スポンサーリンク

どうもっ!ものグラムです。

今回は2020年7月14日〜15日に敢行した「クルマ旅in岩手」より、いよいよメイン中のメインとなった店舗の中へ、その6を進めさせて頂きたいと思います。

この日2/3の予定が仙台空港に着き車に乗り込んだすぐ後に崩壊しましたが、訪問軒数を減らしより濃度の高い充実したものにする、「会いたい〜!」の想いの強さで到着したのは、以前この道初の岩手県1軒目の訪問先だった「ビアック大盛軒(たいせいけん)」。

それは「夢のお告げ」と勝手ながら誘われたものと解釈しますが、今回の2度目は自らの想いの強さが勝りいざ訪問となりました。

では!約1年8ヶ月ぶりの訪問とは?どんなラーメンやねん?ほんで他になんか食ったんかえ?見て参りましょう!宜しくお願い致します!

前回までの流れ。

7月14日、4:30。

約2週間ぶりの起床は感覚が残っているのもあり余裕、ではありましたがやはり怖いのは「起きた気になる起きてない症候群」(ただ単に「寝過ごし」ともいう笑)。

しかし今回もなんとかその壁を乗り越え向かった先はフライト旅恒例の「神戸空港」。そして悪天候の中なんとか現地に着陸する事が出来ました。(本編では明かしてませんでしたが、実は条件付きフライトで、悪天候の為神戸空港に引き返す、もしくは東京羽田空港に着陸するもので、そうなってしまった際を考えるとドキドキしたものでした)

今回到着したご縁ある空港は、ではありません。今回「も」ご縁があったのは「東北の玄関口」である仙台空港。約2週間ぶりの到着でしたが、やはり遠くの地にくる喜びは大きく、その後無事、前回と同じレンタカー店舗に到着、いよいよ新たな一歩がスタートします。

【関連記事】2020年7月14日、約2週間ぶりの遠征は前回と同じく「仙台空港」へ。「2020年12発目、が始まってしまった。 その1 Column0362」↓コチラ

しかし、いざ高速道にてクルマ旅が始まると、今回予定していた3軒の実食メニューは時間的にかなり厳しいと思う様になり、1軒目に予定していた訪問を断念します。そしてその次2軒目の店舗まで断念する事になり、即見つけたPA(パーキングエリア)に停まりルート変更する事態となります。

出発から直ぐにこの日予定していたメニューの内2/3が崩壊しましたが、それには大きな訳がありました。

「めっちゃ会いたい〜、もう一回行きたい〜」

と、この道初めての岩手県で初訪問させて頂いた店舗への想いがより急に強まった為で、その内容は実は今でも信じられないご縁だった事でした。

メニューががらりと変わり本来なら3軒目となる本命だった店舗が今回のクルマ旅1軒目になるとは全く思っていませんでしたが、意外とすんなり到着してしまいます。それが岩手県花巻市にある「さかえや 本店」。

しかしやはりあの有名店が今目の前に、そしてあの風変わりな建物が画面越しでは無く目前にある不思議な感覚に興奮を憶え始めましたが、その時はやって来、過ぎ去るもの。去られる前にしっかり空間共々頂きたいと思う瞬間でした。

【関連記事】出発早々からガラりとメニュー変更となったものの、その想いは非常に前向きだった、「12発目、今回も仙台空港からクルマ旅。しかし走り出し直ぐにメニュー崩壊。 その2 Column0363」↓コチラ

「元祖 満州にらラーメン」と看板に掲げられた「さかえや 本店」は創業1960年(昭和35年)で約60年以上地元で愛される店舗ですが、地元では「満ニララーメン」や「満ニラ」と称され親しまれている唯一無二の味わいでもあります。

今回は醤油、味噌、塩の味わいから醤油をチョイスしオーダー。その味わいをじっくり堪能しましたが奥の深さを感じながらも老若男女の幅広い層に親しまれる味わいも理解出来完食。

【関連記事】12発目1軒目の大本命は「さかえや 本店」。その「満ニララーメン」とは?「12発目、メニュー崩壊後メインの1軒目「夢の実食」。その3 Column0364」↓コチラ

味わいの満足感と来る事が出来た達成感に喜びを感じますが、残された時間は決して余裕あるものでは無い為、再び「クルマモード」に切り替えいざ進みますが、次こそが「想いの強さ」からメニューをガラりと変えさせたこちらも大本命でした。

それは「夢のお告げ」と勝手に解釈した、しかしその偶然に今でも必然だっただろうその店舗のご縁を今回も感じ、1軒目から約26km先、到着したのは岩手県紫波郡紫波町(しわぐんしわちょう)に店舗を構える「ビアック大盛軒(たいせいけん)」。

【関連記事】この日メニューの2/3が崩壊した真の理由とは、「夢のお告げ」?「12発目、2軒目は急遽の大本命。「夢のお告げ」からの再会。その4 Column0365」↓コチラ

(その5は1軒目までのドライブを動画にした「12発目の「ドライブ動画」が出来ました。少々箸休め。 その5 Column0366」をお送りさせて頂きました。)

約1年半ぶり2度目の到着は想像以上に記憶に刻まれており鮮度が高く感じたつもりでしたが.....。いよいよ一歩中へと進みます。

「ビアック大盛軒」へ到着。

岩手県紫波郡紫波町(しわぐんしわちょう)にある和洋レストラン、「ビアック大盛軒(たいせいけん)」。

今回2度目の到着となった「ビアック大盛軒」に到着したのは12:49。1軒目の「元祖 満州にらラーメン さかえや 本店」から約40分で到着しましたが、前回から全く何も変わらず、つい先日訪れた様な感覚さえ憶える程でした。

昼時を少々過ぎた13時前ですが、以前よりも若干静かな印象でした。

「いやあ、でもとうとう来れて嬉しいなあ。時間もまだ余裕あるやろし、ちょっとゆっくり満喫させてもらおかなぁ」

そう思い店舗入り口に着き、いよいよ店内へ入ります。

スポンサーリンク

「ごめんくださ〜、わあ」

「ごめんくださ〜、わあ」

と、一歩入るとやはり記憶が鮮明だったのか全く変化した印象は無しで、店主の娘さんである女性スタッフがにこやかに、

「いらっしゃいませ、そうぞ〜(お好きな席へ)」

と、以前も同じスタイルだったので、前回とは違う席に座らせて頂きました。

「ビアック大盛軒」店舗内装。吹き抜けの天井に開放感を与え、木製の家具やフローリングに温かみを感じる空間となっている。この奥には個室もあり少人数でのパーティーなどにも対応している。

「前はランチスペースってこの奥の部屋で頂いたんやったなあ、今回はメインのホールというか、ここで頂こかな。それにしても結構しっかり憶えとったなあ。」

そうして、まずはメニューと対峙します。この段階ではたった一度、約1年半(この当時はそう思い込んでいた、実際には約1年8ヶ月前)の訪問で顔を見て思い出してくれるとは全く思っていませんでしたので、後で声を掛けさせて頂こうと思っていました。

「ビアック大盛軒」のメニューから今回の実食をチョイス。

「今日はなあ、もうこの2軒で〆しよかな〜やから、ラーメンともう一品頂いてもええかな〜」

そう思いながらページをめくります。

「おおっ!白金豚!前回はトンカツを頂いたんやったなあ、しかも新バージョン旨みそソース、うまそうやなあ」

しかしさすがに一品とラーメンでは胃袋限界値を即オーバーしてしまうと察知した為、もう少しライトな一品を探しました。

「うわっ、ハンバーグも食べたいねんけどなあ、今回はさすがに無理やなあ、でもいつか絶対に頂こうおもとるさかいよろしくやで〜」

いつ頂けるのか全くわかりませんが、しかし本当にいつか頂きたいと言う想いは本当です(笑)。

「この白金豚のステーキのソースのバリエーションはさすがやなあ、生クリームとブルーチーズって。もう割烹の域の超越度がハンパないし、食いたいなあ。でもやっぱ今回はメインは断念や....」

「あれっ?前はワンタン麺はなかったよな?ワンタン(スープ)も絶対なかったよな?」

と、前回訪問時には1ページ丸ごとを使って「煮干しラーメン」が紹介されていましたが、今回はワンタン麺、ワンタン(スープ)がメニューに追加されていました。

 

「うわわっ!しかもシューマイとのセット!半カレーまである!なにこれ〜!前はこんなセットなかったもんなあ」

と、この時にセットにしようと心が傾きましたが、やはりご飯ものまで頂ける許容量が足らず断念、しました。そうするとラーメンとと一緒に何をオーダーしたかですが、それは最後におわかり頂けます(笑)。

「すみません、ワンタン麺って煮干しラーメンとベースは同じですか?」

煮干しラーメンとワンタン麺の味わいはおそらく同じだろうと思いましたが、念の為にお伺いすると、

「はい、そうですよ〜」

と教えて頂けた所で、

「じゃあワンタン麺でお願いします!」

とオーダーさせて頂きました。

ビアック大盛軒の「ワンタン麺」着丼。

「わあ、コレコレ、このシンプルなのが美味しいんよなあ、たまらんなあ」

ビアック大盛軒の「ワンタン麺」。煮干しベースの無化調(化学調味料不使用)でシンプルな仕上がり。醤油の色合いに透明度の高いスープが食欲がそそる。

そうして、約5分後に目の前に配されたのは初の「ワンタン麺」。ベースが同じ「煮干しラーメン」は前回頂きましたが、やはり違ったものを頂きたい為今回のオーダーとなりました。

いよいよ実食の時。一旦超集中モードに入り、速攻で撮影、そして真剣な面持ちで開始しました。

スープをレンゲにて掬うと、きめの細かい脂が浮きますが、その量は少なくあっさりした味わいというのが想像頂けると思います。

一口頂くと。

「嗚呼、やっぱコレ!これやねん、煮干しがめっちゃ上品で角が無くてうまいなあ」

無化調の自然のみから仕上げられたスープは決して主張は強くないものの、上品に出された煮干しの旨味と醤油本来の風味が一体となった優しい味わいで奥は深く、後を引く美味しさ。全体に散りばめられたねぎと一緒に頂くとその風味も一緒に広がる至福のひとときが堪能出来ます。

そのスープに合わせられる麺は中細の細かい縮れのある麺ですが。

「あれっ?なんか前と違う。前回より格段にコシが強なっとる、湯で加減が前よりも短くなったかな、風味もしっかり感じられるし美味いなあ」

前回はもう少し全体に柔目に仕上がっていた印象でしたが、今回は弾力がしっかり感じられ、麺本来の風味もしっかり感じられるものでした。麺一本一本の輪郭も際立ち、スープと一体となる美味しさは格段にパワーアップした様に感じられました。

この味わいに海苔がまた美味しく、そしてチャーシューも肉厚でしっかり肉を食べた充実感を与えましたが、最後はワンタン。

ワンタンはツルッとした皮の滑らかさを堪能出来るもので、柔らかくボリューム感は低めに仕上げられています。しかし量はそれなりにしっかり入っており、6〜7個(実際に数えましたが、途中千切れてしまいそれがひとつ?ふたつ?に悩みました笑)あるサービス精神は素晴らしく、700円(税込)のプライスはかなり良心的では無いかと思いました。

「あ”〜、うまがっだ〜、最後は〆や〜」

そう思っていると素晴らしいタイミングでどんぶりを引き上げて下さり、最後の〆を用意してくれました。

ビアック大盛軒の〆。それは?

「お待たせしました〜、後でお持ちしましょうか?あ、今ですか、かしこまりました〜」

とはスタッフの娘さんですが、何を頼んだのか。それは、今回もう一品は腹具合(胃袋許容量)から無理せずにおこうと断念し、しかしラーメンだけでは無い紹介もさせて頂きたかった為、甘党でもあるワタシ「ものグラム」、コチラをお願いしました。

それは「プレミアム生キャラメルアイス」で、甘いものは別腹と最後はリラックスモードで頂きました。

「うわっ、結構しっかり粘りあってうま〜!」

そしてもう一品。

それは「ホットコーヒー(砂糖ミルク入れた後です笑)」。

ラーメン専門店では決して頂く事が出来ない〆をこうして頂くのもなかなか乙なもの。しかも冷たいアイスとホットコーヒーの取り合わせはなかなか良く個人的には超満足でした。

最後の〆の前に。

実は最後の〆の一品、一杯を頂く前、ラーメンどんぶりを一旦下げて頂く際に声を掛けさせて頂きました。

「あの、すみません、以前約1年半程前に、兵庫県から来たと言って声がけさせて頂いたのを憶えて下さってますか?」

と、以前記事にさせて頂いたページを開きスマホの画面を見て頂くと。

「ああっ!憶えてますよ!仙台空港からレンタカーで来て下さった、おもいっきり関西弁で話されてた....」

(「ん、そんなにばりばり関西弁やった?(自分の事は一番わからん笑)」)

と思いながらも、一瞬で思い出して頂け、奥(厨房)に戻られた際にその話をされていました。

そして、最後のアイスを頂いていると、奥からご主人が来られ、挨拶して下さいました。

「いや、この度は本当に有難うございました....。今回も仙台空港から、そうですか、わざわざ本当に有難うございます」

そこから暫くお話を伺いましたが、やはり4月の緊急事態宣言後は客足が一気に無くなり、5月6日まで休業を余儀無くされたそうです。しかし5月もやはり人は少なく、6月から少しづつ増えてはいるそうですが、夜の部は今現在でもさっぱりだそうです。

「岩手でもそんなに影響が出てるんですね...、まあ逆に1人でも出れば大騒ぎになりますよね....」

あまり明るい話題ではありませんでしたが、しかし大関淳店主は元気にされており、奥様、娘さん共にお元気なお顔を拝見出来お話出来た嬉しいひと時を過ごす事が出来ました。

(※以前ご紹介させて頂いた「ビアック大盛軒」の実食記事により詳細を綴らせて頂いて頂いています。(「続、ものグラムな生活。」shopmenfile045 ビアック 大盛軒 煮干しラーメン(+白金豚カツ定食)あわせてご覧頂けますと幸いです。)

「ビアック大盛軒」の大関淳店主と奥様、娘さんが揃う一枚。(今回はソーシャルディスタンス確保の為、前回訪問時(2018年10月24日)の写真掲載。)

そして今回ももう一度と、実は今回座った席の後ろにはこの店舗の最大の特徴であるあるものが。

冬の厳しい地域特有の、実際に冬場には稼働する「暖炉」が置かれています。

「やっぱ寒い時には来られへんけど...、でもまた来させてな〜」

と意を投げかけ、最後はお会計、そして次の場所に向けてのお別れの時がやって来ました。

「えっ?ええのん?」

最後は会計カウンターにて清算ですが、その時にスタッフの娘さんが。

「もし宜しければこちらをどうぞ...」

と差し出してくれたのはなんと、オーダーしようか最後まで悩んだ「シューマイ」でした。

「冷凍してますのでお持ち帰り下さい」

そう言われ素直に嬉しく頂きましたが、

「ん、も、もつかな.....?いや!少しくらい大丈夫やろ!持って帰る!帰って実食記事の最後に載せる!」

そう決め、最後に挨拶をさせて頂きました。

「今度はいつ、になるかわかりませんけどまた来ます!」

そう伝えて。

次回は実食終了から最終目的地に向け移動。

はい!今回はここまでとなります。今回もしっかり尺を取り、夢から実現した「ビアック大盛軒」の2度目の訪問実食を詳しくお伝えさせて頂きました。

遠征をしていると色々な出来事に遭遇しますが、やはりそれは動いてこそ得られる貴重なもの、今回もその貴重な体験を頂けたと思います。

では!どんどん進めていかなくてはなりませんので(笑)、次回はこの日の実食メニュー終了後から、さらに「クルマ旅」を進めて参りますのでお楽しみに!宜しくお願い致します。

続き、その7はコチラ>

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事