スポンサーリンク

どうもっ!ものグラムです。

さて、今回も遠征が続きますが、いよいよ初の高知県に上陸させて頂きました。

初の地はまだ何も知らない未知の世界。オンライン、ネット上ではいくらでも情報が出てきますが、それを調べわかった気になったとしても行くまで経験値0は変わりません。

それが今回経験、体験させて頂けるのは感謝しか無く、到着からワクワクする気持ちが湧いて来ました。

では!2時間の空きどないしてん?高知の空港ってどんな感じ?見て参りましょう。宜しくお願い致しますっ!!

前回までの流れ。

2020年2月20日、早朝4時半。

起床出来るか少々の不安がありながらも、意外と遠征当日は脳内から身体へ「4時半に起床せよ」と信号が行きわたる様、普段使用しないケータイアラームセットの第一声に瞬時に反応出来る自分に驚く「ものグラム」。(笑)

その後、最大に警戒するのが「目覚めだけで起きた気になる症候群」。そのトラップを踏むと気づけば1時間、などという世界も体験済み、「あ、アカンで、気ついた時点でゲームオーバーは絶対ゆるせぬ!ぬぅ!」と、完全起床に成功した(笑)。

その後始発から神戸空港に到着、そして初の航空会社のご縁はFDA(フジドリームエアラインズ)。80人乗りの小型ジェット機にて一瞬のフライトを堪能し即別世界である四国、「高知龍馬空港」へ上陸した。

7:48、超余裕の2時間の空きが出来たものグラムであったが、そこでどう動くのか?が今からの本編となる。

「いやぁ〜、時間に余裕あるって堪らんなあ.....て、どないしょ?」

空港出口から撮影した坂本龍馬像との対面はやはり現地感を強く思わせ高揚した。そこから再び前進と振り返った光景。

高知龍馬空港の総合案内所。そしてそこから右手には観光客への各種パンフレットが用意されており、その中でも大きくその存在をアピールするのは「アンパンマン」。

実はアンパンマンの作者、やなせたかし氏の故郷であり、(厳密には東京都出身、育ちが高知県香美市香北町)香美市立やなせたかし記念館、「アンパンマンミュージアム」があるのは有名だろう。

「おおっ!やっぱ、コレも気になるなあ。」

もう一度振り返り撮影したのがこの一枚、「高知城」である。

この遠征出発前、この地について無知だった為にスタッフに問うたのを思い出す。

「高知ってお城あるんかな?高知城?」

すると、

「えっ?聞いた事無いです....あったっけ?」

と言うものだった。

しかし、数日後の出発間近になり、顔色を変え勢い良く発せられた一言。

「高知にお城ありますっ!しかもめっちゃタイムリーにテレビで紹介されてましたよ!行かなきゃですよっ!」

と、他県の事になると意外と無知なのが判明、正直高知の皆様にお詫び申し上げる「ものグラムとスタッフ」だった。(本当にすみません....笑)

しかし、その高知城とは認識の薄さとは裏腹、マストとも言える重要なスポットでもあった。

土佐藩主山内氏の居城とあり、1601年に初代藩主山内一豊により築城、10年の歳月をかけ完成。その後1727年に火災により一部の建物を除き消失したものの、1753年までに再建され今日に至るとある。

今現在、全国で12しか無い現存天守のひとつで、その中でも本丸の建造物群が全て残るのはこの高知城のみ、だそう。

「う〜む〜、今回はなんとしても行かせて頂きたいけどなぁ.....」

この段階での想いだった。

スポンサーリンク

「高知龍馬空港」を一歩外へ。

空港内をうろうろするだけでは空港の外観を捉える事が出来ない為(笑)、一旦外に繰り出し一枚。雰囲気を掴んだ所でそそくさと中へ戻る(笑)。

そしていよいよ物色タイムとなる。

まず空港施設内に入る前に飛び込んで来たのは「自販機」。徳島遠征の時に同じく感じた「祭り仕様」が特徴で、「よさこい」がポイントの元気なものであり、やはり目に留まり利用者も多いだろうと推測出来た。

そして1階から2階へと上がり、各土産店を物色。

一番分かり易くアピールされているのが「カツオ(鰹)」であり、高知と言えばの一品。常温密封パウチにて手軽に頂けるそれぞれのカツオが鎮座。その価格に圧倒され、

「んや、それくらいするよな〜、ちょ、ちょい今回はスルーさせてもろてやな、帰りに考えよ....」

と、今回往路ではパス。(すみません笑)

後チェックすべきはやはりラーメン。高知と言えばのラーメンは...、実は大いにあり。

高知空港でご当地ラーメンとして土産品商品化されているのは「鍋焼きラーメン」。高知県須崎市のご当地ラーメンだが、まだまだその知名度は全国区としては高く無い、かもしれない。(ぜひ今回覚えてください、切なる希望でございます)

それが「鍋焼きラーメン」。高知県須崎市のご当地ラーメンだが、全国区ではその名はまだまだ知られていない。そういう当のラーメンまん「ものグラム」も未実食。

今回はその味わいを頂きたいのは勿論、この家庭用麺もしっかり頂きたいとまずはチェック。橋本食堂、そして右側の袋麺のキャラもマストである。

その「鍋焼きラーメン」について、さらに一枚。

この様に幟(のぼり)が立てられており、そこには「須崎名物 鍋焼きラーメン」の文字。そしてその下には邪念など全く感じさせないキャラクター。

そう、それこそ鍋焼きラーメンキャラクターである「なべラーマン」、そして「カウちゃん」。やなせたかし氏が作り出した純粋無垢なものである。

そしてコチラが空港内で見られる「しんじょう君」。

このしんじょう君も「鍋焼きラーメン」としての立派なPR大使なのだが、しんじょう君は須崎市名物のマスコットである「ゆるキャラ」。

高知県須崎市にある新荘(しんじょう)川で最後に目撃されたニホンカワウソをモチーフに作られたキャラクターであり、「鍋焼きラーメン」に見立てられた頭部は実は帽子であり取り外し可能、なのである。

「いやあ、着いた時点からカツオ、鍋焼きラーメンでさ、高知城やろ、ほんでしんじょう君やろ、イケイケやん、ってからだ持つかな.....」

今現時点でノープランに近く超適当な「ものグラム」。そのプランについて、「固めた所でいつも行かれへんし、少々神様に気委ねるねん」がスタンス、である(笑)。

「おっ!来た〜久々のガチャ!」

そうこうすると、役1年以上ぶりの再開が待っていた。それは。

「高知フィギュアみやげ」と称されたガチャ。

前回は1年数ヶ月前の「秋田東北遠征」にて驚きの符号をもたらした「メッセージ」と捉える事が出来る、あの「なまはげ」が世界文化遺産に登録されるタイミングでアタリを引いた様に感じ疑わない一時があったが(Column013920187発目、東北岩手・秋田遠征ダイジェスト その5 完結)、今回もその挑戦を挑まれているのか?

このガチャはあの海洋堂が造形したもので、そのクオリティの高さから人気のガチャであり、どこでも設置されていないが故、大変希少価値の高いものである。しかも今回の高知、そして海洋堂の接点は非常に高く、海洋堂創業者の宮脇修(みやわきおさむ)氏の出身こそ高知であり、「海洋堂 ホビー館 四万十」もあるご縁だった。

今回のラインナップをズームアップ。

もちろん高知にまつわるものばかりだが、この中で現時点で欲しいと思うものは1点しか無い。

本命はもちろん「しんじょう君」である。そして。

このガチャを見、スルーする事も安易に出来るが、そうはさせてくれない。気が気では無く挑む次第と400円を準備。しかし。

「ん〜、だから欲しい時に無いねんて、100円玉4枚.....」

そうして自販機にて今現在そう欲してはいないドリンク(ミネラルウォーター)を購入し、4枚の100円玉を調達、現時点では知る由も無い結果をこのカプセルに託し、グルグルと回した。

「お、おっしゃ〜手に入れた〜!帰るまでは絶対に開封したらアカンで!なんかある!絶対にあるで!」

前回の東北から、当たる自信があったのか?と言えば不安要素があるのは正直ではあったが、何かあると踏み調達した。

「あ”〜、ちょいすわろ〜、でも、もう目冴えて眠れんなあ......、。」

常に眠り体力を温存したいと考えてしまうのも「ものグラム」だったが、いよいよ活性化(笑)。まだ1時間以上猶予ある時間を「TOSA」の大きく掲げられた前のベンチに腰掛け、その後はなかなか出来なかった「ラーメン店行列待ち用ミニゲーム」に意外と没頭、無駄であり普段出来ない裕福でもある時間を過ごした(笑)。。

次回こそ高知の市街地へ。

はい〜、以外と無駄な時間も過ごしてしまうのもワタシ、ものグラムです(笑)。

でも、高知の有名スポット、空港からでも発信出来たのでは無いかな?と思います。それ程日本って知っている様で知らないと感じましたが、皆様はいかがでしたでしょうか?

次回以降、「あ、そやった!」ラーメンまんとして実食に向かわせて頂きました、そのより詳細、「しらんかった〜!」をお伝え出来ればと進みました。その先は本当に行くと決めた当時からは思っても見ない瞬間の連続でした。

では!次回は高知県上陸から一歩進みます!宜しくお願い致します!

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事