スポンサーリンク

どうもっ!ものグラムです。

今回は2020年7月、11発目の「クルマ旅in福島・栃木・群馬」よりその7、いよいよ2日目始動から進めさせて頂きたいと思います。

2日目と言えど、もうそれこそが「最終日」。仙台空港から約350km離れた、群馬県高崎市から復路を含めた実食遠征となり、実は初日よりもスケジュールはタイトになります。

では!早速進めさせて頂きますが、今日は何軒行ってん?何食ってん?と思われるでしょう、ご一緒に見て参りましょう!宜しくお願い致します!

前回までの流れ。

2020年7月1日、4:30。

早朝の起床、第1発目の壁から始まり、それを無事超えるところからスタートしました(それでけへんかったらすべてなしやもんな笑)。それは「起きた気になる起きてない症候群」(笑)。

早朝5時過ぎの始発電車に乗り、いつも通り到着するのは「神戸空港」。そこから約1時間のフライトを経て到着したのは今回3度目となる「東北の玄関口」、仙台空港でした。到着は8:55。

そこからレンタカーにて車を調達し乗り込みますが、最初の目的地をセットしたところ、思いもよらぬ事態が発生しました。それは筆者であるものグラムの「超てけと〜」な計画故起こるものでした(笑)。

【関連記事】2020年7月1日、起床から最初の到着、「仙台空港」からレンタカーを調達し「クルマ旅」スタートまで「2020年久々の11発目、とうとうその日がやって来た。 その1  Column0350」は↓コチラ

いよいよ「クルマ旅」の本格的始動となりますが、その「超てけと〜」はカーナビをセットした時に確認出来るものでした。なんと1軒目到着予想時刻が13:33と、ラーメン実食としては2軒〜3軒目に差し掛かる時間帯であり目が飛び出そうになります(笑)。

急遽有料道路回避ルートを解除し再設定すると到着予想時刻は12時過ぎになり安堵。その後約2時間半を費やしようやく辿り着いたのは仙台空港から約160km離れた福島県白河市。「白河ラーメン」で有名な地ですが、その中でも人気・知名度共に一番の名店と呼ばれる店舗は「とら食堂」。

しかし到着した喜びから心配の種に変わるのは来客者の多さ。店舗外の待機用ベンチには収まり切らない数十名の待ちがあり、今後のスケジュールに不安を感じましたが、なんとか楽しみの気持ちが勝ち、周りの風景を満喫しながら待機する事にしました。

【関連記事】「クルマ旅」をスタートさせてのは良いものの、「超てけと〜」な計画性の甘さが露呈した、「2020年久々の11発目、「クルマ旅」スタート。 その2 Column0351」は↓コチラ

そうこうしながら、到着から約40分後に呼ばれいざ店内へ、と思いきや玄関口にて再待機の状態でしたが、約3分後に案内され、いよいよ店内へ入ります。

目の前に着丼となった大きなどんぶりにて提供されたのは事前に決めていた「ワンタン麺」。到着から約50分後でしたが、「クルマ旅」と店舗外での待機の二重の「焦らし」によりさらに期待感は高まります(笑)。

その美味しさに驚きながらも食はどんどん進み、あっという間に完食。店内での一瞬と言えるひとときを深く記憶へ刻んだ、のを確認すると、その次、2軒目へと気持ちを切り替えます。

【関連記事】1軒目のご縁のあった店舗は福島県白河市の超人気有名店、「とら食堂」。その「ワンタン麺」詳細とは?「2020年11発目、念願の1軒目へ入店。 その3 Column0352」は↓コチラ

しかし、一歩外へ出た瞬間、「うわっ!な、なにこれ〜」となるのはかなりのどしゃ降りの雨。しかしよく考えてみると「クルマ旅」。「おっしゃ〜あめでもなんでもこ〜い!」と強気で次へと進みます。

そして1軒目の「とら食堂」から約3.5km、直ぐ到着した2軒目へ目を向けますが何やら様子がおかしい、と思った瞬間、開いていない事が発覚。直ぐにスマホにて調べると11:00〜正午という営業時間が書かれており、それに騙されていたのが判明します(笑)が、この日は水曜日、実は定休日だと言うのを今になり理解します。さらに「超てけと〜」が露呈された筆者、「ものグラム」だったワケです。ちなみに到着した店舗は白河ラーメンを語る上で外せない源流を汲む店舗、「菊忠」でした。

気を取り直し次へ向かうは約3km離れた近くであっという間に到着。「とら食堂」の系統では無い「非とら系」として時には行列の出来る人気有名店、「火風鼎(かふうてい)」にご縁があり実食を完了させました。

【関連記事】本当にご縁があった2軒目は「火風鼎(かふうてい)」。その味わいの詳細は?「11発目1軒目実食終了、その次はもちろん2軒目....だが...。 その4 Column0353」は↓コチラ

トータル2軒の量が一般的ラーメン店よりも多い事が判明しこの日は次を諦めましたが、残すはまだまだ先にある最終目的地。カーナビが示した残す距離は197km。今からそれを下道のみで走破すると心に決めており、約5時間半後、19:26に到着しました。その場所とは群馬県高崎市。トータル354.1kmの「クルマ旅」となりました。

【関連記事】2軒の実食後からは完全な「クルマ旅」。その到着した先とは?「11発目、2軒の実食終了後は完全に「クルマ旅」。その到着先とは。 その5 Column0354」は↓コチラ

ホテルチェックイン後直ぐに「駆けつけ一杯」をしますが(ふるないか笑)、一杯目から直ぐ、酔いが即回るいつもとは違う感覚を憶え「ヤバない」と思います。そう言いながら本当の意味での「駆けつけ三杯」をし、その時により強い想いが湧き上がります。それは「やっぱこのままではアカン、腹苦しなってもええからもう1軒いぐで〜」というもの。

意を奮い立たせ向かったのは地元人気店の「らーめんキッチンかえで」。煮干し系ラーメンを提供する店舗。しかし一般的な煮干し系とは趣の違う味わいは非常に新鮮に感じられた美味しさで思った以上に軽く完食をしました。

そしてホテル部屋へ戻りますが、いよいよ限界を迎え、早々のノックダウンとなるのでした。

【関連記事】群馬県高崎市のホテルにて一杯するも、どうしても諦めきれず最後の1軒へと足を伸ばした3軒目とは?「11発目は「超欲張り遠征in北関東」となり、1日目最後の欲を張る。 その6 Column0355」は↓コチラ

今回はその意識が回復する2日目早朝から。その続きを進みます。

「う〜ん、な、何時?」

「う、う〜ん、ん、明るいな、な、何時や....」

昨晩ベッドに横たわると意外とすんなり意識が遠のきましたが、まだまだ時間は早い様に感じた起床でした。時計を見ると5:53。

「ちょいまだ早すぎるよな〜、もうちょい寝よ」

と思いましたが、いざ目が覚めると逆に眠る事が出来なくなります。昨日は絶対に1発で起きなければならなかったのがこの日はまだ数時間は眠り身体を休める事が出来るというのに、です。

「う〜んっ!いま、すぅと来たのに〜!それに意識もっていってもうた〜!」

コレが眠れない原因です(笑)。

その後、昨日に続きもう一度湯船を張り、風呂に浸かり血流を促し汗をかきます(笑)。それで新陳代謝も高め実食時には胃が空っぽになる様願いも込めます(笑)。

「あ”、あ”づ〜。でも、きもちええ〜」

そうこうしながら、実はだらだらと時間を食いながら2時間、そして3時間が過ぎ、あっという間に9時をまわった時、ふとこの日の日程を考えます。

「え〜と、このホテルはチェックアウトが11時やろ、それはめっちゃありがたいねんけど、1軒目オープンは11時、と。歩きやったら結構遠いし並んどう可能性は高いから、そうやな、10:25には出発やな」

と、今回はチェックアウト11時ぎりぎりに出発するものでは無いのが判明。まだ何も準備しておらず少々慌てながらも、今回宿泊したホテルは比較的お高めの約1万円、コロナ禍では無い通常だともっと高いだろうこの時期だからこそ奮発した、この後二度と泊まる事が出来ないリッチな空間のはずです。

「あ”〜、マッサージチェアまであるのにさ、結局使(つこ)てないやん(いまつこたらええんちゃうんか笑)。アメニティーはめっちゃそろてディーエイチフォーメンまであるけどこんなん普段使わんやん、髪の毛カチコチになるやつ。昨日は風呂に紫色になるバスクリンみたいな粉使わせてもろたけどやな、やっぱ嬉しかったんは身体洗い用のタオルと綿棒やったりするやん、わいめっちゃ安上がりちゃうん?」

と、基本身分不相応の品々は使うに使えないものというのが判明。ワタシ、「ものグラム」には全く以って不要と言うのを十二分に感じ取りましたが(笑)、「コレはいるっ!」と少々優雅に決めてやろうと思ったのがコチラ、となります。

「ををっ!よ〜みたらわいんちにもあるひねくれスプーンやんか!」

カップ&ソーサーに上品に横たわるスプーンでしたが、このスプーンこそ我が家にある「ひねくれスプーン」。それは勝手ながらに命名したものですが、そのカーブは決して「ひねくれ」ていたものでは無かった事が判明。形には理由あり、逆にひねくれているのはお前やお前、そう、ワタシだったのがさらに判明しました(笑)。

「んん〜、やっぱり人生は全て勉強やな....。このスプーンでアイス食っとったのが間違いやったんやな.....。」

朝から様々な意味で「選択ミス」をしてしまった事に気づき優雅もそうで無くなって来る感覚は否めませんが(笑)、気を取り直します。

「ペットボトル標準装備はやな、この為に用意されとったんやんな〜」

それを察知し迎える優雅。それは....。

「そうよ!こ〜し〜タイムやんか!」

と、実は比較的安価のビジネスホテルでも稀に標準装備されていたりもする(でも非常に稀で喜びに感じるものなのです笑)のがこの「ドリップ式コーヒー」。

「あ〜、しみる〜。」

と、勝手に悦に浸った所で、実は煎茶もありもう一杯(もうええやろ笑)。

そうこうするとあっという間に10時を過ぎ、洗顔、髭剃り、ドライヤーと、後は荷造りを含めると出発時刻が怪しくなり焦りました(笑)。

「おっしゃ〜!なんとか準備完了〜!でもホンマはもうちょい寝たかってんけどな〜」

と思いながら一枚。

「コレも全くつこて無かったんよなあ....」と、今回の遠征用に備えた「ハンディ扇風機」。一般的に売れている商品は1,000円代に対し約3,000円もした一品で風量の凄さに惚れ「清水の舞台から」だったが、この一枚の為に購入した様な思惑違いの散財だった(笑)。

「あ〜、きんもちえぇ〜、ちゃうか。」

久々におすましで申し訳ないですが(笑)、なんとか体力も回復、「よしっ!」と、少々真面目に一枚です。そう、初日スタートは9時でしたが(「クルマ旅」の)、2日目は1時間半以上遅れての始動、実はさらに復路のタイムリミットは前日のチェックインの20時よりも2時間も早い18時にレンタカー返却、19:35フライトとなるものでした。

「昨日よか3時間半も短いんやけどやな、なんとしても帰るっ!!」

と、引き締めたつもりでもありました(笑)。

スポンサーリンク

群馬県2軒目は県内トップの有名店へ。

スタートは10:25、いや、実は10:30だったんですが(おくれとうやん笑)、前日の曇り、雨から一転、出発時にはキレイに晴れ渡った快晴が迎え入れてくれたのは素直に嬉しく、JR高崎駅の西口まで歩きました。

東口とは全く違う表情を見せる賑やかしい都会感がある規模の大きい駅で、写真右手は「OPa」ビルがあり、その1階にはイオンのスーパーがあり、上には....。あの大手衣料品販売店があり....ますが。

「昨日と同じ服やったやろ?」と思われた方もいらっしゃるでしょう、そう、ピンポーン大正解。(笑)

替えの服を購入したつもりが出発時にそれを着た為「やってもうた....」であり(笑)、後で買うわよと決め歩き始めました。

しかし。

「おもとった以上に遠いな....、着いた時行列でヤバない?」

既に汗をかき始め、目的地にひたすら進むも思う様に進まない感覚に「焦り」を感じ始めます(笑)。

そうして。徒歩15分を想定していた所、約20分後、10:50にその1軒目へ到着。

「あっ。思とったほどではなかったけど、4番手かあ、でもよかった〜。」

その店舗とは群馬県で3本の指に入る人気の高さと、実際の美味しさに唸る、ラーメンフリークも注目する店舗。それは「自家製麺 くろ松」。

高崎市でトップ3に入る人気を誇る名店は「自家製麺 くろ松」。(撮影:ものグラム(実食後))

11時ちょうどに開店し、4番手でカウンターに案内して頂きましたが、オープン時には10名以上の待ちが出来ており、それ以降もどんどん来客がありました。

「おおっ!なんか凄いご縁ちゃうん?仏様と対峙させてもらえるなんて.....って、食っとんめっちゃ見られとるかんじ?」

などと思いましたが、運良く仏様の前で頂く一杯はより美味しくなりそう、などと勝手ながらに思いました。

「自家製麺 くろ松」のメニュー。中華そばには梅・竹・松とランクがあり、スープは白醤油か醤油を選択するシステムとなっている。白醤油つけ麺もあり。

今回はワンタンも頂きたかった為、中華そばの松、「特級中華そば・白醤油」をオーダーさせて頂きました。

そしていよいよ目の前に出された一杯はまるで芸術品の様。心躍りニンマリしますがそれをマスク内に秘め(笑)、おさまった所でマスクを外しその一杯と対峙します。(詳細は実食記事にてお伝えさせて頂きたいと思いますが、マスク非着用者は入店禁止、中華そば到着まで着用の店内ルールあり。それに至る迄に理由あり。)

自家製麺 くろ松の「特級中華そば(松)・白醤油」。非常にクリアなスープに週替わりの麺(この週は細麺)、各種トッピングにレンゲまでも作品のひとつとして盛付けされたまさに「芸術品」と思わせる仕上がりである。

「ほんまにコレは美味そう....手着けるん惜しいくらいキレイやなあ」

盛付けの綺麗さには本当に驚かされましたが、実は麺は週替わりで細麺、平打ち麺で提供されています。

今回の訪問は細麺にご縁がありましたが、個人的にはこの白醤油の味わいにはこの細麺の方が相性が良さそうに感じたのもあり嬉しく思いました。

限りなく透明に近い澄んだスープは程良く黄金色に仕上がり食欲をそそりますが、この奥に秘められた味わいは一体?と緊張感を持ちレンゲにて掬い上げました。

「嗚呼.....。美味いとしか言葉出えへん.....。」

鶏をベースに節の旨味、香りが重なる味わいは淡麗でありながらも想像以上にしっかりしたもので、薄味というものでは無い旨味がしっかり凝縮され、白醤油由来のビターな余韻がさらに美味しい。頂いた事がある様で無い、なんとも言葉で表現するのが難しい美味しさでした。

細麺とありましたがこうしてリフトすると中細程度のストレートにも感じさせる角がしっかりしたもので、見るからに美味しそうでした。

しっかりとした弾力、コシがありながらも歯切れの良さもあるエッジの効いた食感が美味しく、それと同時に粉の風味もしっかり活きた仕上がりには驚かされました。麺量もしっかりしており、スープとの分量もちょうど良いバランス感が素晴らしく感じました。

そして楽しみにしていたのはワンタン。餡の量が多く肉感もしっかりで生姜の利いた美味しさが広がり満足度大でした。

「あ〜、速攻やった〜、ご馳走様でした〜」

と会計に進みましたが、その時に女将さんより、

「今日は朝早くからありがとうございました」

と言われ驚きます。忙しく次々と一杯を作り進める店主さんも笑顔でこちらに顔を向け挨拶して頂け、その人柄の良さがこれら一杯に全て現われていると感じた、「妥協しない信念と愛情」を感じる一杯に納得した実食でした。

「ちょい巻いていかな時間ないで〜!」

実食が終了したのは11:22、思ったよりも早く店を後にする事が出来ましたが、かと言って余裕は全く無く余韻を楽しむ時間など全くありません。

今から徒歩約20分で駅まで戻り、そこから2日目の「クルマ旅」を始め、残り2軒の実食をしなければなりません。

「なんとか14時までに実食終わらせへんかったらヤバい、あと2時間半しかないんやで〜」

そう思うと計3軒の実食も場合によっては2軒へと減らさざるを得ない事態も考えられ、全く油断が出来ない状態だというのが理解出来ました。

「でも考えとったら時間どんどん経つで〜いぐで〜おしゃ〜!」

そうして来た道を往路より高速で歩き進むワタシ、「ものグラム」でした。

3軒の実食は出来るのか?は続きにて。

はいっ!今回は少々長めでしたが、1軒目の「自家製麺 くろ松」さんに重きを置いて進めさせて頂きました。

この後ですが、2時間半しか無くしかし残された実食は2軒で、さらに車で最後のポイントに向かわなければならないものでしたが、それら全てをこなし無事18時に仙台空港すぐのレンタカーに車を返却できるのか?本当にこの時はグレーでした(笑)。

では次回、その2軒目へと向かい進めて参りたいと思いますのでお楽しみに宜しくお願い致します。

続き、その8はコチラ>

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事