スポンサーリンク

どうもっ!ものグラムです。

今回は2020年7月14日〜15日に敢行した「クルマ旅in岩手(またまた名称が変わります笑)」から、いよいよ初日1軒目の本命の店舗実食からスタートさせて頂きたいと思います。

今回、この道2度目の岩手ですが、今回は余り欲張り軒数を稼ぐのを急遽止める事になり、当初企(くわだ)てたメニューがほぼ崩壊しましたが、それは決して悪い事では無く、むしろこちらの方が正解だったと確信出来るものでした。

では!今回は実食から。店名より有名なラーメンってなんや?どんな味やねん?進めて参りましょう!宜しくお願い致します!

前回までの流れ。

7月14日、4:30。

約2週間ぶりの起床は感覚が残っているのもあり余裕、ではありましたがやはり怖いのは「起きた気になる起きてない症候群」(ただ単に「寝過ごし」ともいう笑)。

しかし今回もなんとかその壁を乗り越え向かった先はフライト旅恒例の「神戸空港」。そして悪天候の中なんとか現地に着陸する事が出来ました。(本編では明かしてませんでしたが、実は条件付きフライトで、悪天候の為神戸空港に引き返す、もしくは東京羽田空港に着陸するもので、そうなってしまった際を考えるとドキドキしたものでした)

今回到着したご縁ある空港は、ではありません。今回「も」ご縁があったのは「東北の玄関口」である仙台空港。約2週間ぶりの到着でしたが、やはり遠くの地にくる喜びは大きく、その後無事、前回と同じレンタカー店舗に到着、いよいよ新たな一歩がスタートします。

【関連記事】2020年7月14日、約2週間ぶりの遠征は前回と同じく「仙台空港」へ。「2020年12発目、が始まってしまった。 その1 Column0362」↓コチラ

しかし、いざ高速道にてクルマ旅が始まると、今回予定していた3軒の実食メニューは時間的にかなり厳しいと思う様になり、1軒目に予定していた訪問を断念します。そしてその次2軒目の店舗まで断念する事になり、即見つけたPA(パーキングエリア)に停まりルート変更する事態となります。

出発から直ぐにこの日予定していたメニューの内2/3が崩壊しましたが、それには大きな訳がありました。

「めっちゃ会いたい〜、もう一回行きたい〜」

と、この道初めての岩手県で初訪問させて頂いた店舗への想いがより急に強まった為で、その内容は実は今でも信じられないご縁だった事でした。

メニューががらりと変わり本来なら3軒目となる本命だった店舗が今回のクルマ旅1軒目になるとは全く思っていませんでしたが、意外とすんなり到着してしまいます。それが岩手県花巻市にある「さかえや 本店」。

しかしやはりあの有名店が今目の前に、そしてあの風変わりな建物が画面越しでは無く目前にある不思議な感覚に興奮を憶え始めましたが、その時はやって来、過ぎ去るもの。去られる前にしっかり空間共々頂きたいと思う瞬間でした。

【関連記事】出発早々からガラりとメニュー変更となったものの、その想いは非常に前向きだった、「12発目、今回も仙台空港からクルマ旅。しかし走り出し直ぐにメニュー崩壊。 その2 Column0363」↓コチラ

今回は本命の「さかえや 本店」の実食からスタートします。

「いや、やっぱ存在感あるなあ」

創業1960年(昭和35年)創業の岩手県を代表する老舗人気店、「さかえや 本店」。到着は2020年7月14日11:45。(撮影:ものグラム)

9時40分過ぎに本格的にスタートした今回のクルマ旅ですが、約2時間ドライブを堪能し到着したのが個人的にメインとしていた「さかえや 本店」でした。到着は11:45。仙台空港から約160km離れた岩手県花巻市にある、地元で圧倒的な人気を誇る老舗ラーメン店で、メディアにも多数紹介されている超人気店でもあります。

「いや、やっぱ存在感あるなあ」

この店舗外観写真をご覧頂くと皆さんもほぼ同じく思われるでしょう、プラネタリウムを思わせる多面形ドーム型の建物が非常に印象的ですが、この写真では若干こじんまりした感覚があるかもしれません。

この「さかえや 本店」は創業が1960年(昭和35年)で、のぼりの上の赤が色褪せた看板には「元祖 満州にらラーメン」と書かれています。

店舗名よりもメニュー名の方が認知度が高いと行って過言では無いのがこの「満州にらラーメン」で、「満ニララーメン」、「満ニラ」と称され地元で根強い人気を誇りますが、それ以外にも県外からやラーメンフリークも訪れる程。

創業者の菅野榮達さんが戦時中に満州で口にしたスープを参考に帰国後に作られたもので、約60年経った今でも行列必至の人気を誇る味わいを一度は頂いてみたかった、それが目前にあるのは正直感動を通り越し呆気無さも感じる程でしたが、いよいよ入店となりました。

ちなみに12時前ですが駐車場は満車に限りなく近いものでしたが、店舗前に列待ちは無く比較的空いていたと言えるでしょう。

「うわっ!でもやっぱ待ちなんや?」

店内に一歩入ろうとすると店内は満員で、玄関口手前の椅子にて待機する状態でした。しかし、直ぐ。

「お客様一名ですか?ではあちらのテーブルへどうぞ」

と、即案内して頂けましたが、この後も続々と来客者が訪れる光景には圧倒させられました。

店内の2名仕様の小さなテーブル席に案内されましたが、その時に感じた内装の凄さは外観を遥かに超越したものでした。

「うわっ!広いしめちゃええかんじやん!」

「元祖満州にらラーメン さかえや 本店」店舗内装。ドーム型の多面形の建物の中は想像以上に広く開放感を感じさせたが、その光景は盛況な食堂を思わせるアットホームな温かみも感じさせた。

店内は正午前にも関わらず多くの方々が既に食事されており、その大半はやはり「満ニラ」でした。

「おしっ!気持ち切り替え真剣モードで頂くでっ!」

と、いよいよオーダーとなりますが、メニュー表から一枚ご覧頂きましょう。

このルックスこそ「満州にらラーメン」。スープがほぼ見えないにら、ニンニクの芽、豚バラ肉に中央は紅生姜と梅を刻んだトッピングはまさに唯一無二。その土地土地に局地的にある「スタミナ系ラーメン」とも言えるでしょう、しかし実はスープは醤油、味噌、塩の3種から選べるのも興味深く感じました。

そうして、直ぐに来て下さったスタッフさんへのオーダーはもちろん。

「満ニラ醤油をお願いします」

と、やはり醤油がデフォルトでしょう、楽しみに待とうとゆっくり......少々休憩と思っていると。

スポンサーリンク

思いっきり速攻の「満ニララーメン」着丼。

やっと、ドライブ中には触る事が出来ないスマホにて作業をしようとしていた所でしたが、その時はあっという間でした。本当に。

「お待たせしました〜」

オーダーから提供までのその間、実は約1分。家庭用麺実食を取り扱うワタシ、「ものグラム」にとっても驚異的な数値に驚きを隠せませんでしたが、実はこの「さかえや」はラーメンの提供時間にもこだわりを持っており、回転率の高さでも有名な店舗でした。それにしてもこの俊足感は全国トップなのは間違い無いでしょう。

元祖満州にらラーメン さかえや 本店の「満州にらラーメン(醤油)」。たった1分の高速で盛付けされたとは思えない丁寧さをルックスからも感じさせる。

「うっわ!うまそ〜!」

正直、この言葉しか浮かびませんでしたが(笑)、鶏ベースの澄んだスープに創業時から継ぎ足された醤油タレ、そしてラー油のオレンジに梅と紅生姜が刻まれた中央はスタミナ系の味わいの中の紅一点とも言えるでしょう。(現時点まだ頂いてませんが笑)

その速攻で提供出来るのには訳がありますが、手短に撮影させて頂き一口へと進みます。

「うわっ、う、うま〜」

正直それ以外に先行する言葉が浮かびませんでしたが、醤油の色合いにラー油の澄んだオレンジ色のスープは非常に馴染みやすい鶏ベースの旨味が親しみやすいものでしたが、実はタレの味付けは非常に甘辛く強い味わいでした。

それを感じさせないのが酸味と適度な辛味で、決して激辛では無い芯から温まり発汗する身体も喜ぶ美味しさを体感。

そして豚バラとにらを炒めトッピングされた旨味が溶け込む一体感はこの店舗でしか頂けないでしょう、自然にすんなり来るバランスの妙を感じさせる味わいで、梅と紅生姜の酸味と爽快さがよりきりっと引き締まる感覚も妙。改めてこのトッピングの添えの力を感じた美味しさに唸りました。

そして麺へと参りますが、ご覧の通り加水率の低い極めて細い麺が顔を出しましたが、正直少々驚き、しかし納得しました。

提供時間の速さはこの麺にあり湯で時間はおそらく数十秒だと思われますが、東北の地でここまで細い低加水は珍しいでしょう。

「うわっ、サクッとええ感じ。」

いざ頂くと決してスープの主張に負けない存在感があり、食べ進むに連れ伸びて行くかと思われましたがその感覚は遅く最後までしっかりした歯切れの良さとライト感がある、この頂き易さも素晴らしく感じました。

「いやあ、美味かった.....。」

その言葉しか浮かばない実食こそ理屈を超えた美味しさであり、それをなかなか文字として表現出来ないもどかしさも同時に感じる、本当にご縁を頂けた事を嬉しく感じるのは後からじわじわと来るものでした。

「あ〜、ごちそうさまでした〜。」

店内滞在時間はたったの10分間でしたが、一瞬にして過ぎ去るのを集中力でなんとかカバーし美味しく頂け満足行く実食となりました。

「おっしゃ〜、次もいよいよやで〜気持ち切り替え!でも楽しみやなあ」

1軒目の「元祖満州にらラーメン さかえや 本店」建物を出たのは12:01。

「うわっ!やっぱ平日でも行列出来るんやな.....、昼時は平日も関係なさそうやな...」

非常に広い駐車場から遠目に撮影させて頂きましたが、正午を回るこの時には十数名の行列が出来ており、60年余り続くこの老舗の人気は衰える事無く愛されているのを目の当たりにしましたが、それが納得出来る実食となりました。

「多分回転早いからこの待ちでも数分から十分少々で中に入れるやろなあ、あの速さにはほんまビックリしたけどウマさも半端なかったしなあ、いやほんま凄かった。」

そう思いながら、次こそ急遽メニュー変更した大本命の店舗が待っています。

「よっしゃ!切り替えて行くか!楽しみすぎる〜!」

と、気分はさらに高まるワタシ、「ものグラム」だったのでした。

次回は急遽メニュー変更となる「大本命」。

はい!今回はココまでです。

今回は「満ニラ」を提供する「さかえや 本店」さんに重きを置き綴らせて頂きました。やはりテレビやパソコン、スマホで見るこの店舗を肉眼にて体験出来る喜びは半端無く嬉しいものでしたが、あまりにもあっという間で、実は後からじわじわ来るものでした(笑)。

次回はいよいよ。今回のメニュー崩壊となった大本命が待っています。皆様にも是非ご覧頂きたい、知って頂きたいと思い訪問させて頂くその店舗とはどんなお店なのか?をお楽しみに。宜しくお願い致します。

続き、その4はコチラ>

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事