スポンサーリンク

どもっ!ものグラムです。

さて、2019年8月、約1ヶ月ぶりの遠征の時間がやって参りました。

7月に8月分をと2回の遠征を終え(和歌山、四日市・名古屋)、8月はラーメン店をメインにしっかり紹介したいと思っていましたが、8月の月末にまとまった休みが出来、この大切な時間を無駄に宅内で過ごしたく無い衝動に駆られ(笑)今年中になんとしても行きたいと思っていた未訪の地へ、しっかり時間を使い行かせて頂きたいと段取りを組みました。

では!どんな工程?どこ行った?旅の一番大事だと信じて止まないプロセスを。ご一緒頂きましょう!宜しくお願い致しますっ!

20199発目は夜から出発。

JR三宮駅から直ぐのミント神戸と言う商業ビルを1枚。20:00、仕事を終え急いで向かうはポートライナー。

「おっしゃ!今年9発目は今までの集大成や!いっちゃん時間とお金掛かってんねん!バッチリいぐで〜っ!」

と、実は仕事終わりの出発。この気持ちも大きかったが、それ以上に今から要する体力には自信が無く、約20分の到着迄の間、いかに体力を回復出来るか?そう、寝るしか無い(笑)。ポートライナー着席後からなんとか数分でも眠る事が出来る様努めた(笑)。

我が遠征記事では見慣れているだろう、昨年初めて利用した「神戸空港」も今となっては超常連(笑)。恥ずかしながらええおっさんものグラムは40を過ぎ初めて自力で飛行機と言うものに乗るいわば超遅咲き(笑)。

そのきっかけを作ってくれたのは職場スタッフで、絶対安いから行って来い、今しか無いからと言われた後押しがありやっと踏ん切りがついたのを今でも思い出し感謝している(笑)。その後はこの空港からばんばん飛び全国各地へと行かせて頂ける様になった(笑)。

しかし今回はご覧の様に空港内はがら空き。羽田行きの最後のフライトを残すのみで、そう、今回は飛ぶ訳では無い、地に足着けた長距離ドライブ旅をする為に来たのである。

神戸空港でレンタカーを手配。

一般的にはレンタカーの営業時間は20:00迄。仕事終わりでは借りる事が出来ない為、深夜長距離ドライブ遠征の際にはこの「神戸空港」が唯一の頼みの綱。しかし我が住まいの環境は本当に恵まれていると感謝。22:00迄開いている唯一が職場から直ぐにある、「おい、行って来いや」と言われている様にさえ感じさせた(笑)。

神戸空港1階の到着出口直ぐにあるレンタカー各社が待機するデスク。昨年初めて体験した、カウンターは無人の直通電話機。

しかし昨年同時期の2018年8月末の「岐阜・富山・新潟」遠征ではこの存在を忘れ、神戸空港から見えたレンタカーの文字、たくさんの車が待機する場所へとダイレクトに約10分歩き到着した際、

「受付されていませんか.....?でしたらまず受付を空港でして頂かないとですね.....」

唖然とされた、そしてこんなにも歩行者用通路の無い悪路とも言える場所を歩いた疑問が解消された瞬間。(笑)

その1年前の超失敗が見事にひとつ覚えで解消され賢くなった瞬間。

しかし。

「こ、これ、どっちや?どっちおせばええのん?」

と、迷う(笑)。

地元でもわからないこの神戸と兵庫の違いに、取り敢えず来たのは神戸空港、神戸のボタンを押す。

「本日予約していました向井(ものグラム)と申しますが...」

すると

「ありがとうございます。お顔がわかりませんのでそのままそちらで待機して頂いてもよろしいですか?直ぐに参ります」

と。

その間10数秒で担当者がやって来るも、かなり流暢で会話だけでは全くわかり得なかったのはなんと海外の方。どうぞと言われ空港内のある扉を開けた先の受付カウンターに案内された。2度目なので無問題。

その受付カウンターで注意事項、清算を済ませるといよいよあの前回超間違った現場へ送迎(笑)。8月中旬の台風以来ずっと晴れていた夏日が嘘の様、今回は既に雨が降り出し、今回の遠征は雨の中を走るのは覚悟出来ていた。

そしていよいよ1年前にダイレクトで来た配車場所へ到着(笑)。今回指定したのはHV1クラス、ハイブリッドカーの1番小型、コンパクトカーの車種お任せだった。どの車になるか?ドキドキとワクワクの時間がやって来た。(笑)

今回ご縁があったのは個人的にドンピシャだった「トヨタ アクアHV(ハイブリッド)」。

やはりこのコンパクトタイプが個人的に1番。8月27日21:00から8月30日の20:00迄、3日間の費用は保険フル装備で約29,000円。個人的には遠征費用としてはかなり高い方。しかし今回の遠征はそれでも行きたい地域であり、他交通手段の選択の余地は無い場所だった。

さらに雨足が強くなっているのが写真からもご確認頂けると思うが、実は昨年と同じくナビ、Bluetooth同期の快適な音楽を楽しめる設定をし終わった後の一枚。(笑)

いよいよ此処からが本番、久々の車運転のギャップを感じながら進んだ。

スポンサーリンク

9発目、最初の1軒目はココ?

毎日車を運転する身では無い者にとっては、久々の第一歩目、出発の瞬間の緊張感たるや半端無い(笑)。

そろ〜とアクセルを踏み、そろ〜とブレーキを踏む。最初の約1時間はとにかく運転感覚を取り戻す時間で、神戸空港から今回は西へと進む。

そうして約20km程慣らし運転をすると、突然の空腹。

「あ〜、めっちゃ腹減ってきた〜」

慣れた証拠である(笑)。

その時、ちょうど兵庫県明石市、我が住まいに一旦戻る形だが、自宅はまだ10数km先、実家に近い、今までずっと行きたいと思いながら訪問出来て無かった店舗が近づく。

「あっ!今回の遠征全く関係無いかもやけど行っとこ!!ずっと行きたかってんけど近場って逆に遠いんよなあ」

それが此方。

東日本、そして北海道では超有名だろう「ラーメン山岡家」。

実は西日本では近畿圏に唯一あるのがこの兵庫県明石市にある明石店。さらに西日本でもう1店舗あるのがなんと九州地区で、北九州店のみの超レア店舗だった。

「岡山辺りまで行ってから1軒実食したかってんけどな〜、自分でもビックリ腹へりやわ〜」

と、自分でもビックリする程に空腹からの導きを感じさせた、超地元の超レア店。そこから始まったのが「なんかあるな?」と思わせた、最初から今までとは違う何かを感じさせたのだった。

次回、一旦リセット?は何?

はい〜、全く進んでませんが取り敢えずは地元の兵庫県からスタートでした。

しかも何故に今回の今までの集大成と言った超ロングの旅でまず地元実食?でしたが(笑)、これも後になって驚く符号があって、やっぱりそこに行ってそれからの運びも目に見えない導きを感じる他無いものでした。

では!次回は夜間ばりばり移動、少々の体の疲れと戦いながらどうしても行きたかった遠くへ。実際に進めました。

どないなってん?お楽しみに宜しくお願い致します〜!

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事