スポンサーリンク

どうもっ!ものグラムです。

今回は2020年7月14日〜15日に敢行した「クルマ旅in岩手・青森(最終ネーミング笑)」からその8、最終目的地であるホテルへと向かい、進めて参りたいと思います。

前回では人生初でもある青森へと県を跨(また)ぎましたが、途中平地ルートから山ルートに切り替え進み大自然を感じる事が出来ました。あの有名な「奥入瀬渓流(おいらせけいりゅう)」にも無事辿り着きましたが、実はこの後全く想像しない事態が発生しました。

では!え?どないしてん?何があってん?ホテル着いたんか?その辺りをポイントに見て参りましょう。宜しくお願い致します!

前回までの流れ。

7月14日、4:30。

約2週間ぶりの起床は感覚が残っているのもあり余裕、ではありましたがやはり怖いのは「起きた気になる起きてない症候群」(ただ単に「寝過ごし」ともいう笑)。

しかし今回もなんとかその壁を乗り越え向かった先はフライト旅恒例の「神戸空港」。そして悪天候の中なんとか現地に着陸する事が出来ました。(本編では明かしてませんでしたが、実は条件付きフライトで、悪天候の為神戸空港に引き返す、もしくは東京羽田空港に着陸するもので、そうなってしまった際を考えるとドキドキしたものでした)

今回到着したご縁ある空港は、ではありません。今回「も」ご縁があったのは「東北の玄関口」である仙台空港。約2週間ぶりの到着でしたが、やはり遠くの地にくる喜びは大きく、その後無事、前回と同じレンタカー店舗に到着、いよいよ新たな一歩がスタートします。

【関連記事】2020年7月14日、約2週間ぶりの遠征は前回と同じく「仙台空港」へ。「2020年12発目、が始まってしまった。 その1 Column0362」↓コチラ

しかし、いざ高速道にてクルマ旅が始まると、今回予定していた3軒の実食メニューは時間的にかなり厳しいと思う様になり、1軒目に予定していた訪問を断念します。そしてその次2軒目の店舗まで断念する事になり、即見つけたPA(パーキングエリア)に停まりルート変更する事態となります。

出発から直ぐにこの日予定していたメニューの内2/3が崩壊しましたが、それには大きな訳がありました。

「めっちゃ会いたい〜、もう一回行きたい〜」

と、この道初めての岩手県で初訪問させて頂いた店舗への想いがより急に強まった為で、その内容は実は今でも信じられないご縁だった事でした。

メニューががらりと変わり本来なら3軒目となる本命だった店舗が今回のクルマ旅1軒目になるとは全く思っていませんでしたが、意外とすんなり到着してしまいます。それが岩手県花巻市にある「さかえや 本店」。

しかしやはりあの有名店が今目の前に、そしてあの風変わりな建物が画面越しでは無く目前にある不思議な感覚に興奮を憶え始めましたが、その時はやって来、過ぎ去るもの。去られる前にしっかり空間共々頂きたいと思う瞬間でした。

【関連記事】出発早々からガラりとメニュー変更となったものの、その想いは非常に前向きだった、「12発目、今回も仙台空港からクルマ旅。しかし走り出し直ぐにメニュー崩壊。 その2 Column0363」↓コチラ

「元祖 満州にらラーメン」と看板に掲げられた「さかえや 本店」は創業1960年(昭和35年)で約60年以上地元で愛される店舗ですが、地元では「満ニララーメン」や「満ニラ」と称され親しまれている唯一無二の味わいでもあります。

今回は醤油、味噌、塩の味わいから醤油をチョイスしオーダー。その味わいをじっくり堪能しましたが奥の深さを感じながらも老若男女の幅広い層に親しまれる味わいも理解出来完食。

【関連記事】12発目1軒目の大本命は「さかえや 本店」。その「満ニララーメン」とは?「12発目、メニュー崩壊後メインの1軒目「夢の実食」。その3 Column0364」↓コチラ

味わいの満足感と来る事が出来た達成感に喜びを感じますが、残された時間は決して余裕あるものでは無い為、再び「クルマモード」に切り替えいざ進みますが、次こそが「想いの強さ」からメニューをガラりと変えさせたこちらも大本命でした。

それは「夢のお告げ」と勝手に解釈した、しかしその偶然に今でも必然だっただろうその店舗のご縁を今回も感じ、1軒目から約26km先、到着したのは岩手県紫波郡紫波町(しわぐんしわちょう)に店舗を構える「ビアック大盛軒(たいせいけん)」。

【関連記事】この日メニューの2/3が崩壊した真の理由とは、「夢のお告げ」?「12発目、2軒目は急遽の大本命。「夢のお告げ」からの再会。その4 Column0365」↓コチラ

(その5は1軒目までのドライブを動画にした「12発目の「ドライブ動画」が出来ました。少々箸休め。 その5 Column0366」をお送りさせて頂きました。)

店舗内に入ると、実際には約1年8ヶ月のブランクがあったものの全くそれを感じさせない当時の記憶そのままで帰って来た様な感覚すら感じさせましたが、メニューはかなり進化しておりビックリ。当時は無かった「ワンタン麺」を今回は頂こうとオーダーし、実食が完了しました。

食後のコーヒータイムをと、唯一少し優雅な時間を堪能させて頂きましたが、その直前に以前来た事を伝えるとなんと憶えていてくれた事が判明。店主直々に挨拶までしてくれ、その後近況などをお聞きする事が出来ました。

そんな幸せな時間もつかの間、一瞬で過ぎ去ります。次回訪問を約束しながら、「ラーメン」と「大関ファミリー」に後ろ髪を引かれる様な感覚を憶えながら、次は「クルマ旅」本番、長距離移動が待っていました。

【関連記事】急遽メニュー変更となったどうしても外せない「ご縁」はこのお店。「ビアック大盛軒」に入店。「12発目1日目メインイベント。「ビアック大盛軒」にイン。 その6 Column0367」↓コチラ

途中、リサーチとして大型スーパーに寄り少々の収穫を得る事が出来ましたが、それに費やした時間は約30分。余裕があるとは思ってはいたものの、それが後に響くとはこの時知る由もありません(笑)。

しかしその後は下道を順調に進み、いよいよ人生初でもある、この「ラーメン道」42都道府県目の青森県を跨ぐ瞬間がやって来ます。

いよいよ来る事が出来た喜びにテンションが上がりますが、その先でまたしても衝動に駆られるのは「ものグラム」。平地にて最終目的地のホテルには向かわず、どうせなら大自然を味わいたいと山越えルートに変更します。

そして何箇所も過酷な「酷道(こくどう)」を乗り越え到着したのがあの「奥入瀬渓流(おいらせけいりゅう)」。ごおと轟く大自然の空間の中、なんとか写真を撮る事に成功しました。

【関連記事】人生初でもある未開の地は「青森県」。その1発目からそこに行く?「12発目1日目、実食終了。より本格的な「クルマ旅」。 その7 Column0368」↓コチラ

達成感はあったものの、その時すでに17:58。闇に包まれる前になんとか下山しなければ....。から進みます。

「暗なったらヤバいな.....

「暗なったらヤバいな.....」

奥入瀬渓流ショットを撮る事に成功し、停車していた車に戻りさらに一枚したのがこの写真ですが、実はこの時17:58。

写真はトーンカーブ等で「見れる写真」に加工する事が出来、かなり明るく感じられると思いますが、実際に見る景色はかなり薄暗く、この地域ではいつ頃真っ暗になるのかはわかっていませんでした。

「ホテルまでは約47kmかあ、んで18時やろ。真っ暗なるまでに山越えせんと正直かなりヤバいよな。しかもここまで来るんにすれ違った車も、同じ車線は先にも後にも皆無やったもんな。」

今回の奥入瀬エリアはほぼ車が走っておらず、実はかなり孤独で不安も大きかったのはこの段階で明かします(笑)。

そして、出来るだけ焦らず、この山の景色を堪能しながら走ろうと思い進みましたが.....。

スポンサーリンク

「うわっ!ちょっ!!み、みえへんがなっ!!」

最後はラストスパート、と進みたい所ですが、景色を堪能しながら進む事が出来たのはほんの数分。その後はガラりと状況は一気に変わりました。

「うわっ!ちょっ!!み、みえへん!」

奥入瀬渓流の川沿いを走っている時は視界も非常にクリアでしたが、そのエリアを離れる約10数分後、最後の難関とばかりに待ち受けていたのが実は濃霧。この写真では道路とその脇の緑が確認出来ますが、肉眼ではほぼ「真っ白」。

「こ、これ、霧とゆうよかもう雲の中走っとるんと同じやで。急にカーブとかあったら対応でけへんかもしらん」

雲の中と言っても過言では無い、蒸気が密集した視界約5mは「ホワイトアウト」(雪や雲などによって視界が白一色となり、方向・高度・地形の起伏が識別不能となる現象を指します)に近い感覚で、それが我が車を包み込むかの様で、時速40kmも出せない状態が続きました。

「うわっ!また山、森の中か、めっさ暗いしでも白いし、なんやこれ〜」

写真の光景は木々が少ない状態でしたが、その先は本当に山の中、暗闇の森の中さらに濃霧が襲い全く進まない、1秒たりとも全く油断出来ない状態でした。

「わっ!でもめっさくさ(めちゃくちゃの意)神秘的な光景ちゃうん?」

とは、その合間を抜い動画用に録画ボタンを押した、そのモニターに写っていた絶景でした。

「あ、あかんアカン。後もうちょいや!孤独やけどこえるで〜!」

と、約30kmの区間を低速にて進み最後の壁を乗り切り、なんとか峠を越える事が出来ました。

「嗚呼。やばかった〜」

その「山越え」を果たし安堵したのは18:56。ちょうど1時間の格闘でしたが、体感的にはその数倍はある様にも感じられ、一気に気力体力共に消耗させられました。

「嗚呼。でもよかった〜、こうやって下降りて来たらこんなに明るいやん、日没後やったら絶対越えられへんかったでコレ。」

あの山の日没後は闇だったと言えたでしょう、後30分でもメニューが押せばそれはもっと過酷な道になっていたと思うとゾクゾクと身震いするもので、「ぎりセーフ!」と言うワードが浮かぶものでした(笑)。

そうして。青森市中心部のホテルへといよいよ到着しました。

「づ、づいだ〜!」

到着は19:18。総走行距離は400kmジャスト。前回の「クルマ旅in福島・栃木・群馬」よりさらに50km長い旅でしたが、到着は結果としては若干早いものでした。しかし疲労度は確実に今回の方が上。

「づ、づいだ〜!」

そう言いながらホテルへ無事到着しましたが、最後は駐車場が空いているか?が問題です。

今回のホテル駐車場ですが、建物裏側にあるエレベーターの様な「タワー式」が備えられていますが、宿泊者待遇の1泊700円(税込)で利用出来るのは先着40台のみ、とインターネット上でアナウンスされていました。

チェックイン時刻も遅く半分諦めてはいましたが、いざそのホテル裏側へ行くと、「空」の緑のランプが点灯しており、

「うわっ!裏に直ぐ駐められるん?ラッキー!」

と、素直に喜びます(笑)。

この写真左側に無造作に置かれているリュックとスーパーの袋は筆者ものグラム私物である(笑)。しかし出来るだけ無駄を省く弾丸旅の所有物はたったコレだけなのは今までの体験から得たものでもある。

「お忘れ物ないですか?」

「はいっ!大丈夫です!」

そう言い放ちましたが、やはり安堵した時にそれはやって来ました。

「あ、ああっ!すんません!やっぱ忘れてました!」

は時すでに遅し。

「上げてしまいましたので、もうしばらくお待ち下さい。」

一旦エレベーターで所定の場所まで車を移動させている為、元に戻るにはもう一度同じ工程を待たないといけないのは理解済み。すみませんと首(こうべ)を垂れ、もう暫く、忘れてはいけないものを取り出しに待ちます。

「はい、どうぞ〜」

「すませんっ!って、せやねん、GoPro充電せな明日動画撮られへんのんわすとったん〜!」

と、この後即ゲット(笑)。そうしてまたしても若干のロスを食いながらなんとか青森市中心部のホテルにチェックイン完了となるのでした。

「お、おお〜っ!」

フロントでのチェックインを済ませ、いよいよ部屋に入った瞬間。

「おおっ!ひ、ひろ〜!」

今回予約させて頂いていたのは「デラックスダブルルーム」。しかしコロナ禍と言うのもあり普段だとまずご縁が無いでしょう。今回は約7,000円にて利用させて頂けるものでした。

「少々奮発したけど、コレは普段なかなか利用でけへんからさせてもらうねん。でも明らかにめっちゃ広いし、またマッサージチェアまであるやん!?コレやれって事かいな?」

約20平米の通常のシングルよりもかなり広い部屋はドアを開け一歩入った段階で感じられるものでしたが、建物自体が新しくもありかなり洗練された空間でもあり、満身創痍の身にとって非常に嬉しい瞬間だったのは間違いありません。

「うわわ!デラックスの文字はただものならんな〜」

と、心身共に癒される空間を嬉しく感じるのは間違いありませんが。

逆にここまで居心地の良い空間を目の当たりにし、一度座ると。

「あかん、今すぐにでも寝れる」

と、「デラックスダブルルーム」の意味合いが少々違ったものになりそうな予感さえしました(笑)。

「あ、あかんアカン、まだ寝たあかんで〜」

そう言い聞かせ、この日のメニュー最後はもうひと壁乗り越えなければなりませんでした。

次回、「や、やっぱ実食、これで終わらせたらアカン」へ。

はい、なんとか無事ホテルへ到着、400km道のりを経てゴールする事が出来ました。

しかし、いざ到着すると、このまま休んではいけないと、最後の気持ちが湧き上がって来ます。この日最後のメニューも意外とハード?は次回へ。

では次回もお楽しみに宜しくお願い致します。

続き、その9はコチラ>

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事