スポンサーリンク

どうも!こんにちは!ものグラムです。

北海道遠征以後、怒涛のメニューが待っているとは、わかってはいたものの想像以上で、今やっと!オフ前通常執筆時間を迎えているワタシです(笑)。

いやあ、本気であらゆる面でしんどかったんですが(笑)、この今までに無い怒涛こそ我が魂を鍛え上げてくれてるんだ〜!とポジティブに捉え(それがめっちゃムズい笑)ようと、今決めた次第(笑)。

では、いよいよ!その北海道遠征も最終回。たった一泊でどんだけ引っ張るねん、ですが、これでもまだ短い方(笑)、きっちりゴールさせたいと思います。ご一緒宜しくお願い致しますっ!!

前回までの流れ

2日目早朝、気がついた途端に猛烈な痛みが頭を襲い、アカン、このままではもう無理かも(この先が)と思った所からスタート。(笑)

人生経験からこう言うアクシデントがあるのは想定済み、リュックに常備していた解熱鎮痛剤を急いで飲み、そこからしばし横になりながら痛みとの戦いが始まる。約30分の格闘の末、すうと意識が無くなった。

そして8時過ぎに気がついた時には嘘の様にその痛みは去り、いよいよ2日目、行ける!と確信。(笑)

 

10:41にホテルのチェックアウトを済ませ、1軒目、そこから地下鉄で移動、2軒目の実食が終了。

しかしその時12:30。札幌駅に戻り新千歳空港行きの電車に乗るタイムリミットは14時。

つい半日前の深夜の一刻を争ったのを思い出し、ま、またか〜!と思いながら3軒目は行けるのかどうか?自分でもわからない中、先を急ぐのだった。

2日目実食の行動

 

急いで地下鉄の駅へ

の前に(またかえ笑)、2軒目実食の「まるは BEYOND」と最寄駅の中の島駅との間にあるセイコーマート。今回同店舗に2度目の訪問で、遠征で全く同じ店舗に来る事はそう無いので少し嬉しい。(笑)

今回もセイコマ(個人的にはコチラの省略が馴染む)のオリジナルカップ麺のラインナップに驚きビビりながら、やはりビビる心が勝ちごく少量仕入れ調達。(笑)

急いどんか?ゆっくりしとんか?よくわからない感じで進む(笑)。

スポンサーリンク

札幌駅に到着。

この時13:12。12:30から42分も掛かってしまったのはロッカー。

実は「まるは BEYOND」がある中の島からホテル最寄駅の中島公園迄は地下鉄で3分。中島公園から札幌駅迄は同地下鉄で11分。なんでそんな時間かかってんねん!?は。

 

実は中の島駅から電車に乗った時、「ロッカー、ロッカー。絶対忘れたらアカンで!へいっロッカー!(わるのり笑)」と心の中で念じており(笑)、次の駅に到着と同時に小走りで改札を抜けた。

しかしそこは中島公園駅では無かった.....のに気付くのに約1分。あれっ?なんか景色がちゃうで?なんでや?と思ったのは中の島〜中島公園の間の駅、幌平橋(ほろひらばし)駅。(笑)

ええっ!ん.....、もうっ!!と、自分がやらかした事に怒りの矛先を何処にも向けられず自爆(笑)、この大事な1分1秒を争う時に限ってやらかしてしまう自分自身に萎える(笑)。

 

次の電車を待つその時間が本当に長く感じる。

ここから一駅で中島公園のロッカーへ無事到着し大きい袋を下げ、また電車を待つ。やっと着いたのが上の13:12だった。猶予はあと48分。

仕入れ調達品の配送手配が待っていた

ココから3軒目実食だけのメニューだと近場で行きたい所をピックアップし行動するとまだ多少の余裕はある感じだが、実はロッカーから出した仕入れ調達品、ラーメンの嵩はかなり大きく、この2日目でさらに増量し、空輸で持って帰れる容量をとうに超えている。(笑)

事前に調べていた札幌駅に一番近い運送会社へ持ち込み配送手配をしようと歩き出す。

しかし地図上で見るよりも結構遠く、着いた後は伝票を書く時間も要し、意外と時間が掛かる。しかも送料はビックリの約2,200円(箱代含む)。え”っ?昨年は千円台だったんだけど....2千円ってニュアンスが違うよな....、は心の声。(笑)

で、でも、持って帰る手間を考えると運んでくれるだけでありがたい。両手が空く喜びはなかなか素晴らしいし(この道をしていると何度も思う事笑)、それが対価やんなあ、ええいっ!と支払う(笑)。今回の遠征資金からするとかなり大きくダメージもそれなりにあったものの(笑)、ありがたくその手配を終えた。

再び札幌駅。(笑)

戻って来るは13:37。14時の電車迄に3軒目実食は絶望的、と言うかアウト。(笑)ここで再度次の電車を調べてみると14:20発の電車があり、かなりギリギリのラインではあったものの、この14:20に賭けた。

どうしてもあと1軒を実食しないと気が済まない自分が居た。それは今この北海道の地に居り、当たり前の様に歩いているが、それは昨日と今日だけ。次いつ来れるかわからないと言うのが大きかった。

この写真中央のビルは札幌エスタといい、ラーメンワードでは実は外せない、あの「札幌ら〜めん共和国」がある。もう目前なのでココで最後の1軒を、とも思ったが、10階にある為意外と移動に時間が掛かる....と判断し今回は断念。14:20の電車に延ばしたとは言え、実食における残り時間は30分と言っていいだろう。

 

そして最後の最後にチョイスし、それに賭けたのはこの札幌エスタのまだ先にあるビル内。急いで歩く。いよいよ近づいて来た。

ホクレンビルと言い、この地下1階に店舗があるそうで、地下1階だと時間的にも直ぐに行けるだろうと決定。しかし初の場所なので合っているのか不安(笑)。13:43。

どうやらこの写真のパールタウンと書かれた入り口が地下にダイレクトに繋がっている様で、よく見ると最後の店舗の名前が入ったのぼりが目に入った。安堵、するも全く余裕は無し。赤信号はちゃんと守る。(笑)

今回最後の訪問はこの「一粒庵」。しかし店舗は此処では無く、地下入り口奥にある。

到着。13:45。14:20まで残り時間35分。メニューオーダー、調理、実食、駅まで歩き電車に乗る、この工程を考えるとかなり厳しい。最悪14:35の電車があるが、そうなると空港に着いてからも一刻を争う事態に陥る、コレは昨日に引き続きかなりヤバいな、と思いながら(笑)、しかし意を決し、えいっ!とイン。

実は店内に入り、着丼するまでの間の時間が物凄く長く感じた。(笑)完全そわそわモード。そして今回は動画撮影は時間的に絶対に無理で出来ず。

そしていよいよ着丼。

北海道最後の締めは何を思ったか「マーボーラーメン」。(笑)脳内メモリ不足で直感で券売機のボタンを押した(笑)。着丼は13:55。あと25分。

超高速で実食をするとなんとか間に合うかも...、と思いながらも、反面、あ、あかん。もう無理かも....と言う気持ちが奥から湧いて来る。ええいっ!アカンで!絶対に14:20や!

と、超高速実食。写真はしっかり押さえ、なんと。14:00に完食。めっちゃ早い、我ながらよくやったと思った(笑)。たった5分の実食ではあるもののしっかり味わいを脳内に記録出来たのは決してやっつけでは無い。(いいわけ笑)

14:20。電車に間に合ったのか?

昨日の夜中以上にヤバいんちゃうん?帰りの飛行機に間に合わんかったら帰られへんがな!

と、心の中の葛藤があったものの、人間、やると決めると意外と出来るものなんだと思った。(笑)

今回最後の札幌駅。14:05。奇跡の3軒目実食を終え走り着く。此処からの15分でようやく気持ちがひと段落落ち着く。(笑)しかし油断は禁物。

結果、なんとか間に合う。(笑)最後、動画撮影で窓際に立ち、空港まで37分間の移動、タイミングを逃し座れず。まあいい、帰りの飛行機で爆睡しちゃる!と思ふ。(笑)

新千歳空港着、15:01。フライトは16:05。まだそんなに猶予があるのか?と思われるかもしれないが、巨大な新千歳空港は移動にも時間が掛かり、ゲートチェックをし、機内案内が開始されるのが15:50。あと49分間で手洗い、土産物色も考えるとまたしても猶予は無い(笑)。

今回は土産品チェックは無理と判断し、チケット発券、ゲート越えし、手洗いを済ませると15:40。やっと落ち着き搭乗案内を待つ。

フライトを前に急に雨が降って来た。しかし今回は2日間とも天候に恵まれたのには感謝。春の嵐で足が速攻べちょべちょ(ソールが磨り減った間から水が侵入笑)の1日中不快感満載の昨年の北海道遠征とは全く違う、今回のテーマは「時間との戦い」だったなと少し振り返る。

そしていよいよフライト。16:05出発。

毎度ながら、あ〜〜。がえっでぎだ〜〜!

この時20:03。14時から約6時間掛かり帰宅。この自宅ドアを開ける瞬間がまた堪らない。現実に戻る瞬間である(笑)。しかしこの位の帰宅が一番いい頃合いかなと思う。明日から通常の時間が来る前の心の準備が出来る為。

そしてここから北海道遠征の記事書きがスタート(笑)。

今回の自分用プチ土産

ここ最近恒例になりつつある自分用プチ土産。(笑)今回はコチラ。

実はウトナイ湖の道の駅でゲットしたガチャガチャ。100円のピンズガチャで、なにやら可愛らしいキャラが入っている。

実は苫小牧市のマスコットキャラクター、「とまチョップ」。とまチョップって何よ?と思われると思いますが、ぜひ覚えて頂きたいと思います。

とまチョップとは、とまこまいの「とま」、ハクチョウの「チョ」、ハナショウブの「ョ」、ホッキ貝の「ッ」、ハスカップの「ップ」から取った白鳥モチーフのキャラクター。かなり可愛いですよね。ちなみにこのイラストはウトナイ湖道の駅内にある飲料自動販売機のサイドに描かれていました。

コレ、今回アタリかも?と思いながら我が家のパソコンモニターを置いているカウンターにオン。なんか最近めっちゃごちゃごちゃして来たな、と思ふ。(笑)

今回の北海道遠征を思う。

やはり色々ありながら、今回一番大きかったのが苫小牧の1日目だったかなと思い、カレーラーメンが今回の大きな収穫だった様に感じました。

もちろん札幌の実食も大事で気を抜かずしっかり頂きましたが、今回のテーマ、「実食&北海道の自然を感じる」も短い時間の中で出来た様に思いました。

しかしまだまだ!北海道は広く、札幌のラーメン密度もハンパない。行くべき場所はいくらでもあり、残り99%はあるだろうと思わせました。

また次回は違う場所、そして違うテーマを持って訪問させて頂きたいなと思った次第。

いやあ、テイクイットイージー旅として出発したものの、やっぱりもうちょっと時間が欲しかったなあ。(笑)と本音を漏らしながら記事を書き始めるのであった。

以上!今回はその9で終了です(笑)。少し長めの設定になりましたが、また次回は何処へ?をお楽しみにして頂けると幸いです。最後までご覧頂き本当にありがとうございました!

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事