スポンサーリンク

まいどっ!こんばんは。ものグラムです。

さて、遠征が続きますがご了承ください(笑)、本日もしっかり参ります。

北海道に着いてからなかなか進みませんでしたが、いよいよ本当の本当に出発、この時のドキドキは忘れられない、参りましょう!宜しくお願い致します!

前回までの流れ

家を出発し、無事北海道は新千歳空港に到着。早朝6時スタートで到着は10時半。

しかしそこからレンタカーを手配していたものの、到着し、実際にスタート出来るまでに要した時間は約50分。

空港に送迎に来ると思い込みそれを待ちに待ち、いざやって来たのがコンパクトカー。その車内でのやりとり自体が手続きで、最後は今回の車はコチラになりますと、送迎では無くレンタカーデリバリー的な初めての経験をさせて頂き、ああ、こう言う方式もあるのね?

と、かなり斬新、しかし詳細を伝えるのが困難(セキュリティ面で)なシステムでした。

ここから先はいよいよ、待ちに待ったドライブ遠征がスタート!

 

 

本当の本当にスタート!(くどいな笑)

毎回運転始めは緊張感を高め、真剣モード。普段の生活では車を運転しないのもあり、前回は3月の東京から1ヶ月開きがあるのもそう。

あと、いくら免責ゼロの保険に入っているとは言え、もし仮に事故でも起こしてしまった場合、遠征の多くの時間がその処理に奪われてしまい、何をしに行ったかわからなくなるからでもあります。

そして、全国各地を巡っているこの遠征、同じ日本といえどそれぞれの地の環境や特性があり、それに馴染むまで最初により集中力を高めている訳です。

あともうひとつだけ、レンタカーの特性?でもある最大は「毎回違う車に乗る」と言う事。当たり前の事なんですが、車種も違えばそれぞれの車に付いている癖もあり、特に気をつけているのはクリープ(ATのブレーキを離した時にアクセルを踏まずして進む状態)とアクセルの踏み出しの挙動、そして一番大事なのがブレーキ。これ、結構車によって違う。効き過ぎ止まった時にがこんっ!となるのもあれば、今回はどちらかといえば効きが鈍い、ぐっと踏まなければ思った地点より少し前に出てしまう感覚でした。

 

と言いながらも、実は信号で止まった時にパチャリ、いや、新千歳空港を少し出ただけでもうこんなにも自然溢れてるやん!我が兵庫県では感じる事の出来ない空気を味わいながら、そろりそろりと低速で進みました(笑)。

ナビは後付けながら、センターメーターというのが功を奏したハンドルすぐ上にモニターがあり、コレがかなり見やすく操作も手を伸ばさず出来るのが素晴らしい。

早速1軒目の場所を入力し、それに従って進むも、実はあっけなく到着。運転開始からわずか、たった10分で到着。

スポンサーリンク

あっけなく到着した、とうとうやって来た1軒目。

11:25に出発し、到着が11:33。実は10分にも満たないドライブだった、しかし昨年の遠征では車を手配しておらず、徒歩では無理で諦めていた、以前から一度は行ってみたいと大きく思っていた店舗に着くのは呆気ないと言えるだろう。

へっ?もう到着?思いの外スムーズで、逆に面白さに欠けるなあ、なんて思ってしまうのはいかがなものか?(笑)あ、いや、ハプニングもう要らない。

 

味の大王 総本店

味の大王 総本店

 

「味の大王 総本店」が今回の北海道遠征1軒目。北海道のラーメンの味わいのひとつとして、第4のラーメンにしようと盛り上げられているのが「カレーラーメン」。そのご当地ラーメンとして特に盛り上がりを見せているのが室蘭市で、「室蘭カレーラーメン」の認知度はどんどん広まっています。

しかしこの店舗は室蘭では無く苫小牧市。北海道のカレーラーメンの発祥とされ、この苫小牧にも多くのカレーラーメン提供店があるのは、この「味の大王 総本店」が発祥だと言われており、元々は札幌の味噌ラーメンに対抗する為に作られたものと言われています。(詳細は店舗紹介にてさせて頂きたいと思います。)

 

 

駐車場がかなり広く、まだお昼時前でもあるので比較的空いている状態で、嗚呼、こ、来れたけど、なんかホンマにスムーズ過ぎへん?と思ってしまうのが罪な感じ(笑)。

 

味の大王 総本店 ミニカレーラーメン

 

とうとう目の前にやって来た瞬間。あ、取りに行ったんやった(完全セルフサービス形態での営業)。

詳細は後日ご紹介、今回は内容割愛ですが、しかしこの瞬間の胸の高まりは半端無かった(笑)。

1軒目実食終了。今度こそドライブを

まず、ずっと想っていたこの「味の大王 総本店」に来れ、実食出来た喜びは大変大きかったものの、まだ10分もドライブ出来てない(笑)。

そこで仕切り直し。

おっしゃ!今から2軒目に向け、まだこの地に慣れてない感覚を養っていこう!と乗り込み、いざ進む。11:55。

そこからぶいよ〜と車を走らせると、えっ!と目に入った看板。湖、道の駅の文字。あ、コレは行っとかなアカンやつやん!

と、またしても10分以内に車を降りる羽目になる、いやなんかい?あ、いや、今回は自然を味わいたいとは言ったけどさ、あまりにも速攻過ぎへん?と思ってみた到着でした(笑)。

 

 

この静かで人気(ひとけ)が本当に無い、木々と先に見える水。

そう、此方はウトナイ湖と言われる湖で道の駅にもなっており、実はかなり車も駐車されていた人気スポット。正直ノーマークだったので、まだ20分もドライブしていない、しかし満たされた感が大きかった到着でした(笑)。

 

ウトナイ湖

 

この様に、かなり静かでしたが、広大な地を感じさせる水平線、建物等全く無い自然本来を身体で味わう一瞬でした。この湖については語る所色々ありますが、今回は食がメインの為割愛。日本有数の渡り鳥の中継地だそうです。

この後、道の駅の中の売店に行きもちろん麺チェック。

 

 

あのゾンベアーのゾンラーメン、そしてカレーも発見。新発売の白いゾンラーメン、「濃厚ポンコツ味」が鎮座。ポンコツ味ってなかなかのネーミングセンス。

 

 

あっ!やっぱりおった!って、丸呑みやがな!は有名な夕張メロンの「メロン熊」。一見グロ目ではあるんですが、垣間見える茶目っ気のバランス感が素晴らしい?(笑)正直かなり惹きつけられましたが、夕張に来た訳でも無く、低予算というのもあり....。

ココでリサーチ終了。

次は2軒目に向けドライブ開始!今度こそ!

通常の観光だと、もう少しゆっくりじっくりとウトナイ湖を堪能し、お土産を厳選したりしたかった、でしょう。

しかし我が任務は麺!あ、でも今回はちょっと自然満喫でした(笑)が、本来の目的を達成しなければ!と、先を急ぐのでした。(と言いながら40分も居た事が後になって判明笑)。

この時12:35。2軒目に向けて今度こそしっかりドライブ!と参ります。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事