スポンサーリンク

どうもっ!ものグラムです。

今回は2020年11月5日〜6日に敢行させて頂きました、「フライト&クルマ旅in北海道(仮)」よりその4、いよいよ北海道の地をドライブにて目的地へ移動する所から進めて参ります。

前回までは寝坊し出発、フライト、そして北海道に到着しレンタカーを調達するまででしたが、なかなか長々とダイジェストの様でダイジェストでは無い遠征記事となりました(すません笑)。

では!今回からはあっという間に次の目的地へ。どこ行ってん?何食ってん?早速ですが見て参りましょう!宜しくお願い致します。

「あ、あかん、超腹減って来た...、やっぱ一旦降りる〜!」

まず最初に断りを入れておきますが、「ツイート遠征」では運転中に撮影する事はもちろん、ツイートなど出来る訳は無い為、次のツイートは実食後のものとなります。(笑)

ちなみに、ツイート前にお伝えしておきますと、実は今回は最終目的地のある町に一気に進みそこで3軒の実食(取材前2軒、取材後に1軒)をさせて頂こうと思っていました。

しかし、その町に到着するとスムーズに進んで13時過ぎとあり(カーナビによる)、今回も走っても走ってもその到着予想時刻が早まる事が無かった為(設定が非常に優秀なカーナビと言う事です笑)、実食時間が非常に遅くなる事が判明しました。

「ちょ、朝起きてからドリンク1本しか飲んで無いやん、め、めっちゃ腹減って来てんけど....」

と思う様になり、

「あ、あかん、超腹減って来た...、やっぱ一旦降りる〜!」

と、有料高速道を途中で一旦降り、もともと今回の実食候補に挙げていた1軒へ行く事にしました。

その店舗、ツイートはコチラとなります。

このツイートは12:43、時間的には正直非常に危険な状態でした。取材のアポは15時の為残された時間は約2時間しかありませんでした。

時間の猶予についての説明はこの辺りにしておき(笑)、実際にやって来た店舗、「らぁめん銀波露(ぎんぱろう) 江別本店」の場所を地図からご覧頂きましょう。

新千歳空港はご覧の様に地図右下にあり、そこから札幌方面に高速道路を進み、さらに少し東に進んだ場所でした。(銀波露は江別市と書かれた場所から10km圏内と非常に近いです)

地図がアップ過ぎて位置関係がわかりにくいと言う方もいらっしゃると思いますので、引きの地図もご覧頂きましょう。

距離としては新千歳空港から札幌市と書かれた場所まで約50km、そこから「らぁめん銀波露 江別本店」までは約15kmと、実は最終目的地である取材先までは約150kmもありました。本気で危険な状態だったのを逆に今感じますが、当時は焦りはあったものの行けると信じ止まない「ものグラム」がそこにいました。(本来ならツイートなどしている暇は無かった様にも今となっては感じます笑)

「らぁめん銀波露 江別本店」のご紹介!

銀波露 江別本店 「らぁめん銀波露(ぎんぱろう) 江別本店」 外観写真

「らぁめん銀波露」は2001年にこの江別市にオープンし、その後2007年に札幌月寒(つきさむ)店、2014年にとかち帯広店、2016年に札幌手庭(ていね)店をオープンさせる地元で非常に人気のある店舗。

実は到着時は昼時真っ只中でもある為非常に混んでおり、駐車場が空いていませんでした。しかし目の前で1台の車が店を後にする瞬間で、「ちょ、超ラッキー」と喜びましたが、店内では待ちが出来ており少々待機する状態でした。

店舗おすすめは「醤油らぁめん」で、半日以上かけて煮込んだ豚骨スープに最強の火力にて炒めた野菜の香ばしさがウリで、「こってりなのにクドくない絶妙かつ個性的」な一杯を提供されています。

実はもうひとつ店舗がウリにしている一杯、「ぱいくぅ麺」(特選上質豚バラを特製だれに絡ませサッと揚げたものを乗せた醤油らぁめん)を頂こうと思っていましたが....。

銀波露 醤油らぁめん 醤油ラーメンらぁめん銀波露(ぎんぱろう) 江別本店の「醤油らぁめん」

実際にオーダーさせて頂いたのは「醤油らぁめん」。実はあの「ぱいくぅ麺」をオーダーしている来客者はゼロだった為気持ちが揺れ動きました(笑)。しかしデフォでもあるオーソドックスを頂くのが間違い無い、次回こそくうぞと思い(現地到着時に次回の事ばかり考えてしまう悪い癖があります笑)納得させました。

実際調理の光景を見ると大きなフライパンにて炒めながら仕上げていたのを確認出来ましたが、スープを一口頂いた瞬間のなんとも言えない香ばしさは今まで他では感じた事の無い独自のものでした。

九州(熊本)の焦がしニンニク(黒マー油)ともまた違う北海道らしいとも言える炒めから来る美味しさですが、塩梅は少々強く、しかしさらっとしたクドさの無い、自然な甘みもある美味しさでした。

麺は黄色く加水率も高そうに見えましたが、実際に頂くと粘りも少ない歯切れの良さ、そして若干硬めにゆで上げられたのが特徴で非常にライトにさえ感じさせました。

実は今回はラーメンだけではありません。ツイートにも登場させなかった(ツイートは写真は4枚、文字数140字までの設定がある為でもありますが笑)サイドメニューがコチラ。

銀波露 ぱいくぅ丼 らぁめん銀波露 江別本店の「ぱいくぅ丼」

その一品は「ぱいくぅ丼」。ラーメンではオーダー出来なかった為(出来たんですけど笑)、やはりどうしても「ぱいくぅ」を頂いておきたい想いからでした。

「う、うわっ!やらか〜(やわらかいの意笑)、んでこの薄さがまたええなぁ、うんま〜」

この豚バラスライスの薄さこそがこの食感でしょう、サクッとして中は噛むと素直に切れる柔らかさでご飯との相性も抜群でした。やはり次回こそラーメンの上に乗った「ぱいくぅ麺」を頂きたい想いが強くなる全完食後の感想でした。

スポンサーリンク

時間は間に合うのか?しかし2軒目を目指す...。

はい!なんと今回は1ツイートのみ、その詳細を非常に丁寧に....またまたダイジェストでは無かった様ですが(やっぱまいどやな笑)、いかがでしたでしょうか?

今回この記事化により当時より今の自分の方が「焦ってしまう」感覚ですが、実は本当に時間はタイトで、本気でよくぞまあツイートも含め行動出来たなと思う程です(笑)。

後残り時間は2時間少々ですが、焦ってはいたもののもう1軒の実食は絶対にすると決めていた「ものグラム」、本当に実食出来たのか?は次回のお楽しみとしてお待ち頂ければと思います。ではでは。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事