(た様で笑)、真剣にいざ実食。

白濁した鶏豚のスープに魚粉で褐色になった仕上がりに食欲を掻き立てられます。

一口頂くと、やはり白湯の乳化させたマイルド感と自然な甘味を感じ、そこから魚粉の煮干しが支えの様に入って来ます。煮干しそばと聞くと、今では澄んだ煮干しからしっかり取った出汁、スープを連想しますが、それとは全く違う美味しさ。その「淡麗」な味わいを思うと驚かれるかもしれませんが、白湯系の味わいとして魚介感を出したものとしてはバランス感が良く親しみ易さもある美味しさが広がりました。

実はこの麺には、あのパスタで著名な「デュラム粉」が使用されており、この時点で「パスタの街」が浸透している証を感じる事が出来ました。しかも人生初の群馬に到着したばかりで駅構内の「パスタヒント」を与えられ、その後にこの麺です。偶然が度重なるこの奇跡とはなんぞ?と思いながらこの麺を一口すると。

「うっわわっ!あ、アルデンテやん!」

パスタに関して実はまだまだ素人ですが(笑)、実際にパスタ、スパゲッティを頂いた経験から、まさにその芯を感じさせる硬めにゆで上がった角のあるエッジの効いた麺は半分パスタ。

しかしスープをしっかり絡め取り、弾力コシのある仕上がりは非常に個性的で、「また苦しなるんちゃうん?(いやなんかい笑)」と思いながらも即完食。意外とライトに感じられたのも絶妙なバランス感だと感じ、その達成感もあり幸福感増幅のひとときを過ごしました(笑)。

再びホテル部屋へ。「も、もう限界や〜」

今回宿泊させて頂くホテルのエレベーターホール壁面の装飾品。

そうしてこの日、なんとか3軒の実食をこなしホテル部屋に戻って来たのは22:25。そろそろ限界を迎えます。

「も〜あかん〜、風呂入ってライブ記事書いてね、ねる〜」

そう思い最後の力を振り絞ります。そして最後の風呂場で違和感を感じます。

「な、ナニコレ?」

「ちょっ!わいタオルまだ一回もつこてないし!コレあれやな、風呂場あろて置いたままわすたんやな....わいはまったくかまへんけど、ちょい間違うたらクレームもんでっせ.....わいはこんな事では文句言わへんけどさ〜」

今まで色々なホテルに宿泊させて頂きましたが、これは初めての事で正直驚きました(笑)。しかし次の瞬間、このタオルを畳み床に置き、何事も無かった様にし、この日最後から二番目のメニュー、風呂にて禊ぎを行いました(笑)。

そしてこの日最後のメニューは「遠征ライブ記事」。23:09に配信完了し全てのメニューを終えました。

「いやあ、もう限界。もう飲みたくもないし眠たい〜、このまますっと寝れるやろ、おやすみい」

と、せっかくの高級なホテルの夜は一番呆気ないものとなり、今後はいつもと同じ、「出来るだけお安い宿」を探そうと心に決めながら即意識が薄まって行くのでした。

次回は2日目へ。

はい!今回はここまでですが、自分で言うのもなんですが、なかなか良いペースです(笑)。

次回から2日目となりますが、初日とはまた違う旅路が待っています。それはどんなものだったのか?お楽しみに宜しくお願い致します。

続き、その7はコチラ>

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事